本文へスキップ

ステロイドその光と影

ステロイド治療でアトピーが治せないあなたへ

ステロイドには効果と副作用がある

アトピー性皮膚炎改善講座-TOP>ステロイドとアトピーの関係

ステロイドはアトピー性皮膚炎を治すことはできません。炎症を抑える作用があるだけです。長期の連用使用は副作用の弊害を生みます。

ステロイドを塗る意味を知っていますか?

皮膚科におけるアトピー性皮膚炎の治療は主に薬物治療であってステロイド剤やプロトピック軟膏などが必ず処方されます。

これが日本皮膚科学会の指針なのでしょう。私に相談される方のほとんどがステロイドを使ってられます。ですのでお会いしても見た目が「アトピーでない」方が多く、お聞きすると「ステロイドでおさえています」と答えられるのです。

そして「なかなかステロイドをやめることができない」と私に訴えられるのです。

しかし相談者の多くがステロイドに誤解されています。つまり「アトピーはステロイドで治すことができる」と間違った認識をされているのです。

「これではステロイドを手放してすっきり完治はできない」と私はいつも思うのです。

ステロイド治療は肌の炎症や痒みを一時的に抑えるという目的があります。

免疫抑制剤であるステロイドはアトピーの症状である炎症や痒みを抑制する効果があります。

しかし、そもそも薬には効果もありますが必ず副作用があります。ゆえに医師や薬剤師の指導のもとで提供されているわけです。

あなたはステロイドを用法容量を正しく守って使用していますか? ステロイドにも「連用使用の禁止」があり定められた期間を超えて連続使用することは禁止されているはずです。

ですが、患者さんの多くはステロイドの効果「光の側面」しか認識していません。影の側面である副作用については見たくないのでしょうか? ただ「その場しのぎ」の感覚で使い続ける方が目立ちます。

炎症やかゆみが発症する度にステロイドを塗る。結果、何年も「断続的に」使い続ける方が多いです。

痒みや炎症が出る度にステロイドを塗る。しかしアトピーはすっきり治らない。そして急に悪化する。激しい炎症に慌ててステロイドを塗る。しかし炎症は引かない。浸出液が掻き傷から流れ落ちる。

そんな辛い状況を体験してしまった相談者は後を絶ちません。

しかしステロイドで助けられた人もいるでしょう。

「ではどうすればいいの?」と思われたことでしょう。

だったら、あなたはステロイドとアトピー性皮膚炎の関係について学ぶべきなのです。

ステロイドには皮膚炎を抑える役割があります。しかし、その役割が機能しないのなら後に残るのはなんでしょうか? 影です。そう、副作用しかありません。

その時、「ステロイドについて何も知らなかった!」と後悔しても後の祭り、回復の道は遠くなるでしょう。

ステロイドが出来ることは限定的です

ステロイド治療の目的とはなんでしょうか?(ちなみにステロイドの飲み薬も同様です)

皮膚が炎症し痒みが起きている原因とは「身体の免疫反応」であるとし、免疫抑制剤であるステロイドを使用することで、炎症や痒みを抑える。これがステロイド治療の目的です。

しかし、炎症や痒みを抑えることができている間はいいでしょう。しかし多くの方が経験しているように再びステロイドに頼らないといけない時がやってくるものです。

いいでしょうか?

あなたは薬の本来の意味をご存知ですか?

これは西洋医学の薬だけでなく漢方薬も同じです。

病気というのは自力で身体を回復できない状態であって、自分の力で健康へと回復するまで、支援のために、緊急避難的に使用されるものです。

つまりステロイドを塗ることとは「一時しのぎに過ぎないのです」

ステロイドがアトピーを治すのではないのです。あくまでも自然と健康が回復するまでの一時しのぎとしてステロイドを塗るのです。

ステロイドは炎症や痒みを抑えるのが目的であって、「ステロイドでアトピーを治す」といった考え方は身体の摂理からして不自然なのです。

ステロイドをずっと塗り続けるのは、ずっと緊急避難をしているみたいなものです。

かつて東海村の原子力施設で事故が発生しました。その際、被曝され放射線によって皮膚が剥がれ重傷を負った職員の方がおられました。本当に痛ましい事故として私は記憶しているのですが、

その方に対して大量のステロイド剤が投与されたそうです。

また私の知人が日焼けサロンで誤って大量の光を浴びて大火傷されたのですが、その時も皮膚科でステロイド剤を飲まれたそうです。

このような生命が切迫した「緊急時」にはステロイドは使用されて当然でしょう。

仕事も出来ないくらいアトピーが激悪化した場合もそうかも知れない。

しかし、それでも、いつまでもステロイドに頼るのは不自然であって、健康を回復させていくことを行いながら、ステロイドを塗らなくてもいいようにしていく。これが本来あるべき姿です。

