乳児湿疹の原因は明確!だから治ります

乳児湿疹の原因と完治までのプロセスを解説していきます。

まず乳児湿疹の原因は、出産前の母親の生活習慣にあります。そして、乳児に化学物質にふれさせる環境です。

湿疹を治すために必要なことは?

あるお母さんからこのような相談の電話を頂きました。

「産まれた赤ちゃんが全身、湿疹で、アトピーなのです」

はじめは健康相談だったのですが、カウンセラーでもある私のある質問に、お母さんは急に号泣されました。

「実母に『おまえのしつけが悪いから、こうなったんだ!』っていわれました」

実母からの言葉にショックを受け、しかし旦那にもいっていないとも。

少なからず、このお母さんも、乳児の湿疹に罪悪感を感じていたのでしょうね。あなたはどうでしょうか?

まずは、罪悪感を感じる必要はありません。自分を責める必要はありません。あなたは単に知識不足だったのです。しつけの問題ではありません。

落ち着いて、焦らず、冷静になってください。あなたがメソメソしていたら、それが赤ちゃんや旦那さんに伝わり家族の問題がこじれてしまいます。

湿疹は治ります。そのために、まずは学んでください。

出産前にどんなものを好んで食べていましたでしょうか?

乳児湿疹を抱えるお母さんの食生活は、肉食、乳製品過多、お菓子や果糖が大好きだった方が多いです。これらはアレルギーを引き起こす食生活です。

これらの食生活をしてきたお母さんから産まれ、母乳で育つと、赤ちゃんは湿疹やアトピーなどアレルギーっ子になると考えられます。

そして、赤ちゃんの衣類を洗う洗剤にも注意しましょう。

乳児湿疹を長期化させる最大の原因とは?

出産前のお母さんの生活習慣も乳児湿疹の原因ですが、他にも洗剤成分の化学物質も深刻です。これが乳児湿疹を長期化させるのです。

盲点は洗濯です。乳児の肌にあたる衣服を洗う洗剤について注意したことがありますか?

洗剤を変えるだけで治った。しかし、祖母の実家に帰り、祖母が洗濯した布団で寝たら、一気に湿疹が復活した……そんな事例は珍しくありません。

では、石けん由来の洗剤は安全かと言えばそうではありません。石けん洗剤は衣服にカスとして残れば、それが日光に当たると脂肪酸ナトリウムになります。これは活性酸素の一部であり皮膚炎の原因になります。

また、無添加洗剤も実際は無添加ではありません。成分表示を読めば石油由来の成分が入っていることがわかります。

石けんで赤ちゃんを沐浴してませんか? 石けんはアルカリ性なので皮膚から皮脂を奪うので乾燥肌になります。

肌は本来、弱酸性です。しかし石けんで洗うと肌はアルカリ性になります。ですが、健全な皮膚だと、すぐに弱酸性に戻ります。

しかし湿疹や皮膚炎などで皮膚の機能が不全の場合、アルカリ性に戻るのに時間がかかります。

皮膚はアルカリ性に保持されてこそ、肌の細菌の繁殖を抑えたり外部環境からの刺激から守ることができます。

しかしアルカリ性のままだと、皮膚にはバリアがないので雑菌の繁殖をゆるしてしまいます。

石けんで顔を洗うと大人でも顔がつっぱるでしょ? それは、石けんで洗うと皮脂膜から皮脂が奪われ乾燥がひどくなるからです。

乾燥肌はかゆみを起こしますから、スキンケアをする必要があります。ですが、これまたスキンケア用品も油断できません。

スキンケア用品や皮膚科の保湿剤、ワセリンは化学物質で出来ています。

石油由来の界面活性剤や防腐剤は皮膚のタンパク質を「変性させる」作用があります。これが、湿疹、皮膚炎を長期化させる原因です。

皮膚科に頼るだけでは湿疹は治らない

乳児湿疹は、皮膚科「だけで」治すものではありません。

親しか出来ないことがあるのです。洗濯、入浴、食事、家屋の掃除、スキンケア……家庭でしか出来ないことですよね?

ステロイドはスキンケアではありません。単に症状を抑えるだけだからです。これですべてが解決できるものではありません。しかし自己流で脱ステロイドをしないことです。

ステロイドを無計画に長期間塗るのは副作用しかもたらしません。

ワセリンや保湿剤は石油で出来ています。それらを塗ることで皮膚に油膜をはって、水分蒸発を防ぐことが目的です。

しかし水分がない皮膚の上に、油膜をはるわけです。これは息苦しく、しんどいのです。

さらに洗い落とすのにゴシゴシ洗わないといけない。おかげでさらに皮膚を傷めてしまいます。百害あって一利なしです。

そもそも、なぜ皮膚が乾燥しているのか? 赤いのか? ガサガサしているのか? ここを知らないと根本的な治癒にはなりません。

今までのお話をまとめますと・・・。

お母さんは自分を責めない、焦らない。

正しい食事改善を知ること。

界面活性剤不使用・防腐剤不使用、無添加の商品にダマされないこと。洗濯洗剤に気をつける

石けんは使ってはいけない。

赤ちゃん用のスキンケア、オイル、ソープも化学物質が入っていると知るべし。

アトピー用、赤ちゃん用のスキンケア用品、洗浄剤は安全ではない。ワセリンや保湿剤は、スキンケアに好ましくない。

乳児湿疹は皮膚科だけに頼るのではなく親こそ最大の「医師」と自覚すること。

私は3歳のときにアレルギーと診断されました。中学1年から本格的に湿疹、アトピーが発症。それ以後、25年間悩みました。皮膚科に行っても治りませんでした。

しかし最後は、ステロイドも皮膚科も頼らず完治させました。

アトピーが治った後の顔

アトピーの頃の私と完治後の写真です。

食事について詳しく知りたい方は→アトピー体質を変える食事法をお読みください。

このページをお読みの親御様には、アトピーの小学生、中学生のお子さんをお持ちの方もおられることでしょう。

長引く症状にお辛いお気持ちを抱えておられるのでしたら、「その場しのぎ」の対処が状態を長期化させることを知ることをお薦めします。

そこで皮膚疾患の本質を学ぶページをこちらで用意しましたので、ぜひお読みください。

アトピーの原因と完治のメカニズム

watanabeをフォローする
アトピー完治のメカニズム
タイトルとURLをコピーしました