ブランディングイメージ

なぜアトピーにステロイドを塗っても痒くなるのか?

複数の皮膚科を受診してステロイド軟膏を使い、それでも治らない人は珍しくありません。

あなたも最近、「薬を塗っても、かゆみがおさまらない」「薬の効き目が悪い」と思われていませんか?

そもそも、なぜステロイドを塗ってもアトピーは治らないのでしょうか?

その原因を”ステロイドと皮膚の関係”から解説しましょう。

まずは、ステロイドは使用し続けることで副作用のひとつ皮膚が薄くなる(皮薄化)ケースです。

皮薄化とは角質層(表皮)が薄くなること。皮膚バリアが喪失、水分蒸発が激しくなります。

そして、乾燥肌が止まらなくなり、炎症も悪化します。

アトピーがなかなか治らないことにつながります

それでもストロングタイプのステロイドを使えば症状はおさまるのではないか?

と、思われたかも知れません。

しかし、ステロイドは長期間の使用で薬効そのものがなくなる恐れがあります。

薬の効き目が悪くなって、どんどん強いタイプのステロイドを処方してもらって塗り続ける方ほど、「かゆみがおさまらない」と嘆かれます。

ですから、皮膚とステロイドの関係について知識を持つことで、冷静に判断することをお薦めします。

まずは、「期間を空けて使えば大丈夫か?」という疑問から解説しましょう。

ステロイドは塗る回数を少なく期間を短くしても副作用の懸念がある

顔に炎症や吹き出物がでる度に、腕の関節が荒れる度に、ステロイドを塗る方がいます。

ステロイドは症状がでる度に、期間を空けて、たまに使う方がおられます。

ですが、塗る回数が少ないからといって安心とは言い切れないのです

海外の学会での研究では「1回のステロイド剤の塗布でも、ステロイドは2週間も皮膚の角質層に残留する」ことがわかっているのです。

1回塗ってから2週間たっても「ステロイドによる血管収縮作用がみられた」ことから、ステロイドは肌に蓄積されることがわかったのです。

さらに、残留したものが体外に排出されるまで、何年もかかるのです。

脱ステロイドのリバウンドが長くアトピー患者を苦しめることでわかるように、

ステロイドを身体から抜くのは、とても大変なのです。

そして次に、皮膚バリアの低下の懸念があります。

2009年の皮膚科学教授コーク医師の論文によれば「強いステロイドなら3日、弱いものでも6週間使い続けると、皮膚バリア機能が低下する」と明記されているそうです。

前述しましたが、皮膚バリア機能が低下すれば、外部環境からの刺激を受けやすくなります。

また、細菌やブドウ球菌の繁殖をゆるし、乾燥肌が促進します。そして、かゆみが悪化することになります。

皮膚を掻き破り炎症が繰り返されると色素沈着の原因にもなります。

くれぐれも「塗る回数が少ない。使用期間が短いから大丈夫だ」という素人判断は避けましょう。

家に余っている薬を惰性的にダラダラ塗るべきではありません。

必ず皮膚科医師が指示した塗る回数と量と期間を守ることです。

無計画で行うステロイド治療は危険です。

症状が出るたびに家に残っているステロイドを「その場しのぎ」に塗る行為は安易であってリスクがあることに注意してください。

ステロイドは使用を続けると副作用「皮膚萎縮」によって乾燥肌になり、やがて効き目が悪くなる

ステロイドは長く塗ることで効果は低減します。

ステロイド軟膏の薬効が発揮するのは、その薬の効果を受け止める「受容体」が皮膚にあるからです。

そして、その「受容体」は使用を続けると消えていくことがわかっています。

よって、ステロイドをいくら塗っても効き目が悪くなるわけです。

さらに、副作用として知っておくべきことがあります。皮膚が薄くなる事象です。

日本皮膚科学会「診療ガイドライン」においても副作用として「皮膚萎縮」が明記されています。

この「皮膚萎縮」とは皮膚が薄くなることを意味します。

皮膚が薄くなれば乾燥肌になるのは前述の通りです。

ではなぜ、乾燥肌になると痒みが悪化するのでしょうか?

それは、痒みを感知する神経線維が皮膚表面に露出しやすくなるためです(下図参照)。

痒みを感知する神経線維が角質層直下まで伸びている

ですから、汗やハウスダスト、服が肌にすれるなど、少しの刺激にも敏感になります。

よって、掻くことが止められなくなります。

搔き破ると皮膚の炎症は悪化してアトピーはさらにひどくなります。

症状の悪化に対してステロイドの使用量を増やし、強いステロイドを使用するとどうなるでしょうか?

皮膚が薄くなって乾燥肌になり痒みを感じやすくなる。

薬を塗っても効き目がなくなるのでアトピーが治らない

といった悪循環におちいります

これがステロイドを塗っても痒みがおさまらない、治らない原因です。

もちろん緊急避難的にステロイドを塗るしかない場合もあります。

しかしそれと「これからもステロイドを塗り続ける」は別の問題だと思いませんか?

ここまで読まれたあなたは「ステロイドを塗ることが根本的解決になるかどうか?」一度、考え直すべきでしょう

かつて、26歳の時にアトピーで入院。退院してからステロイドを10年も顔に塗り続けている男性のご相談に乗りました。

炎症がでるたびにステロイドを塗る。これを10年も繰り返してこられました。

ステロイドを塗りたくないけど、塗っても炎症が出る肌を見てはステロイドを塗る。

ステロイドが手放せなくなってしまったそうです。

免疫抑制剤であるステロイドは炎症を鎮静化して抑制する絶大な効果があります。

しかし、一方で、薬である以上、副作用もあるのです。

ですから予め連続してステロイドを塗ることを禁止する規定(連用使用の禁止)があるわけです。

ですから何十年もステロイドを塗っているのなら見直すべきではないでしょうか?

ちなみに私は薬を一切使わないで、最後はアトピーを完治できました。

ですが、私は薬を否定はしません。しかし、

ステロイドを塗り続けていってもいいのか?と考え直すことは大切だと思います

脱ステロイドをすればアトピーが治るのは勘違い

ステロイド使用を急にやめるとリバウンドが起きます。

薬で抑えられていた皮膚炎が悪化するからです。

脱ステロイドをすればアトピーが治るというのは勘違いです。なお脱保湿もこれはかゆみを激しくさせるだけですからお薦めできません。

下の写真はアトピーで苦しんでいたころの私です。

アトピーのおでこ

私は中学1年生からアトピーが悪化。以来、約25年以上はずっとアトピーに苦しみました。途中で3回の激悪化を経験。

しかし今ではこんなにきれいになりました。

アトピーが治った後の写真

ステロイドを塗っても治らず保湿を一切やらない療法を試しましたが辛さが増えただけでした。

ではどうやって治ったか? それがアトピーへの認識を新たにしたからです。考え直したのです。

アトピーを治すならば医師任せ薬任せ「だけ」では難しいですから。

ではどうすべきか?

まずは、アトピーの原因と克服のメカニズムのページを読んでアトピーへの認識を新たにする行動を起こしてください。

文責/ NPO法人日本成人病予防協会会員 健康管理士 渡辺勲