しかし、あなたが「ステロイドを手放すことができない」「強いステロイドを使っても治らない」のであるならば、それって、あなたが願っている健康回復への道から外れているわけです。

ちなみに「病気と戦う」「病気の原因をたたく」「病気に勝つ」といった発想も自然の摂理に反しています。

むしろ病気は健康になるための途上で発生するものであって、ステロイドで病気を封じ込めるべきではありません。

だからといって、よくある「アトピーに感謝しましょう」という考えは、まったく健康回復につながりません。意味のない言説です。

そうです!

ステロイドには限界があるわけです。

ここでアトピー発生の真の根源を知りたい方は私が以前投稿したアトピーの原因と克服のメカニズムのページを読まれることをお薦めします。

最悪のスパイラル! ステロイドを使い続けると肌で何が起きるか?

しかし「ステロイドを塗れば一時的であっても炎症や痒みが消える! だから塗るんだ!」とあなたは思われたかもですね。

では、なぜ炎症や痒みが消えるのか? きちんと知っていますか?

それはステロイドの免疫抑制という薬効はもちろん、その薬効を受け止めるレセプターという「受容体」が皮膚にあるからです。

しかし、

ステロイドを塗り続けると、皮膚にあるレセプターが消滅することが皮膚科医の研究でわかっています。

よって「ステロイドを塗っても痒みがおさまらない」「ベリーストロングな強いステロイドを塗っても治りづらい」ことになるのです。

さらに、

ステロイドを塗り続けると皮膚が薄くなります。これは多くのアトピーで悩む方が体験していることです。

皮膚が薄くなるとはどういうことか?

それは皮膚表面の角質層が薄くなること。つまり「バリア機能」や「水分保持機能」が低下するのです。

よって、皮膚の細菌感染のリスクは高くなります。また水分蒸発が激しくなるので乾燥肌がすすむので痒みがさらに激しくなります。

痒くて掻きたくてたまらなくなる。掻き破ることで皮膚は荒れますので、さらなるバリア機能の破壊、水分保持機能の喪失をまねき「死ぬほど痒い」と表現される苦しみが増すわけです。

もはや「掻いてはいけない」なんて通用しなくなる。

いつも痒みが気になる。ステロイド剤に頼らざるを得ない。でも治らない! そんな悪循環に苦しむ方からの相談は後を絶ちません。

しかし、みなさん上記のステロイドとアトピー性皮膚炎の関係に無知だったのです。

たとえば「肌にステロイドを塗っていたら治る」とか。

ですが、

皮膚炎発症の一因を知るだけでも「薬を塗るだけでよい」といった考えは不自然であることがわかるでしょう。

つまりこういうことです。

腎臓や肝臓による解毒作用が低下した場合、身体内で毒素が滞留します。

これは内臓疾患の危険が高まります。よって器質的に弱い皮膚を通じて身体内の毒素を排泄して危険を回避しようとします。

皮膚炎とは身体内に滞留する毒素を皮膚から排泄させて他のもっと怖い病気を防ごうとする防衛機能の結果なのです。これが皮膚は最大の排泄器官たるゆえんです。

読まれてどう思われましたか?

皮膚にステロイドを塗るだけでは不十分だと理解されたのではないでしょうか?

そこで......「そうか! デトックスがいいのか!」

と、思われたあなたへ!

それは大きな勘違いです! 早計です!

食事改善やデトックス、排毒......みなさん実践しています。

けれど、多くの方が「うまくいっていません」

治っていないのです。

食事改善や薬膳、デトックス、断食、腸内環境改善、排毒、便秘解消......これらの方法で治るなら、アトピーが社会問題化しません。

なぜか?

それらは「対症療法」であり「その場しのぎ」だから。       

私もそれらの手法を実践しました。あらゆる手段でデットクスを実践し排毒に努めても治る兆しは見えないのです。

すなわち和食をしたり断食をしても治らない相談者は珍しくないのです。それはなぜなのか?この件に関してはアトピーの原因と克服のメカニズムにて解説してあります。合わせてお読みください。

ステロイドの目的と限界を見極める

もちろんステロイド外用剤を塗って炎症や痒みがなくなればそれでいいのです。

しかし、問題は「塗った時だけ炎症や痒みが消える」「塗っても肌の赤みや痒みがおさまらない」場合です。

そこで、ステロイドを継続したとしても、

さらに最強のステロイドを使うといった「いたちごっこ」が待っているでしょう。

私もそうだったように。

ましてやステロイドの長期の継続使用は、ステロイド効果の減衰、皮膚が薄くなることから起きる弊害ー「乾燥肌促進による痒みの悪化」と「細菌症の罹患リスク」があるわけです。

