ブランディングイメージ

アトピーが顔に出ている人へ

左側が顔にアトピーがあった当時、右側が治った後の写真

左側が顔などにアトピーが発症している患者だったときの私。右側が治った後の写真です。

「アトピーが顔だけにでているのはなぜ?」

「顔の赤みがなかなか引かない」

そう悩まれて、鏡にうつる様子を見て悩んでおられますか?

でしたら、顔特有の原因を知って、対処していきましょう。

つまり、

顔のアトピー」と「他の部位に発症するアトピー」とは原因が違うのです

では、なにが違うのでしょうか? 食養生を根拠に説明します。

ひとつは、食品の問題高カロリー食の結果、油脂が浮き上がり顔が火照るからです。砂糖は赤みと痒みの原因です。

2つめは脳の排毒による原因

当然、脳も臓器ですから排毒をします。これがオーバーフローになれば額(おでこ)や前髪の生え際などが赤く乾燥し、痒くなります。

ここが顔特有の原因であって、他の部位にはないものです。

私は写真のように20年以上、顔の赤みや、黒い色素沈着、しつこい痒み、おでこの深いシワに悩みました。掻き傷から浸出液もでました。

隠せないところだけに辛かったです。ですが、今では白い肌になっています。

これから具体的に原因と対処方法を説明しますので、希望を失わず適切な対策をしていきましょう。

アトピーが顔に出ている原因と対処法について

ドーナツにバツのマークアトピー性皮膚炎が一番治りにくい部位が首から上です。

ではなぜ、治りにくいのか?

そもそも、顔の赤みや炎症、痒みを引き起こす要因とはなにか?

東洋医学と食養生理論を根拠に具体的にわかりやすく解説します。

まず、食べ物と皮膚の関係についてお伝えします。

どんな食べ物が顔の炎症や痒みをもたらすか?

まず、あなたは高カロリーで「油脂や脂質」を多く含む食べ物をよく食べてませんか?

また、「砂糖」をたっぷり含んだお菓子やジュースが好きではありませんか?

これらの食品をよく食べる人の場合、顔はもちろん首から上に症状が現れます。

それはなぜか? について、まず「油脂・脂質」から述べましょう。

油は水に浮かびますよね。食事に含まれた油が身体の上へ、上へとあがっていった結果、顔に炎症が出ることになります。

アトピー性皮膚炎とは皮膚の炎症が主な症状ですよね。

つまり、炎症ですから燃えているわけです。燃えるには燃料が必要です。それが摂取された油脂なのです。

上昇する性質を持つ油脂は顔に炎症をもたらします。

よって、油脂が顔のアトピーの原因のひとつといえるのです。

では、砂糖についてですが、砂糖は熱を与えれば赤く焦げますよね?

砂糖の食べ過ぎは顔の赤みや炎症の原因です。

砂糖は肌に赤みをもたらすと食養生の理論ではそういえるのです。

油脂・脂質・砂糖を要因とする皮膚炎はしつこいものでして、ゆえに首から上は治りにくいといわれるのです。

まとめますと、食事からこれらを含む食品を控える必要があります。

肉類など動物性タンパク質、油脂・脂質を多く含んだフライやから揚げ、スイーツは高カロリーであり熱量が高いです。

これが身体を温めます。たとえばあなたは眉毛が抜けることに悩んでいませんか?

なぜ眉毛が抜けるかといえば、眉毛を抜いてでも「毛穴から熱を放出」しようとする自然の摂理が働いた結果なのです。

では、さらに深く食品と顔の炎症・痒みの関係について解説します。

食品の過剰摂取による食毒による痒みと炎症

前髪など「髪の毛の生え際」あたりが痒くありませんか?

あるいは「おでこ」「眉毛」、耳のあたりの「こみかみ」が痒くないですか?

