ブランディングイメージ

あなたはアトピー完治の世界を知っていますか?

「地図は現地ではない」 (The map is not the territory)

これはアルフレッド・コージプスキーが彼の著作「科学と正気」で提唱した一般意味論の原理です。

「地図は現地ではない」 とは、”地図はその土地そのものを表してはいない”ということです。

人間は世界をダイレクトに体験できないません。

神経系の構造と言語の構造といったフィルターを通じて外部からの情報や刺激を体験しているからです。

人間はありのままに事実を認識することができないのです。

おまけに私たちは事実を言葉を通じてしか認識できません。言葉を知らなければ、事実は認識できないというわけです。

スマホという言葉を知らなければ、スマホは風景に溶け込んだままであって認識にのぼってはきません。

私は最近、カメラを趣味に持ったのですが、それ以前の私はレンズにこれだけの種類があるなんて知りませんでした。

カメラの持ち味がメーカーによって違いがあるなんて知りませんでした。

けれど、カメラに興味を持ち勉強すればするほど(言葉を知れば知るほど)今まで知らなかった「カメラの世界」が私の眼前に立ち上がってきたのです。

まさに「世界は言葉できている」といえるのです。

言葉を知らなければ、その世界が「ある」ことすら知りえないのです。自分が「その世界を知らない」ことすら知らないのです。

なのに、私たちはそこまでは気づいていない。

「地図がその土地そのものを表しているのだよね。え?  それ以外なにかあるの?」

けれど実際には、

「地図」すなわち「言葉」が「その土地そのもの=事実」を表してはいません。

ならば、アトピーでずっと悩んでいる方と、私のようなアトピーをすっかり治した人とでは「アトピーという世界」に差異が必ずあるわけです。

このことは、たとえば「仕事」についての見方が経営者と従業員とでは、決定的に違いがあることでも理解できるはずです。

私は日々、アトピーの方の相談に応じています。かれこれ14年もこの仕事をしています。

アトピーを難治化させている方ほど、「アトピーとはこういうものだ」と固定的な見方しかできていません

あまりにも「アトピーの既存の知、言葉」に自己を同一化している方が多いのです。

同一化した過程でくだした決定とは、たいてい間違っています。

その間違った決定が今でもあなたに影響を与え続けているのです。

ゆえに頑張れば頑張るほどアトピーという沼に足をすべらしてしまう。

そう、抜け出せないのです。

アトピーから、過去から、這い上がれないのです。

でも、それは仕方がない。

誰もが自分のことは自分がいちばん理解できないし、わからないから。

自分のことなんてわからないから。

そして、その時々で精いっぱい頑張ってきた積み重ねの上に「いま」がある。今を生きている。だから、もう自分をひどく責めないでほしい。

否定するのはあなたという存在ではなくて、既存の思考の枠組みこそを否定すべきです。

あなたが同一化し、信じ込んでいる「アトピーにまつわる言葉」を今こそ返品しようではないか。クーリングオフはいつでもできる。

「既存の知」と「既存の思考の枠組み」のままでは、今までとまったくちがう結果をだすことはできない。

変えるのはアトピーグッズではない。

スキンケア商品を、とっかえひっかえしても「変化は絶対に起きない。」

ここで、しっかりと理解してほしいことがあります。

それは、あなたは「アトピーが完治したイメージについて言葉で表現できない」から努力が実を結ばない、ということ。

ここを知っているか知らないか。

そう、あなたと私の違いは「知っているか、知らないか」、ただそれだけなのです

何を知るべきかについては、アトピーの本質を学ぶことができるページ⇒「アトピーの原因と完治のメカニズム」を読んでください。

もう、無駄な遠回りはいらない

私、渡辺 勲は20年余りアトピーを抱えて生きてきました。

アトピー症状の間、3回も激しく悪化しました。身体が動けなくなり大学入試を断念したり、会社を退職、失業する憂き目にもあいました。

その後、私は自力でアトピーを治しました。

今ではアトピー解放心理セラピストとして、2005年から13年間、アトピーで悩む方々の克服のサポートをしております。

2005年8月から2015年3月までの期間において、私は無料で電話相談および面談を実施していました。

1日に4、5回、朝から晩までひっきりなしにかかってくる電話に約10年も対応していたのです。

夕方4時になると、学校帰りの学生さんからの電話がかかってきます。

「親にアトピーが広がっていくのを、まだ言えてない」

「親に迷惑をかけている」

と、お子さんたちは決まって罪悪感を口にされました。

土日の休日になると朝の9時きっかりに私の携帯電話は鳴りました。

それは会社がお休みの方からの電話です。

私が「もしもし」というや、

「これはワタナベさんのお電話でしょうか?」

「はいそうですが」

「あのですね。ずっとアトピーが......」と、名前もいわずに、

みなさん突き飛ばされたように心の鬱積を私に吐き出されるのでした。

肌が乾燥しきって紙みたいにカサカサになった痛みを、

まるでダムが決壊したかのように滔々と語られ、

気づけば2時間も耳を傾けていた......次の日も、また次の日も。

ある日のことです。

私がベッドに入ろうとしていた夜に、

無言電話がかかってきました。

でも、私が出る度に切られるのです。

痒みが引いて寝付かれたのか、深夜の2時くらいまで続きました。

実際にお会いして面談をすることもあるのですが、

私の目の前で、いきなり、お母さんがお子さんの服を脱がして掻き傷だらけの肌を私に見せるシーンもありました。

お母さんに服を脱がされたお子さんがみせる

「唇をかんで何かに耐えている」表情は、

私の心を哀しみに染めました。

あと、治し方をめぐって議論を持ちかけてくる方もいました。

「おまえのいうこと聞いていたら、食べるもんなくなるんじゃ! ボケが!」

と、メールで罵倒されることもありました。

これはとても辛い記憶です。

また私が電話に出ていきなり

「早く治し方教えろや!」

と、男性からいきなりの罵声......。

嘘のような話ですが、

悩める人の行き場のない感情を受け止めることもありましたね。

それでも

私は電話から伝わる焦りまじりの息遣いにずっとひとりで対応してきました。

渡辺勲の写真

10年近くも「無料電話相談」を実施してきたのですが、毎日、何本もいただく電話やメールに精一杯対応していくにつれ自分の時間が持てないなど生活に影響がでてきました。

ですので現在、無料電話相談はお休みしております。

とはいえ、活動していくなかで、こんなにも全国からたくさんのお手紙を頂戴しております。

全国から頂いた手紙の数々

「元気になりましたよ!」

「ワタナベさんに出会ってなかったら今でもアトピーだったでしょう」etc......。

自分が望んでいた本当の肌を取り戻されたご報告のお手紙にいつも励まされています。

私はあなたの代わりに無駄な遠回りをしてきました。

ですから、あなたはいばらの道を歩く必要はありませんよ

では、あなたにお会いできる日を楽しみにしています。

≪アトピーの存在目的に気づいた時、あなたは本当の”自分”にたどりつける≫

アトピー解放心理セラピスト

望診法指導士

特定非営利活動法人 日本成人病予防協会会員 健康管理士 渡辺 勲

特定非営利活動法人日本成人病予防協会から取材された活動記事はこちら

まずは、アトピーの本質を学ぶことができるページ

「アトピーの原因と完治のメカニズム」を読んでください。

そしてアトピー性皮膚炎を治す思考のレッスンを始めていってください。