ブランディングイメージ

アトピーに漢方は効くのか?効果がでるのはいつ?

アトピー漢方治療を10年以上受診してきた私が実情を解説します。

漢方には「すぐに効くの?」「効果がすぐにでないからいやだ!」という声もありますよね。

では、治療期間はどれくらいなのか? いつまで飲まないといけないのか? そして効果はあるのか? について患者が一番知りたい内容をお伝えしましょう。

私はアトピー治療でのんだ漢方薬は「ツムラ」と煎じ薬です。10年以上、漢方治療を専門クリニック受診してきました。

それだけの治療を受けても、色白だった肌が色素沈着で胸から上が黒い肌になったり、激しく悪化してしまうこともありました。

それを「めんげん」「好転反応」といえるのかどうか? それも含めて解説していきましょう。

漢方が効いてくるのはいつ? 効果に必要な治療期間はどれくらい?

私は複数の東洋医学の権威の医師から診断を受け漢方薬を飲み続けていました。10年以上は飲みました。

なぜそれだけの期間がかかったのか?

今思えば、治るまで漢方を飲んでいた、処方されていたとしかいいようがありません。

下の写真はアトピーが激しく発症して退職してしまった頃のものです。当然、漢方薬を飲んでいました。

アトピーの横顔の写真

漢方薬の煎じ薬を煎じるのはとても大変でした。味は良くなく漢方の煎じたものを食前に我慢して飲んでいました。

漢方へのイメージに「安心」があると思います。

アトピーでステロイドを塗るのが怖いので、また治らなかったので「安心」イメージの東洋医学に頼りたい方は多いと思います。

しかし、漢方薬でも副作用があります。

私は東洋医学皮膚科の名医で権威のある方(2名)へ通院していましたが漢方薬でも副作用があると名医は言ってられました。

薬ですから当然です。ですので長く薬を飲み続けるべきではないのです。

私はツムラの漢方と漢方薬の煎じたものを12年間、毎日飲んでましたが漢方薬だけでアトピーは治りませんでした。

今ふりかえって思えば「もう漢方薬を飲まなくてもいいですよ」と私は漢方医から一度もいってもらったことありません。

完治してからそろそろ10年経ちますが、もし今でも漢方クリニックに通院していたら、今でも煎じ薬を飲んでいたし、処方されていたのではないでしょうか?

おまけに「あんたのアトピーは慢性病だから治らない」まで、医師からいわれたことがあるくらいですから。

漢方薬を飲むと肌が黒くなります。12年も飲んだからでしょうか色白の私だったんですが皮膚が黒ずみ、色黒の人になりました。

私はその肌が赤く黒く乾燥して炎症しているのが嫌だったので、漢方薬をがんばって飲んでいたのです。今からすれば悪循環なことをしていたのです。

漢方を飲めば色素沈着で肌色が黒くなることは、私が通院していた東洋医学の権威から聞いた言葉です。

それを聞いた時、漢方を飲むのをやめようと思いました。そこからです、アトピー性皮膚炎が治りだしたのは。

ですから、

私の判断がなければ漢方薬の治療期間は今でも続いていたでしょうね。

漢方薬を飲み続ければ治るのか?

私は東洋医学の権威の元で保険適用外の漢方薬を飲んできました。

たとえば乾燥した肌に水分を送る薬を飲んでいました。でも、肌は潤いませんでした。

蝉退という生薬を飲んでいました。これは蝉の抜け殻です。効能は肌の発汗をもたらし火照りを冷やす効果があります。 蝉と言う動物性の生薬は停滞を動かす効果があるのです。

つまり皮膚に水分を行かせる作用があると医師から聞かされていましたが、まったく肌の乾燥はとまりせんでした。

漢方薬を飲んでいる10年間、私の乾燥肌の悩みが解消したことは一度もありませんでした。

漢方薬には等級があるようで例えば「ツムラの漢方」は万人向けだから効果がないと通院していた先のスタッフに説明されました。

また医師は「漢方は中国から輸入しているので農薬や化学物質の汚染が心配だ」とも言ってられました。PM2.5など中国の大気・土壌汚染は悪化しているので漢方薬に懐疑的にならざるを得ません。

