本文へスキップ

脂漏性皮膚炎で注意すべきこと

脂漏性皮膚炎を改善するには

脂漏性皮膚炎は薬に依存してはいけません。脂漏性皮膚炎が顔や、頭皮に発症し、皮がポロポロ剥落してしまう、何をしても、皮膚の皮が、はがれ落ちてゆく。わたしも体験者です。今では完治しましたが、同じ体験者として語れることがあります。

脂漏性皮膚炎の原因

皮脂(トリグリセリド)が、真菌を分解し、皮膚炎を起こすのが原因と考えられています。

また、皮脂の過酸化脂質により皮膚炎に至るとも考えられ、過酸化脂質は活性酸素の一種ですから、皮膚の炎症をもたらすのは当然です。

よって、活性酸素に対抗する抗酸化ビタミンや、ミネラルの摂取が必要です。

皮脂の多さから、皮脂を取ることをやってしまいますが、これがかえって皮脂の過剰分泌を招くので、逆効果なのです。

頭皮の脂漏性皮膚炎はシャンプーを疑え!

脂漏性皮膚炎が頭皮に出た場合、まずはシャンプーを疑ってください。

皮膚の皮脂膜を奪い去り、乾燥を促進させる成分が入っているシャンプーが一般的だからです。

ノンシリコンシャンプーであれ、界面活性剤に硫酸(スルホン酸・酢酸)が使用されたり、防腐剤にパラベンや、ヘノキシエタノール、潤滑剤にBGやPGが使用されていれば、使ってはいけません。また成分表示の見方は、解説します。

頭皮の乾燥、炎症を、毎日のシャンプーがまねいているわけです。

石けんで洗顔、シャンプーすればするほど、真菌が繁殖することに!

また、石けんもよくありません。

石けんは、マイルドで優しいイメージがありますが、違います。

石けん由来のシャンプーやリンス、洗剤がありますが、使ってはいけません。

石けんはアルカリ性であり、弱酸性でなければいけない皮膚を、アルカリ性に傾けさせます。

皮膚の表面は弱酸性なので、雑菌の繁殖を抑えられるのです。

真菌の繁殖を防ぐなら、石けんで顔も、シャンプーもしてはいけません。

健全な皮膚なら、すぐに弱酸性に戻ります。しかし、皮膚炎など、皮膚の機能が不全でしたら、戻らないのです。

また、アルカリ性は皮脂膜を奪い去ります。よって、乾燥が激しくなります。皮脂膜が頭皮の水分を保持しているからです。

つまりは、乾燥が激しくなるので、皮脂の分泌量が多くなり、脂漏性皮膚炎は、治らないのです。

石けんや、石けん由来のシャンプーやリンス、洗剤には「石鹸素地」「水酸化ナトリウム」「水酸化カリウム」といった成分表示が書かれています。いずれにせよ、石けんには変わりません。

スキンケアも脂漏性皮膚炎の悪化要因

スキンケア用品の成分も気にしてほしいです。

シャンプー同様に、皮膚の皮脂膜を奪い去り、乾燥を促進させる成分が入っているスキンケア用品は、脂漏性皮膚炎を悪化させます。

ネット通販サイトのキャッチコピーで判断して、買わないでください。あくまでも成分表示を見て、買うかどうか、判断することです。

決してステロイドを塗ることは、スキンケアではありません。薬は長期間使用してはいけません。ですので、ステロイドを止めることも考えましょう。

そのためには、食事改善が必要です。食べるべきもの、食べてはいけないものを知る必要があります。

単に、肉食は良くないというものではありません。間違った食事改善は、苦しいだけで、継続しません。効果もないのです。

皮膚科やインターネットの知識だけでは、あなたは完治しません。きちんとした学習をするべきです。

成分表示の見方や、食生活の方法、スキンケア用品について、もっと知りたければ、次のページを見てください。

脂漏性皮膚炎で、頭皮のカサブタ、フケに苦しみ、全身のアトピーで苦しんできた私が、健康管理士の立場で、指導しています。

また、おすすめのシャンプーやスキンケア用品は、テキスト「アトピー性皮膚炎改善講座」に書いていますので、ぜひ、読んでください。

日本で一番、ダウンロードされているテキストです。

わたしは、ステロイドも皮膚科も頼らず、脂漏性皮膚炎を完治させました。その方法は科学的なものですので、あなたにも適応されます。皮膚炎は治るのですよ。

では、続きを読み進めてください。

脂漏性皮膚炎で悩んでいる方へ、わたしが完治できた経過を教えます。

(特)日本成人病予防協会 健康管理士アトピー性皮膚炎改善講座

NPO法人日本成人病予防協会認定健康管理士/渡邊勲