もうそうなればステロイド使用の是非を論争しても不毛です。

ステロイド使用の目的は「抗炎症=ただただ炎症を消す」の他にありません。

そんな目的が果たせないのならば、ステロイドは無効でしょう。

まずは焦るのではなく冷静になりましょう。

そしてもっと根源的に「アトピーの実相とは何か?」を知るべきです。

しかしそれでも、私は皮膚科医からこんな事を直接聞くわけです。「あきらめて塗るのを止めるから治らないのだ」と。

はたして、あきらめずにステロイドを塗り続けても炎症は消えるのでしょうか?アトピーは治るのでしょうか? そうではなく「もっと根源的なアプローチが必要だ」と認識するべき。長期間、連続して使用する今の状態を見直すべきだ。と考えるのが自然ではないでしょうか?

あなたの人生です。その人生も時間に限りがあります。医師任せでは本当の自分の人生は歩めないでしょう。

では何から始めればいいのか?

そう思われたらアトピーの原因と克服のメカニズムで解説していますので必ずお読みください。

ステロイドに限界を感じたら

「アトピーがなくなるまでトコトン塗り続けるべき」といった主張もあります。でも乱暴すぎないでしょうか?

人間は意味があって症状を起こしてるわけであって、そんな自然の摂理を無視して症状を抑えこむとどうなるでしょうか?

いずれ身体は反発ーアトピーが大爆発すること間違いありません。

これを「ステロイドが悪者だからだ!」と考えるのも間違いです。

自身のうまくいかない原因を「何かのせい」にすればするほど、恨みや怒りが止まらなくなります。

恨みや怒りは孤独への道にはまります。

ステロイドに罪はありません。医師もやるべきことをやったまでです。あなたは患者としてやるべきことがあるのです。

そう言う私も、25年以上アトピー性皮膚炎患者として皮膚科に通院していました。

ずっとステロイドに依存していました。

惰性に何も考えずにステロイドを塗っていました。

しかし、3度の激悪化を体験。会社を退職、失業するまで身体が壊れてしまいました。

ステロイド剤の副作用としてヘルペスで苦しんだこともありました。

そして、ある日を境に私は皮膚科に通院することをやめました。

最後はステロイドなど「薬なしで」アトピーを完治させたのです。食事改善もしていません。

「とにかく顔の赤みを消したい!」と、ダラダラ長期間ステロイドを塗るのが一番よくない。

隠したり避けてばかりではステロイドを止めるタイミングを遠ざけるだけです。

私のように25年あまりも苦しむことになりかねません。

ではどうするか? 急にステロイドを離脱するのも危険です。

ここは冷静になって「アトピーの実相を知ってすっきり完治させる方法」を学ぶべきです。

下の写真はアトピーで苦しんでいたころの私です。

アトピーだったころの写真

私は中学1年生から36歳までアトピー。3回の激悪化を経験。失業することもありました。もちろんステロイドも塗りました。しかし炎症が消えませんでした。

元気になった私の写真

しかし今ではこんなにきれいになりました。

アトピーが完治してから6年以上経ちますが、アトピーは復活しません。普通の人と同じ生活をしても大丈夫です。

ではどうやって治ったか?まずは次のページアトピーの原因と克服のメカニズムを読んでください。

落ち着いてアトピーの本質を学ぶことです。無知では悩みは解消されません。ステロイドを手放せなく悩むのなら、まずは行動。完治のメカニズムを知ることです。

ステロイドとアトピーの関係性を知るページ集

アトピーの原因と克服のメカニズム

ステロイドをいつ止めますか?

ステロイドの長期使用は慎重に!

ステロイド

ステロイドによる副作用

ステロイドとワセリンの副作用

ステロイドを塗りながらすべき大人のアトピー性皮膚炎の体質改善

首のアトピーの対処法

アトピーの大人たちへ

湿疹の原因を解明する

湿疹とは?

湿疹の写真

アトピーの悪化をどう考えるか?

ステロイドで注意するべきアトピーさんの眉毛がなくなること

アトピー性皮膚炎改善講座アトピー解放カウンセラー/ワタナベ勲のサイト

「何をやってもアトピーが治らなかったけどワタナベさんに出会って本当に良かったです」といつも言ってもらえています。

こちらは何をやってもうまくいかないあなたのためのサイトです。