「前髪の生え際」「おでこ」「眉毛」「こめかみ」

......これらの部位は毒素が排毒される場所です。だから痒くなるのです。

では、毒素とはなんでしょうか? 食養生理論から説明しますと、食品を過剰に摂取すると身体内で毒素(食毒といいます)になるのです。

過剰摂取で気をつけた食品が、先ほどから指摘している油脂であり脂質、砂糖を多く含んだ食べ物です。

食品だけが毒素になるとは限りませんが、まずは、動物性タンパク質や清涼飲料水、お菓子やスイーツの食べ過ぎに気をつけましょう。

特に砂糖は肝臓で解毒されると蟻酸という成分に分解されます。

この蟻酸は痒みを引き起こす成分なのです。

蟻や蚊にかまれたら痒くなりますよね? それはこの蟻酸のせいなのです。

以上、アトピーが顔に出ている場合の食事における対処法でした。

しかし、お菓子を肉をやめるなど、食事改善をしたからといって劇的にアトピーが治るとはいえないのです。

ただし、食事を見直し、改善をはかるのは必要最低限のこと。決定的な決め手にはなりません。

次にお話するように食品だけが原因ではないからです。

顔の赤みとしつこい痒み! 脳からの排毒も原因が

脳が疲れている

脳も臓器です。当然、排毒します。

顔のとりわけ「おでこ」や前髪の生え際、「こめかみ」のあたりなどは脳が排毒する箇所なのです。

解毒排毒が適切に身体内で行われていれば問題は起きません。

しかし、解毒排毒が適切に行われない場合、毒素は身体内に停滞します。よって、臓器に危機がおよびます。

これではいけませんので、応急的に自然の摂理として器質的に弱い皮膚に毒素を排泄しようとします。

これが東洋医学からみた皮膚疾患の原因なのですが、

脳は頭蓋骨のすきまを通じて外に毒素を排泄しようとします。

脳をおおう頭蓋骨は何枚かの骨によって形成されています。

骨と骨の間にすきまがあります。

その頭蓋骨のすきまを通じて脳が排毒を行っているのです。

そのすきまにあたる「おでこ」や「前髪の生え際」「こめかみ」から毒素が排泄されるので、しつこく痒くなったり、赤く乾燥してフケがでたりします。

「なぜ顔だけアトピーがでるの!」と思い悩んでおられるのでしたら、ここに原因があるのです。

日々、アトピーの方にお会いして相談に応じていますが、

仕事や人間関係でクヨクヨ思い悩んだり取り越し苦労する方が多いです。

あなたもそうではないですか?

であれば、たまには何も考えない「ぼ~」とした時間をつくってください。

さて、炎症が恥ずかしからと、また顔の赤みを消したいあまりに、ステロイドを長く塗り続けていませんか?

次から解説する事実を知る必要があります。

顔にステロイドを塗り続けるリスク

ステロイドとそれが入った容器顔が炎症で赤いと、辛いですよね。他人の目線が気になります。

だから、多くの方がステロイドを塗って、白い肌になろうとされています。

「恥ずかしいから隠したい」そんな気持ちになるのも仕方がありません。

確かにステロイドは「一時的」な炎症鎮静効果があります。しかし、根本的に治癒をもたらすことはなく対処的なのです。

むしろ、連用使用することで効果よりも副作用の方が大きくなります。

よって、ステロイドの注意書きには「連用使用は避けること」(連続して使ってはいけない)と記載されているのです。

日本皮膚科学会「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン(2016年版)」129ページにおいてもステロイドの副作用について以下の通り記述されています。

局所的副作用については、皮膚萎縮、毛細血管拡張、ステロイドざ瘡、ステロイド潮紅、多毛、皮膚萎縮線条、細菌・真菌・ウイルス性皮膚感染症の悪化などが時に生じるが、皮膚萎縮線条を除いて多くは中止あるいは適切な処置により軽快する。

引用元日本皮膚科学会「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン(2016年版)」129ページ

ここに書かれている「皮膚萎縮」とは皮膚が薄くなることを指します。

これは後でふれますので覚えておいてください。

また「ステロイドざ瘡」とは、ニキビのことです。

薬とは効果もありますが副作用も必ずあります。むしろ副作用がないと効果もありません。

ですから、ステロイドに「依存的」になってはいけません。

よく、「ステロイドをお守りのように持っています」など、塗らないと不安になる方がおられます。

ですが、薬効よりも副作用が大きくなる連用使用に気をつけてください。

ステロイドはやがて効かなくなる

長く塗り続けることの問題点は副作用だけではありません。

ステロイドは長期間、塗り続けると効果がなくなるのです。

「最近、塗っても治らない」と、あなたもそう実感しているかも知れませんね。

それはなぜでしょうか?

