ブランディングイメージ

ワセリンをアトピー肌に塗る前に考えてほしいこと

ワセリンは皮膚科にとって最高の保湿剤だそうですが患者の使用感と乖離した認識だと思います。

ワセリンには副作用があるだけではなく保湿するには不十分な基材です。使うべきではないと思います。

ワセリンを惰性に何年も塗っていませんか?

ワセリンの副作用を心配されておられる方が多いですね。アトピー性皮膚炎の治療で当然のように使用されるワセリン。

ワセリンの副作用を考える前に本来のスキンケアについて再考すれば、ワセリンを塗る前にしなければいけないことがわかります。

ワセリンの副作用を考える、その使用の是非を問う前に本当のスキンケアとは何か知るべきなのです。

まずは、スキンケアの順番を知ってください。

スキンケアにはまず乾燥肌に水分を与えて、そしてクリームで皮膚を覆い水分蒸発を防ぎます。

ワセリンしか塗らないというのは水分を与えるステップがないわけです。

美容液や化粧水で水分を与えず、ワセリンで皮膚を覆うから「息苦しい」わけです。

ましてやワセリンは石油からできているので、抜群に水分蒸発を防ぎはしますが、

やはり石油であって、不自然であり、アトピー患者しかわからない「息苦しい」感じはぬぐえません!

ワセリンの副作用を気にする前に、そもそもアトピー乾燥肌に直接ワセリンを塗るのは、間違っているのです。

しかし化粧水・美容液・クリームにはアトピーの炎症を悪化させる化学物質が入っています。

たとえ無添加と容器に書いていても化学物質は使用されています。
騙される前に容器の裏の成分表示を見てください。

成分表示の見方がわからない方や、ワセリンを使用したくない方はこちらの過去書いた記事アトピー完治経験者から学ぶ完治の方法を読んでください。

アトピーの原因と完治のメカニズム

ワセリンを使用せずアトピーを完治する方法です。