そして漢方薬治療10年目、アトピーが急にひどくなってしまいました。

顔や首、上半身すべてが炎症し乾燥が止まりません。結果、会社を退職、失業。

保険適用外の漢方を飲んでも治らず、もうクリニックには行かなくなりました。

そして、

自力でアトピーを完治させることができたので、悪化から半年で社会復帰できたのです。

いま漢方薬を飲んでいるあなたへのアドバイス

漢方医から「1~2週間に1回、もしくは3日に1回通院するように」と、指示される方も多いでしょう。

漢方薬は患者の症状の変化を診て、その都度、処方する漢方薬の種類を変えます。

そこが西洋医学とは違い、オーダーメイドの治療と言えるでしょう。

そういう知識のある漢方の医師に診てもらわないと、漢方を飲んでも意味がありません。

同じ種類の漢方薬を飲まされてませんか。それが一番いけません。

私はツムラを8年くらい同じ番号のものを飲みましたが治りませんでした。漢方だからと安心して過信するのは禁物です。

つまり私が主張したいのは「漢方薬だけ」すれば大丈夫という考えは「捨てた方がいい!」です。

私は12年間、アトピーの方の克服をサポートをしてきましたが、漢方医や鍼治療に通院することで安心を得て、ただただ長く惰性で通院している方が多いです。

毎月2万円の鍼灸治療を受けている方からの相談もありました。その方いわく「先生との会話が楽しみなんです!」でも、治すのが目的のはず、忘れてしまっているのですね。

アトピーの方は、ひとつのことを「まずとりあえずやっていこう」と思うものです。

そして、気がつけば、ただダラダラ漢方を飲み続けてしまう。漢方薬は長く飲まないと効果がないという言説に支えられ長く通院することに疑問を持たなくなる。

「漢方医や鍼灸師との会話が楽しいですから」と何年も通院しても治らない事に疑問を持たず、あたかも治療すること自体をエンジョイしている患者さんは多いですよ。

アトピー治癒が目的のはずです。しかしその手段である通院が目的になってしまっている。そしてますます治せないでいる。

もしくは漢方は値段が高く効果もないので通院をやめて家で食事制限に血道をあげる。これも、また結果がでない。食事改善でアトピーが治るならアトピーが社会問題化しません。

約300人のアトピーの方の改善をサポートしてきましたが西洋医学や東洋医学と様々に通院先を変えてきた方、食事制限をしてもすっきりしない方ばかりでした。

別に漢方薬を飲んでもいいでしょう。しかし漢方薬を飲めば大丈夫ではありません。

たとえば・・・いくら漢方薬を飲んでいても皮膚の乾燥をすすめる石鹸で身体を洗っていたら皮膚の炎症は激しくなるばかりです。

アルカリ性である石鹸の原材料が皮膚を荒らし皮膚の皮脂膜を奪い乾燥肌になってしまいます。

こういう知識は漢方医は知りません。ましてやスキンケア用品を選ぶ判断基準を持ち合わせていません。私が通院していた漢方医は「お風呂に塩を入れなさい」と患者に指示していましたが、そんな効果もないデタラメを平気で言うわけです。

石鹸以外にも気をつけることはたくさんあります。ですので「漢方でアトピーを治したい」という想いは裏切られること確実です。

そうなんですよ。アトピーの人ってひとつのことに決めたらそれしかしようとしません。気がつけば治らない。時間だけが過ぎていく。

漢方薬といっても副作用はあります。長く飲み続けるものではありません。副作用がない安心できると思い込んで何年も使用するべきではありません。

漢方を飲んでアトピーが治った女性を最近知り合いました。その方は漢方を飲む直前に大好きな彼氏からプロポーズされ婚約されたそうです。「婚約してウキウキしたから治ったのかも。漢方だけではないと思う」と証言してくれました。

一方で、アトピーを治そうと頑張っている人というのは難治化させてしまうのです。そんな方々を今まで見てきました。

「私は何をやってもダメだ」「どうせ私は幸せになれない」「がんばって周りから認めてもらわないと価値がない」と信じている人は漢方など他の治療をやっても治りにくいと思われます。

最後に治すのはあなたなのです。

私は漢方もステロイドも食事改善もせず完治できました。

左側が顔にアトピーがあった当時、右側が治った後の写真

その方法を過去に書いたページ、アトピーの原因と完治のメカニズムにまとめましたので今すぐ読み進めてください。

著作権者:NPO法人日本成人病予防協会会員
ワタナベ勲