ブランディングイメージ

アトピー発汗による排毒について

毎日、暑いし、ムシムシしますね。夕涼みなんて、遠いむかしに想いでなんでせうか。

日が落ちて、夜になっても、湿気があって、涼しくないです。

「あんた、どこに住んでるの?」

そうか、みなさんの地域では、ここ大阪より過ごしやすいのですかね?

大阪で夏を過ごせたら、世界どこいっても耐えられると思いまっせ!

そんな大阪で一番暑いのが、どこだと思います?

それは「サウナ」の中です。

こんな時期に、サウナに行く人の気が知れまへん。

何が目当てなんでせうか。

それしか考えられません。

「何しか考えられへんのん」

わたしは、サウナに行ったことがないのですが、

さぞかし、サウナから出た後のビールは格別だと思います。

「そんなことかいな」

ちなみにビールは、恵比寿かプレミアムモルツを飲んでください。

なぜならば、砂糖が入ってないからです。

「へ~ビールに砂糖が入ってるの」

炭水化物の表示がありますが、あれは砂糖のことです。騙されたらいけないですよ。

砂糖を入れたら泡が立ちやすくなるんですよ。

「でもサウナは、健康にいいのと違うの?」

そうです。他に岩盤浴など、汗を積極的に出して、体内から毒を出す健康法がありますね。

「デットクス(排毒)でっか」

そうです。最近、ずいぶんこの概念が浸透しましたね。

皮膚は身体の中でも最大の排泄器官です。

冷房ばかりあたっていて、汗をかかないのはよくありません。

いまの季節にしっかりと汗をかいて毒素を出しておけば、
秋・冬の健康につながります。

貝原益軒の「養生訓」では、

「夏こそ最も養生に心がけよ」と書かれています。

この時期に、飲食の不摂生が続くと土用から秋にかけて必ず大病をを患うからです。

暑いからといって、食べやすい麺類、お茶ばかり飲んでませんか?

食欲不振から、夏風邪をもたらします。

「しかし、アトピーでは・・」

そうですね。汗を掻くのはいやなものです。

しかし、たまには冷房を消して、自然と汗をかく時間を作ってください。

もともと、夏は暑い、冬は寒いのが本来の環境なのですから。

また、冷房で体を冷やさないこと、無理をしないで汗をかくことを生活の中で意識してください。

冷房つけながらの就寝はだめですよ。体調を崩してしまいますからね。