本文へスキップ

アトピー肌のスキンケアにワセリンは不適切。ワセリンの副作用と本当のスキンケアについて

ワセリンの気になる副作用を解説

そのアトピーはワセリンの副作用かも知れない

アトピーの悪化にワセリンの副作用が関与しています。ワセリンはスキンケアに適切ではありません。ワセリンは石油を精製して製造されているため日光に当たると皮膚が黒く色素沈着を起こすといった副作用があるからです。

「ワセリンは最高の保湿剤である」は間違いである。

アトピーの方で人気のスキンケア商品に「ワセリン」があります。

「ワセリンが手放せない」「ワセリンが一番肌に合っている」とワセリンを長期間塗り続けている方は本当に多いです。

つまりワセリンに何の疑いもなく使っているか、あるいは一度、自分の肌に合ったものは他のモノに変えたくない、そんな強い思いを抱いてる方は多いです。

しかし、みなさんアトピーを治せていません。現状維持が精一杯のようです。

ワセリンは最高の保湿力があり、水分蒸発を抑える効果があると特に西洋医学の皮膚科では提唱されています。

しかしそれはアトピーになったことがない人の意見に過ぎません。

ワセリンはアトピーにとって塗ると息苦しく痒みを誘発しやすく使い心地は良くありません。

そしてワセリンには副作用があります。

そもそもワセリンはスキンケア本来の概念からして不適切な商品なのです。

ですからワセリンの使用を見直すことが必要です。実際、ワセリンを塗り続けても現状維持しかなく、すっきりアトピーが完治することはありません。

あなたはこれからもワセリンを塗り続けますか?

嫌ですよね?でしたらワセリンを手放すことを考えるべきです。

ではワセリンがいかにアトピー性皮膚炎に不適切であり、その副作用が害悪をもたらすか。次に説明していきましょう。

ワセリンはアトピー肌のスキンケアに有効ではない

スキンケアとは、まず乾燥肌に水分を与えてそしてクリームなどでを塗り水分蒸発を防ぐのが正しい順序です。水分(保湿)を皮膚に補給をせずワセリンだけを塗るのはスキンケアとすれば間違いです。

美容液や化粧水を皮膚に塗ることで肌に水分を与えず、いきなりワセリンで皮膚を覆うのは良くありません。ましてやワセリンは石油を精製してつくられていますので息苦しくなります。

石油由来のワセリン。その石油を「ナチュラルオイルであり天然のオイルだから安心だ」というのは本質を隠ぺいする表現です。

黄色のワセリンは不純物が含まれ純度の高い白色のワセリンの使用を推奨する言説がありますが、さほど貴重な示唆ではありません。また皮膚に塗ったワセリンが紫外線にあたることで肌が油焼けしてしまうが最近は心配しなくてもよいといった説明も使用者からすれば有益ではないと言えます。

つまりワセリンには副作用があるのです。なくとも前述の通りワセリンは肌に水分を与えませんのでスキンケアに不向きであり、ことさらワセリンを選択して使用する必要はありません。

ワセリンとは塗ることで肌からの水分の蒸発を防ぐ目的で塗られます。しかし、そのためならクリームなど他に水分蒸発を防ぐスキンケア用品がありますので、やはりワセリンを使うこともありません。

ワセリンに副作用があるかどうか思案する前にワセリンは保湿しないこと、石油でできていること、水分蒸発を防ぐなら他の手段があることを踏まえると避けた方が無難でしょう。

私が皮膚科のサロンでセミナーをした時のこと。その皮膚科のオーナーの医師が「ワセリンは最高の保湿剤である」と発言したのを覚えています。しかしワセリンは塗ればべっとりしていて息苦しく、強く洗わないととれません。

その皮膚科医師も「ただワセリンは洗い落とすにはゴシゴシ洗わないといけない」とワセリンの欠点を述べていました。ワセリンはなかなか取れない事は認めている。

強くゴシゴシ洗う事は皮膚の皮脂膜にダメージを与えます。そうなれば皮膚に水分を閉じ込める機能が洗浄後衰えますので乾燥肌になってしまいます。また皮脂膜が奪われると皮膚の弱酸性が損なわれ殺菌力が低下し雑菌が繁殖しやすくなります。

また毎日、強くこすって皮膚を洗うことで皮膚の天然保湿因子(NMF)や肌のターンオーバーの機能に悪影響を与え乾燥肌が促進します。

実際、ワセリンを塗ることで皮膚が赤くなり痒みを感じ掻いてしまう方もおられます。また石油由来という化学物質に過敏になり接触性皮膚炎になる場合も考えられます。

石油でできたワセリンを皮膚に塗ると肌の上で酸化していきます。すなわち油であるワセリンが酸化すると過酸化脂質になります。これは肌に害悪を及ぼす物質であり老化を進めます。

これがワセリンの副次的な副作用と言えます。

純度が高いことから白色ワセリンは安全だと思われますが、洗い落とすことで皮脂膜が奪われますからデメリットに目をつむってまで無理してワセリンを使う必要はありません。

ワセリンをなかなか止めることが出来ない人が多いです。私もそうでした。しかしその間はまったく皮膚炎も乾燥肌も治りませんでした。やはり正しいスキンケアをすべきであったと今なら思います。

さて、写真はかつてアトピー性皮膚炎で苦しんでいた当時の私です。

ワセリンの副作用で苦しんでいた頃の写真

25年くらいの症状期間中3度の激悪化。もちろんワセリンやワセリンを基材にしたアンダームクリームを15年は塗り続けました。ほんと普通の皮膚感覚を忘れていましたね。

アトピー完治後の私の写真です。

今ではこんなに綺麗になりました。あなたも元気になれます!私はワセリンを使わないで治したんですから。私は自分の力で完治させることができたのです。

では、どうすれば「痒みと炎症」を改善できるのでしょうか?その続きはこちらワセリンの副作用を避けてスキンケアの悩みを解決するには?を読んでください。

ワセリンに代わる保湿の方法をご紹介しましょう。このページの先頭へ

アトピー性皮膚炎改善講座アトピー解放心理セラピスト/ワタナベ勲

何をしてもアトピーが治らない方へアトピー完治経験者がアトピー完治の方法を解説します。