皮膚にはステロイドの薬効を受け止める受容体(レセプター)があります。

しかし長期間、塗り続けると受容体が消滅するのです。

よって、薬効も低減します。だから「顔に塗ってもだんだん効かなくなってきた」と嘆く方が多いのです。

そして、引用した「診療ガイドライン」で指摘されていたステロイドの副作用のひとつに「皮膚萎縮」がありました。すなわち長く連続して使用することで「皮膚が薄くなる(皮薄化)」といった副作用が生じます。

とりわけ顔など皮膚が薄い部位にこういった作用がみられます。

さて、皮膚の一番外側の表皮部分が薄くなるのですが、そこはバリア機能を担当しています。

バリア機能が低下すれば「細菌感染をゆるしてしまう」「水分を保持する力が弱くなる」恐れがあります。

引用した診療ガイドラインにも「細菌・真菌・ウイルス性皮膚感染症の悪化」と指摘されていました。

そして、バリア機能が低下すれば水分蒸発が激しくなります。

結果、乾燥肌になります。乾燥は痒みの原因です。

乾燥肌になれば「痒みを感知する神経線維」が表皮に向かって伸びやすくなります。

皮膚が乾燥すると表皮にあるケラチノサイトという細胞から出る神経成長因子(NGF)が増えてしまうので、神経線維が表皮まで伸びるのです。

アトピーの皮膚の状態

健康な肌の場合、痒みをつたえる神経線維は表皮と真皮の境界線までしか伸びていない。だが乾燥肌になると表皮の角層直下まで伸びてしまう。顔は皮膚が薄いです。乾燥肌になりやすいので、潤いを保つことは大事です。

 

神経線維が表皮まで伸びると、外部環境(ハウスダスト・ダニ・細菌)からの刺激に過敏に反応してしまいます。

だから、さらに痒みを感じて掻き破ってしまう。炎症も悪化します。

ですから、テロイドの長期使用による皮が薄くなる⇒乾燥肌には十分、気をつけてください。

肌の乾燥を防ぐためにスキンケアによる保湿は大事です。が、ここにも留意点があります。

まずは顔を洗う際の注意点を知っておいてください。

洗顔に石鹸を使うと乾燥肌になり痒みが悪化する

石鹸にバツのマーク石鹸には優しい、安全なイメージがあります。

しかし、アトピーの肌に石鹸はふさわしくありません。

リトマス試験紙で実験すればわかりますが、石鹸はアルカリ性です。これが肌に良くないのです。

洗顔の際に石鹸を使っていたら要注意です。

アルカリ性の石鹸は肌の皮脂を奪うからです。

健康な肌は弱酸性に保たれています。だから、細菌やブドウ球菌の繁殖を抑えることができるのです。また水分蒸発を防いでいるのも、弱酸性の皮脂のお陰です。

しかし、アルカリ性の石鹸を使用すると、肌がアルカリ性に傾きます。

通常、肌がアルカリ性になっても、時間の経過で弱酸性に戻ります。

ですが、肌トラブルがある場合、回復機能が低下しているので、細菌やブドウ球菌の繁殖を許したり、乾燥肌になりがちです。

よって、肌の乾燥がひどい場合、石鹸の使用は避けた方が無難です。

乾燥が激しくなると痒みもひどくなり掻き傷が増えてしまいます。

ちなみに石鹸は固形タイプ・液体タイプがありますが、成分表示に「石鹸素地」「脂肪酸ナトリウム」と書かれていたら、それは石鹸に変わりはありません。

「ならば、弱酸性のビオレUな大丈夫かな」と、思いましたか?

