ブランディングイメージ

アトピーの原因は2つある

あなたが知る原因・知らない原因

私は2005年から10年近く、アトピーを患う方のお悩みをお伺いし、助言する「無料電話相談」を実施してきました。*現在は実施していません。

多い日で、4~5回くらいの相談のお電話をお受けしていました。

平日の午前中は主婦の方、夕方になると、中学・高校生の方のお電話が多かったです。

子どもたちは遠慮しながらも重苦しい気持ちを吐露されました。

その声を聞きながら私までも心が締め付けられる思いを致しました。

なぜならば、きまって「親に対して申し訳ない」といわれるからです。

「アトピーが身体に広がっているのを親に隠している。自分のアトピーのことで親に迷惑をかけたくない」

切ない想いに満ちた声が今でも耳に残っています。

ウイークエンドになっても相談の電話はやみませんでした。

朝9時きっかりになると私の携帯が鳴りました。お仕事がお休みの大人の方からの相談が始まるのです。

みなさんご自身のお名前もそこそこに、一気に心の鬱積を私に吐き出されました。

そして、私の携帯電話は夜になっても鳴りやみませんでした。

深夜に無言の電話もありました。私がでる度に電話を切られるのです。

そして、痒みがおさまったのでしょう。携帯のバイブレーションが静かになり、やっと私も眠ることができました。

また、電話にでるといきなり「早く治し方教えろや!」と怒鳴りつけられる方もおられました。

怒ることで私とつながりたいのでしょう。人は「つながる」ためには怒りすらも使いますから。

怒りをぶつけてこられる方は珍しくなくて、それでも私は話を聴いていました。

今思えば、私は身を削ってご相談に応じてきましたようです。

質問にお答えすると「では、この場合はどうなるのですか?」と質問は際限なくて、2時間話し込むことは毎日でした。

この無料の相談を8年間、続けてきましたが、私自身の生活がしづらくなりました。

ですので、10年近く運営してきました無料の電話相談は現在、お休みさせて頂いております。

さて、

先ほど、2時間も話し込んでしまうとありました。それには理由があるのです。

相談者の方の「質問A」に答えましても「では質問Aの2はどうなるのですか?」と聞かれるのです。

それに答えますと「じゃあ質問Aの3は?」となるのです。

質問に延々に答えることで、相談が長時間に至ったわけです。

では、ご質問に延々に回答しましても、アトピーがすっきり治るのか?

いいえ。

そうではないでしょう。

なぜならば、同じ地点で堂々巡りしてしまうからです。

悩みが深くなればなるほど、本人が気づいている気づいていないに関わらず、人はその悩みに同一化しているものです。

寝ても覚めてもずっとアトピーのことを考えてしまう方も多いでしょう(私もそうでした)。

どうしても冷静になれませんし、焦燥を感じてしまいがちになります。

なので、どうしても「今、直面している悩みをどうにかしたい」といった対処的な解決法を求めがちになります。

食事に気をつけたり、スキンケアをしっかりやるのは大事なことです。でも、「これらの対策をやってもなぜ治らないの? なぜなの?」と、悩みの塊が頭に居座っているのを感じておられることでしょう。

今、感じている辛さだけに向き合うのは、先ほど述べました通り、同じ地点で堂々巡りに終始してしまう。そして、変り映えしない、治る兆しがないままに年月が過ぎてしまうことになりかねません。

そうはいっても、どのような商品を使えば治るのか? といった具体的な対処を知るのは当然であって、それがないと治らないのではないか? と思われた方もおられるでしょう。

しかし、そうも簡単にいかないのがアトピーなのです。

なぜならば、表面的な原因とは違ったまた別の側面があるから。その側面とは悩みと同化して悩みの渦中にいてはなかなか気づけないものなのです。

アトピーの原因は大別して2つある

アトピーになった時、食事に気をつけていなかったかも知れません。疲れが恒常化し睡眠不足だったかも知れません。

だからといって、生活習慣を整えたり、高級なスキンケアやサプリメントを飲んだからといって治るとは限らない。多くの方が解決できないでいる。

確かに生活習慣の乱れがアトピーの引き金を引いたかも知れない。しかし「アトピーの発症をもたらした原因」とは別に「アトピーを引き起こしている背景を延命させている原因」があること、この2つの原因を分けて考えないとあなたの混乱......何をしても治らない......が恒常化するでしょう。

気をつけたいのが、アトピーの原因を「自分なりに分析して」それだけを排除したり、対処しようとすることです。

なぜならば、悩みの渦中にいると、どうしても表面的にしか見ることができないからです。

これが、無料相談に応じている中で私が気づいたことです。

じゃあ、どうすればいいの?

ここまで読んまれて、このように思われたことでしょう。

まずは、冷静になることです。

悩みに振り回されているからこそ、まずは落ち着いて冷静になる必要があります。

焦っていると、どうしても「白か黒か」「全てかゼロか」といった極端なことを考えがちです。

しかし、その2つの間に複数の選択肢があることに冷静になれば気づけるはずです。

そして、自己流でアトピーを治そうとするのは、一番いけないことなのです。

自己流とは盲点が生まれやすく躓きも多くなりがちです。

過去の体験に基づいて「◎◎をすればアトピーが治る」「〇〇では治らない」と信じるのは、日々、過去を繰り越すことになります。

これでは、今日は昨日であり、明日も昨日であり、明後日も昨日のままになります。変り映えのしない日々を招来しかねません。

私のように青春を棒に振りかねません(30歳を過ぎても病院通いでした)。

あなたはそうであってはならない。

気をつけたい「アトピーの原因追及」

10年以上、電話相談(メールもありました)に応じていましたから、様々な方とお話をしました。

アトピーの原因に寄せて思い出されるのが、

ひとつづつ、アトピーの原因を洗い出していく......そんな作業を本気でする方が多いこと。

人というのは探求心を満たすことに悦びを感じるものです。

考えて考えて仮説を立てて試してみて、それが現実になった時に感じる充実はたまらないものがあります。

かような体験を得ようとされている方は、あなたのご友人、知人にもいるでしょう。

これは人生に愉しみをもたらす一方で、抜けられない場合もあるのです。

考えて考えて実践すること自体が目的化してしまえば、本来、手にしたい願望からずれていくことになります。

そして、人生の時間は有限です。

考えてばかりもいられない。

ですから、考えることが好き、あるいはついつい考えてしまいがちなのは分かりますが、やはり、ほどほどになされた方がいかがかと思います。

5年も10年もステロイドや漢方薬を飲んでいても、

サプリメントを飲んだり食事改善をしていてもアトピーが治らないなら、

アトピーの原因について深く知ることが必要です。

まるで洗濯機の渦の中でグルグル回っているかのように、悩みの渦の只中にいては気づけないことがあります。

どうか質の高い学びの中でアトピーの本質を掴まれて新たな人生を手に入れてください。

新たな学びを始めたい方のために必読記事があります。

必読記事⇒アトピーを治した人から学ぶ克服の方法

ぜひ読まれてみてください。

NPO法人日本成人病予防協会会員 渡辺勲