本文へスキップ

手のアトピーの原因と対策

辛い手のアトピーに効果的な対策

手のアトピーは辛いですよね!

手の痒みやあかぎれ、湿疹かぶれ、手首が切れるほどの炎症など、手にできたアトピーは辛い上に、治しにくいものです。手首は常に動きますので痛いですし、指先の湿疹や赤切れは仕事の障害です。しかし手にできたアトピー性皮膚炎は原因が明確なだけに治しやすいです。

手のアトピーの原因である日用品の選び方

手に痒みや炎症があるならば、その原因は日用品にあります。

日用品とはハンドソープや石けんなど「手を洗う商品」、ハンドクリームなど「手の保湿のための商品」、食器を洗う「食器洗浄剤」です。

あなたのことですから「肌に優しい」日用品を選んでいることでしょうが、しかし本当の選び方を知らないと手のアトピーは解決しないでしょう。

まず日用品の容器の表側だけを見て判断して購入しないことです。

日用品の容器の表側には美辞麗句しか書いていないからです。

言い換えればメーカー企業のキャッチコピーを購入の決め手にしてはいけないのです。

キャッチコピーは売り込み文句。メリットしか伝えません。デメリットまで知るには容器の裏側にある成分表示を見ることです。

デメリットは当然あります。その証拠に食器を洗う際にゴミ手袋をして洗うのはなぜですか?安全であるならばゴミ手袋はしないでいいはずです。

さらにゴミ手袋で食器を洗っても、その食器の上に食べ物を載せるわけです。なんだか矛盾していますよね。

さて手を洗うもので注意したいのは石けんです。

石けんは決して手に優しくありません。

石けんはアルカリ性です。石けんが石けん素地・脂肪酸ナトリウム・水酸化ナトリウムでできている以上、石けんはアルカリ性です。

いくら職人の手作りであろうが、石けんはアルカリ性ゆえに手を荒らします。

手の皮膚、手だけではなく皮膚は弱酸性です。皮膚からの水分蒸発を防いでいる皮脂膜は弱酸性なのです。

弱酸性は皮膚表面の殺菌の繁殖を防ぐ役割があります。

なのに石けんで洗うと手の皮膚はアルカリ性になります。アルカリ性になってもすぐに弱酸性に戻りますが、手の皮膚の機能が低下しているアトピーの場合、数時間アルカリ性のままになるのです。

よって皮膚表面の細菌の繁殖をゆるしてしまうことに。これが痒みの一因です。

またアルカリ性はタンパク質でできた皮膚を変性させます。いわば皮膚にヤケドを起こさせるのです。

これが皮膚炎や湿疹の原因です。

さらにアルカリ性の石けんは皮脂膜を奪い去ります。よって水分保持ができない皮膚は乾燥するしかありません。

皮膚の乾燥は痒みの原因です。痒いから掻く。掻くことで皮膚が掻破され、これが繰り返されるととても辛くなります。

私は全身のアトピー経験者で完治経験者ですが、手首のアトピーに悩まされました。あれは辛いですね。

上記の悪化の進行は石けんだけではありません。

すべての食器洗い洗浄剤やハンドクリームなどのスキンケア用品、手を洗うバスソープも同様のことが言えます。

これらの商品は石油系の界面活性剤や防腐剤・湿潤剤が使用されています。これら化学物質が皮膚の変成作用を起こすのです。変性作用すなわちヤケドと思ってください。当然、皮脂膜を奪い去るので乾燥肌にもなります。

ネックレスをしたら皮膚が赤くなる金属アレルギーの原因はご存知ですか?

あれはネックレスの金属によって皮膚に変成作用が起きるからです。だから皮膚が赤くただれるのです。

日用品もネックレスと同じです。だから注意すべし!

ご存知ですか?製造過程で化学物質を使ってなければ化学物質不使用って容器に書けるのです。

当社は化学物質不使用「一切使っていません」と言っていても原材料に化学物質は含まれているのですよ。そんなトリックがあるのです。

ですから界面活性剤不使用、防腐剤不使用、香料無添加、防腐剤無添加って書いてあっても安心してはいけません。

界面活性剤不使用であるならば複数の含有成分は混ざらず分離するはずです。しかし分離してないのなら界面活性剤は含まれているのです。

防腐剤不使用ならば腐ります。しかし腐らないのならば、防腐剤は含まれているのです。

つまり不使用であるが「含まれているのです。」

検査機器で計測すれば化学物質は検知されます。

つまり消費者を欺いているのです。嘘をついているのです。

ですので日用品の容器の表にあるキャッチコピーを信じないこと。

あくまでも容器裏の成分表示しか信じてはいけません。この表示だけは嘘がつけないからです。

薬事法に基づきすべての含有成分を表示しないといけないからです。

ではその成分表示ですが知識がないと「何を書いているのかさっぱりわからない」わけです。

皮膚に良い成分も悪い成分もいっしょくたに書いてあるので分かりにくいです。

しかし成分表示の見方が分からないと手のアトピーは治らないと言っても過言です。

では手のアトピーで悩んでおられるあなたへ過去、別のページで紹介した手のアトピー対策に必須の日用品成分表示の見方などを読まれて根本的に手の炎症や皮膚炎、痒みを解決していきましょう。

ちなみに私は手のアトピーどころか全身がアトピーでした。

中学1年生から36歳までこんな状況でした。

アトピーがひどかったときの写真

今ではこんなに元気になっています。

手のアトピーも薬なしで治すことができました。

手のアトピー対策に必須の日用品成分表示の見方