その考えは短絡的です。商品を購入する際は、必ず成分表示を見て肌にとっての有害成分をチェックすること。

では、どのような成分が肌に良くないのか? 解説していきます。

顔は肌が薄いので、特にスキンケア用品に含まれる化学物質に注意を

スキンケア用品を使って保湿をすることは大事です。乾燥は痒みの大敵ですから。

しかし、そのスキンケア用品に含まれる化学物質が皮膚の炎症を促進する恐れがあります。

次にあげる化学物質がとりわけ皮膚のタンパク質変性作用があり気をつけるべきです。

タンパク質変性作用とは、例にあげると金属アレルギーがそうです。

ネックレスなど金属が肌にふれ続けると、肌が赤くなる場合があります。

それは、金属の成分が溶けることで肌が火傷するからなのですが、これはタンパク質が変性されて起きるものです。

同様に化粧水やクリームなどのスキンケア用品、化粧品に含まれる化学物質によっても起きる。

これが炎症の一因でもあります。

さらに問題なのが、顔の皮膚は他の部位にくらべて皮膚が薄いことです。

つまり、顔の皮膚は経皮吸収性が高く、化学物質を皮膚の深部まで浸透させてしまいます。

角層(肌の一番外側)の数が「手の平や足の裏で100層以上」もあるのに対して、顔面は10層以下しかありません。

それだけ顔面は肌が薄くて、化学物質を吸収しやすいのです。

それは化学物質であるステロイドも同様です。

ある透過性試験によると顔の額は腕よりも6倍も吸収性が高かったのです。

なお、角層には天然保湿因子(MMF)と呼ばれる保湿を担う部分があります。

よって、角層が化学物質によって繰り返し、毎日、ふれてしまえば乾燥肌を促進して、炎症も治りにくくなります。

では、気をつけたい化学物質を以下にあげます。

化粧水やクリームといったスキンケア用品の成分表示に以下の言葉があれば使用を控えた方がいいでしょう。

アレルギーを引き起こす指定成分は避ける

(旧)薬事法(現、薬機法)では過去にアレルギーを引き起こした化学物質を102種類指定しています。

これを指定成分といいますが、102種類も知る必要はありませんので、以下の言葉が成分表示にあれば避けるようにしましょう。

「硫酸」「スルホン酸」 「安息香酸」 「フェノキシエタノール」 「PG」「BG」「パラベン」

顔の洗顔フォームやバスソープ、女性の場合、ファンデーションやマスカラ、アイシャドウ、口紅といった化粧品にも同様に成分表示を確認してください。

硫酸系界面活性剤スルホン酸系界面活性剤は、洗浄力が強く汚れだけでなく皮脂も落としすぎます。

よって、肌のバリア機能を破壊し乾燥肌をもたらす恐れがあります。これが痒みを起こし、掻き壊しをまねくといった悪循環をもたらします。

PG」「BGは保湿成分として使用されています。PGとはプロピレングリコール、BGとはブチレングリコールと表示されます。

安息香酸」「パラベンは防腐剤です。パラベンは何種類もあってメチルパラベンがよく商品に使用されます。

「パラベンフリー商品」に使われるのが防腐剤フェノキシエタノールです。

パラベン不使用といいながら防腐剤であるフェノキシエタノールが使われています。

フェノキシエタノールは指定成分ではありませんが気をつけたい成分です。

「無添加」「オーガニック」は安全とはいえない

無添加の化粧水や保湿クリームなら安全か? といえばそうもいえません。

なぜならば、無添加といっても化学物質が含まれているからです。

無添加とは薬機法(旧薬事法)が指定する102種類のアレルギーを起こす恐れのある化学物質を、たんに入れていないだけのことなのです。

当然ながら、102種類以外にも化学物質は存在します。

無添加商品には化学物質は含まれていることになります。

ちなみに、ヨーロッパ(EU)では5000種類、アメリカでは800種類の有害化学物質が法律で指定されています。

日本は基準が甘く102種類しか指定されていません。

