首のアトピーの原因と対処方法を解説します

アトピーの首の写真

首のアトピーで深いシワとかゆみに悩んでいた頃の写真です。いつも痒いので掻き破りひりひり痛かったです。ずっと黒い色素が沈着していました。

アトピーの首の痒みと痛みはつらいです。

アトピーで最後に治る部位が首です。

それだけ首は治しずらくて、厄介なのです。

しつこい痒みの原因

首は汗をかきやすく、冬はマフラーやセーターの襟に触れる度に刺激を感じます。

ましてや他の部位と比べて首の皮膚は薄いのです。

皮膚が薄い首は乾燥しやすいので、痒みが強いのです。

肌の乾燥は痒みの原因です。

肌が乾燥すると「痒みを感じる神経線維」が表皮まで伸びます。

ですので、ちょっとした刺激だけでも神経線維が反応して、痒みを感じやすくなるのです。

化粧水で乾燥肌を潤うことが必要でしょう。

クリームやワセリンは、熱がこもりやすいので、痒みをもたらしますから、おすすめ出来ません。

首のシワ・黒い色素沈着の原因について

首は痒みが起きやすく何度も掻いてしまいます。

激しく掻いてしまうと皮膚が厚くなります。

アトピーの首はゴワゴワして、肌が厚く盛り上がったようになります。なので、シワが深く刻まれてしまいます。

では次に、どうして首が黒く色素沈着してしまうのでしょうか?

首に太陽光が当たると紫外線から細胞を保護するためにメラノサイトという色素細胞からメラニン色素を分泌されます。

メラニン色素が肌を黒くします。これが日焼けで肌が黒くなる理由です。

そして、しばらくすると元の肌に回復します。

ところが炎症が激しい皮膚に紫外線が当たると、メラニン色素が皮膚の深部まで落ちるのです。

メラニン色素が垢として剥がれず、皮膚に定着するのです。

これが肌が黒色の色素沈着する原因です。

つまり、シワと肌が黒く色素沈着する原因は、掻き壊しによる肌の炎症なのです。

掻き壊しを防ぐために、保湿をして潤いを皮膚に与えて肌の乾燥を防ぎましょう。

首が火照っている感じがしませんか?

そうでしたらクリームやワセリンを塗ると熱がこもり、よけいに痒くなります。

ですから化粧水だけで十分です。

首のアトピーの原因となる食べ物を避ける

これから、どのような食べ物が首のアトピーに関係しているかについて望診法・食養生理論から述べていきます。

首のイラスト図

上のイラストでは部位と食べ物の関係を示しています。

食養生の考えでは食べ物の過剰摂取は「食毒」というものを作ります。

この「食毒」が皮膚などに排泄されます。

首のアトピーについていえば、どんな食べ物の「食毒」が関係しているのでしょう。

それはジュースなどの甘い飲み物やスイーツ、果物です。

これらの食べ過ぎに注意しましょう。そして、図にはないですが、ゴマにも気をつけましょう。

ジュースに含まれる砂糖や果物の果糖は、痒みの原因になります。

砂糖や果糖は、身体でヒスタミンという痒み成分に分解されるからです。

痒みがひどければ、みかんといった刺激のある柑橘系の果物も避けた方がいいでしょう。

洗い方にも注意しましょう

石鹸は皮膚の皮脂膜から皮脂を奪うので、肌の乾燥をもたらします。

しかし、石鹸は合成洗剤に比べると安全ですので、少ない量で洗うことをお薦めします。

ナイロンタオルで力を入れて洗わないで手でやさしく、泡が触れる感じで洗いましょう。

根本的にアトピーを治していく

首のアトピーには、スキンケアと食事に留意してください。

しかし、いくら気をつけても治らない場合があります。

何をやってもアトピーが良くならない場合はどうすればいいでしょうか?

下の写真は私がアトピーだった頃と現在の様子です。

首にあった炎症や深いシワがなくなり白くなった

20年以上、アトピーに苦しみましたが右側の写真のように深いシワも黒い色素もなくなりました。

ゴワゴワした厚い肌の首でしたが、潤いがあってすべすべしています。

最後は何も使わずに完治できました。

実はアトピーというのは奥深いのです。

ですから表面的な対策(食事・スキンケア)では解決できない「深い根っこ」があるのです。

まずアトピーを根底から解消していくメカニズムを学んでください。

そのために次のリンクのページ「アトピーの原因と克服のメカニズム」を読まれることを強くおすすめします。

アトピーの原因と克服のメカニズム
アトピーは自己流では完治しない アトピーは自己流では治りません。 改善方法に「こだわり」が強いとアトピーは難治化することでしょう。 いいですか? アトピーをつくったのは「あなたの信念(信じていること)」です。 「あ...

文責/
NPO法人 日本成人病予防協会会員 健康管理士 渡辺勲

watanabeをフォローする
アトピー完治のメカニズム
タイトルとURLをコピーしました