ブランディングイメージ

アトピーが胸に発症している原因と改善方法を解説

胸の痒みは辛いですよね。乳房(バスト)の谷間つまり「みぞおち」のしつこい痒みがたまりません。

あの胸や谷間のわきあがる痒みには原因があります。

それは、おもに2つあります。「特定の食品の過剰摂取」と「免疫」です。

鍼灸師から学んだ東洋医学を根拠にすると、胸の谷間には免疫に関わる胸腺があります。ちなみにアトピーは免疫が関与する病気です。

では、さらに深く対策を学び改善していきましょう。

ページの最後にはステロイドや漢方薬治療についても解説しています。

胸のアトピーは食品の過剰摂取

皮膚の症状(色や艶)を見れば、どんな食べ物の食べ過ぎかなどがわかります。

それは望診法理論で説明できるのですが、では胸のアトピーはどうなのでしょうか?

下のイラストの解説図を見てください。
胸のアトピーの原因
食べ物は過剰に摂取すると身体に悪さをします。つまり毒素として肌に排泄されるのです。

胸には脂肪を含んだタンパク質・甘いお菓子・スパイスの食べ過ぎの弊害があらわれます。

では、詳しく解説していきましょう。

胸アトピーの原因のひとつ! 動物性タンパク質による活性酸素の弊害に注意する

まず、胸が痒く炎症しアトピーが発症している方は動物性食品の食べ過ぎが考えられます(上の解説図を参照)。

「酸化した動物性脂肪」の毒素がアトピーとして発症しているのです。

脂肪が酸化すると過酸化脂質という活性酸素になります。活性酸素は万病の元といわれています。

人の身体はタンパク質でできています。そこへ異質のタンパク質である肉類をたくさん食べると免疫が過剰に反応します。

そして、活性酸素を使ってタンパク質を攻撃するのです。

この活性酸素はやがて体内でビタミンなどで消去されますが、動物性タンパク質を食べ過ぎると余計に体内で活性酸素が発生しやすくなるのです。

その活性酸素は脂肪を酸化させます。

つまり、肉食過多によって摂取した脂肪が酸化したものが胸に炎症や痒みとして胸の皮膚にあらわれるのです。

スイーツやジュースの食べ過ぎを控える

ドーナツにバツのマーク砂糖の摂り過ぎや香辛料(スパイス)を食べ過ぎてませんか?

砂糖を多く含んだお菓子やケーキはひかえましょう。

胸にアトピーが出たら動物性脂肪ばかりでなく、甘い食べ物、香辛料を食べ過ぎなかったかをチェックしてください。

ケーキやアイスクリームなどは脂肪分をたっぷり含みますので要注意です。

そもそも、胸から上、首にかけてアトピーの場合もジュースなどの甘い飲み物や果物も原因と考えられます。

胸から上の体の上部に痒みや炎症があるのは砂糖の摂り過ぎが原因です。

砂糖は熱を持っていますので肌の炎症や「熱がこもる・ほてる」の元なのです。

果物は健康に良いイメージがあるでしょうが間違いです。果物の果糖の摂り過ぎは控えめに。

スムージーが最近流行ですが、それより自然のままの果物を食べて食物繊維を一緒に摂取した方が健康的です。

糖質は白砂糖ではなく白米で摂取すること

砂糖といった炭水化物は白砂糖で摂取しないこと。白米など穀物で摂取しましょう。

白砂糖とお米は同じ糖類でも分子の粒が違います。白砂糖は分子が小さく腹持ちが悪くて過食の原因になります。また精製した食品は健康に良くありません。糖質とるなら砂糖ではなくできるだけ白米の割合を増やしましょう。

胸の痒みと炎症!食品の過剰摂取は食毒=毒素に注意

食べ物についての注意点を述べてきましたが、ここでいったんまとめましょう。

食品を過剰に摂取すれば身体の中で食毒という毒素になります。これが身体に悪影響を与えます。

胸のアトピーでは、食毒でもとりわけ動物性食品・香辛料と白砂糖に注意すべきなのです。

通常、食毒は小便や大便、毛髪や爪、汗などで排泄されます。女性の場合は月経でも排毒されます。

しかし、ここ問題があります。

毒素の排毒を担当する肝臓や腎臓が正常に機能していない場合、皮膚からも毒素が排泄されます。

これがアトピーといった皮膚疾患という症状になります。まずは普段の食事について留意していきましょう。

乳房の谷間の痒みは免疫が関与

胸のみぞおち、女性でいうと乳房(バスト)の谷間には免疫を司る胸腺があります。

アトピーは免疫に関わる病気ですので胸腺がある胸の谷間が痒くなるのはそのためです。

先ほど活性酸素が原因のひとつといいましたよね?