よって、諸外国で使用を禁止している化学物質が「無添加スキンケア商品や化粧品」に含まれているのです。

なお、オーガニックには安全なイメージがありますが、それには明確な根拠はありません。

化粧品は厚生労働省所轄の法律によって規制を受けています。

しかし、法律にはオーガニックの定義が書かれていません。

つまり、企業が自前で「これはオーガニック商品です」と主張しているだけなのです。オーガニックにも化学物質が含まれている恐れがあります。

スキンケア用品にこだわるのもほどほどに

今まで見てきたように、この国では完璧に化学物質を避けることはできません。

さらにいえば、化学物質が含まれていないスキンケア用品を使ったとしても、アトピーが治らない人はとても多いのです。

また、アトピーに良くないものを過敏に神経質になって避けることは、心労に負荷がかかります。

あるいは、スキンケアを探し求めて、ずっと深夜にスマホの画面とにらめっこしているとか。

これがよくありません。ですから、あまり気にし過ぎないようにしてください。

現在、使用しているスキンケア用品で悪化したり、ピリピリしたりしていなければ、別の商品を買う必要はないでしょう。

まとめますと、スキンケア用品にこだわるのもほどほどに。

スキンケアは大事ですが、スキンケアだけで治らないからです。

「どうしよう!」焦る気持ちはわかりますが、まず冷静になって学びましょう

一番、目立つところに症状がでると「早く! 治したい!」と焦ってしまうものです。

そのお気持ちはよくわかります。しかし焦りは禁物です。

焦って「手っ取り早くなんとかしたい!」そんな方ほど苦労しています。

無計画にステロイドを塗ったり、あるいは突然、脱ステロイドをやってしまってリバウンドで苦しむ患者さんもおられます。

また、あれこれ良いと聞いたものはやってみて、でも失敗。失意と落胆の中でさらに焦ってしまう......。そんな悪循環の方も多いです。

食事改善をしても、化粧品やスキンケア用品を変えても炎症が引かないのがアトピーの特徴です。

つまり「その場しのぎ」「手当たり次第」の対策ではすっきり完治しません。

まずは落ち着きましょう。そして、「その場しのぎ」の対策ではなくて、あなたは体系的にアトピーの本質について学ぶべきです。

手当たり次第にアレコレ試すのが一番、良くありませんから!

ですが、「恥ずかしいからマスクが手放せない」など、精神的に追い詰められている方もいるでしょう。

そのような人にはいえない心情克服していかないといけません。

では、どうすればいいでしょうか?

私も25年以上、悩み抜きました。食事改善をしても治りませんでした。漢方治療も10年も受診しましたが効果なかったのです。

しかし、最後はステロイドも塗らないで綺麗に治したのです。

私はサプリメントや化粧品のスキンケアも使っていません。そういったものは治る決め手にはなりませんから。

写真の通り、私は人生で3度の激悪化を経験しました。常に顔にアトピーが発症しました。

アトピーの時の写真

アトピーの横顔しかし、今ではこんなに綺麗にすっきり完治できました。再発もなくて普通の人と同じ生活をしています

スキンケアもサプリも飲んでいません。なのに潤いのある顔です。

笑顔

アトピーがひどかった頃、私は笑うことができませんでした。

笑うと顔の傷が痛みだすからです。でも今では自然と笑顔になれます。

アトピーを完治できた者でしか、わからないことがあります。

まず、「治し方」や「商品」を探したり試行錯誤している間は治りません。

まずは本質をつかむこと。これが完治につながります。

では、どう考え、どのように完治させていくべきか?

その具体的な内容は、こちら、

アトピーの原因と完治のメカニズムで順を追って解説していきます。

アトピーの本質について学びましょう。「その場しのぎ」だけではすっきり治りませんよ!

文責/
特定非営利活動法人
日本成人病予防協会会員
健康管理士(資格番号H12701)
ワタナベ勲