アトピーと電磁波の関係はこれだ!

電磁波の弊害が言われ始めてずいぶんになります。

しかし、アトピー発症の因果関係まで語られません。

このページでは、アトピーと電磁波の関係についてお話しします。

電磁波はアトピーの原因なの?

電磁波がアトピー性皮膚炎の原因となるケースの顕著が「パソコン」です。

パソコンはコンセントを通じて電磁場が生じています。

使用者はキーボードにふれることで、身体に静電気が帯びるのです。

静電気が身体に帯びることで空気中の「ほこり」が顔などの表面に付着しやすくなるのです。

ほこりが顔などに付着することで顔が痒くなるわけです。

この状態が恒常的になると痒みが増します。

痒みがひどくなり掻き壊しが起きると、アトピー性皮膚炎のような症状になる懸念があります。

さらに、私が懸念しているのは携帯電話、スマホです。

携帯電話、スマホ内臓のリチウム電池があなたの大切な脳に悪影響を及ぼすからです。

電磁波は「万病の元」である活性酸素を生成する原因です。

よって、電磁波はアトピーの原因として懸念してもいいかも知れません。

ですから、脳のいたわる意味でもイヤホンをして通話されることを強くおすすめします。電磁波はその発生機器から距離を置けば置くほど、その弊害は減少するからです。

ですので、上手に電気機器と付き合えばいいのです。

しかしながら、パソコンをしている人がもれなくアトピーを発症していません。

どうしてだと思いますか?

それは「ほこり」がアトピーの原因になる場合と、ならない場合があるからです。

ホコリがアトピーの原因になるか、ならないか。ここを理解できると電磁波に過度に神経質にならなくてすみます。

「電磁波」と「ほこり」と「アトピー」の関係について

まずはアレルギーが起きるメカニズムについて理解してください。

人間はタンパク質で出来ています。

そして人間は自分以外のタンパク質を敵とみなして攻撃します。

免疫機能が自分以外のタンパク質を敵として攻撃するのです。

その攻撃が過剰になると、自分自身を攻撃してしまうのです。

攻撃の結果、皮膚においてはアトピー性皮膚炎になるのです。

ほこり本来はタンパク質で出来ていません。

けれど、ほこりにはダニとかダニの糞がついています。

ダニとかダニの糞がタンパク質で出来ているのです。

だから「ほこり」がアレルギーを起こすアレルゲンとなるのです。

つまり、そもそも問題なのは電磁波ではなくて、「ほこり」なのです。

ですが、その「ほこり」を除去してもアトピーは治るとは限りません。

ほこり(ハウスダスト)を除去してもしなくても治るときは治るのです。

かつて私の相談者さんのなかで、こんな話をうかがいました。

私は20年もアトピーが治らなかった。しかし、競走馬を育てる「ほこり」だらけの牧場で2年間住み込みで働いていた時、完全完治していた。

つまり、これはどういうことか?

アトピーとアレルギーは違うのです。

アトピーには特定の原因物質アレルゲンがないのです。

ですから、「ほこり」を除去しても治らないのです。

あなたが「ほこり」「ハウスダスト」をアレルゲンとするアレルギー症状に悩んでいる方ならば、これらを除去した方がいいです。

しかし、そうでない場合、「ほこり」「電磁波」に過度に神経質になる必要はないでしょう。

私自身、ほこり・電磁波に気をつけてませんでした。

左側が顔にアトピーがあった当時、右側が治った後の写真右がアトピーの頃の写真。右が今の私です。

上の写真のように20年以上もアトピーでしたが、今は完治しています。

アトピーの原因を除去している間は、治りませんでした。

それもそのはずです。アトピーには原因となる物質(アレルゲン)がないからです。

ではどうするか? この続きは下のリンクから読みすすめてくださいね。

アトピーの原因と克服のメカニズム
アトピーは自己流では完治しない アトピーは自己流では治りません。 改善方法に「こだわり」が強いとアトピーは難治化することでしょう。 いいですか? アトピーをつくったのは「あなたの信念(信じていること)」です。 「あ...

電磁波対策といった「その場しのぎ」ではなく、アトピーの本質を知らないと「原因」にずっと振り回される人生になりますよ!

watanabeをフォローする
アトピー完治のメカニズム
タイトルとURLをコピーしました