活性酸素のタイプのひとつに過酸化脂質がありあmす。

肉(タンパク質)を食べ過ぎると脂質が酸化して、過酸化脂質とよばれる活性酸素が発生するわけです。

このプロセスに敏感に反応するのが身体の免疫機構なのです。

免疫機構とは「身体を構成するタンパク質と異質なタンパク質を攻撃、排除する」これが簡単な説明です。

この攻撃の際、活性酸素を使って攻撃するのです。

よって、「肉食の過剰」→「免疫の過剰反応・暴走」→「活性酸素の発生」→「胸のアトピー性皮膚炎の悪化に至る」.....その仕組みを理解してください。

また胸のあたりは肺があります。肺に熱がこもっている場合、胸やバスト、乳房も痒くなります。

そもそも掻く行為とはこもった熱を取る、緩和する自然の摂理なのです。

このあたりは西洋医学ではカバーできない話ですよね。

たとえば、中医学では「夏場に肺にこもった熱を秋に運動会やピクニックをすることで発散し肺の熱を放出させる」ことがすすめられます。

健康につながる知恵は昔からのイベントに生きているのです。

アトピーだからといって運動を避けるべきではありません。軽い運動はむしろ健康に良いのです。

身体を洗うボディーソープに気をつける

バスソープに含まれる化学物質はタンパク質の変成作用があります。

つまり、皮膚を荒らして炎症を起こさせます。

胸に金属のアクセサリーをやめた人もいるでしょう。金属アレルギーとは金属は肌にふれて、皮膚の性質を変容させることで起きます。

これと同様に身体を洗浄するバスソープ含有の化学物質も肌を変容させ炎症を起こさせることもあるのです。

ですから、商品の成分表示に「硫酸」「酢酸」「香料」「パラベン」「安息香酸」「PG]「BG」といった言葉が記載されている商品で洗浄をするのは避けたいものです。

石けんもアルカリ性ですから乾燥肌をすすめるので、ゴシゴシと痒い胸を洗うことも控えましょう。

以上のべたことを「避ける」「やめる」ことが改善への一歩です。

さらにスキンケアによる保湿は大事、しかし、それらについても用品に使われている成分に気をつけたいです。このことについてはアトピーに有効な保湿のやり方をご覧ください。

では薬物治療はどう考えればいいでしょうか?

胸のアトピーにステロイドや漢方薬治療は効果あったか?

過去の私の写真です。アトピーは中学1年生から発症し36歳まで写真のようなアトピーでした。

特に上半身がひどかったです。

アトピーの時の写真

胸にもステロイドを塗りましたが、まったく炎症は消えませんでした。

ステロイドは免疫抑制剤です。炎症の原因を免疫に求めて、それを抑制する役割があります。

ですから炎症を消すにはとても効果があります。

しかしながら、連用使用することで効果よりも副作用の方が大きくなります。

長い期間、連続して使用することについて、私たち患者は医師からあまり聞かされないと思います。

ステロイドの注意書きには「連用使用は避けること」(連続して使ってはいけない)と記載されているのはご存知でしょうか?

日本皮膚科学会「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン(2016年版)」129ページにおいてもステロイドの副作用について以下の通り記述されています。

局所的副作用については、皮膚萎縮、毛細血管拡張、ステロイドざ瘡、ステロイド潮紅、多毛、皮膚萎縮線条、細菌・真菌・ウイルス性皮膚感染症の悪化などが時に生じるが、皮膚萎縮線条を除いて多くは中止あるいは適切な処置により軽快する。

引用元日本皮膚科学会「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン(2016年版)」129ページ

「皮膚萎縮」とは皮膚が薄くなることを指します。また感染症の懸念についても指摘されています。

ですから、使用に当たっては塗り方・量・回数に気をつけてください。

また、私は漢方薬を10年も飲んでいたのですが、長く服用することで身体の肌は黒く赤くなってしまいました。

煎じ薬を処方してくれていた漢方医からの説明でも、色素沈着のおそれがあるといわれていました。

結果、すっかり全身の肌が黒くなりました。そして、漢方でも治りませんでした。

漢方も副作用があります。要はクスリ「だけ」では皮膚炎は治すことができないのでしょう。

クスリを否定はしませんが、薬物治療の一方で根本的な対策をする必要があります。

ステロイド・漢方薬とアトピーの関係について詳しく知りたい方はこちら......、

アトピーはステロイドの長期塗布で悪化する

アトピー漢方名医の治療実態をお読みください。

そろそろ、治ってから10年になりますが再発もありません。

食事制限もサプリメントでコントロールしているわけではありません。

ここまで綺麗になりました。

左側が顔にアトピーがあった当時、右側が治った後の写真

食事改善を中心にした改善対策をお伝えしてきました。

しかし食事改善は最低限やるべきことであって、食事の除去だけではアトピーを治すことは難しいことを覚えてください。

お菓子やスイーツ、ジュースを食べるのを控えても治るとは限らない・・・これがアトピーの実相なのです。

胸の痒みは辛いです。仕事にも集中できません。ステロイドも一時は効果あるでしょうが副作用があるので停止するタイミングが難しいのです。

ですので、「あなたがあなたを癒すべき」そのために今から根本的なアトピーを改善するための学びを始めましょう。

まずは、私が過去に執筆したページ、

アトピーの原因と完治のメカニズムを読んでください。

あなたが知らないアトピーの実相。あなたがなぜアトピーなのか? その意味を知らなければアトピーはすっきり完治しませんよ。

文責/非営利活動法人 日本成人病予防協会会員 健康管理士 ・望診法指導士 渡辺勲(ワタナベ勲)