ブランディングイメージ

アトピーを体質改善で回復させるには?

腸内環境を整えることがアトピー性皮膚炎の症状改善につながるという研究報告もされていることから、アトピー体質を改善するには腸内環境を整えることは必須でしょう。

そこで期待されるのが乳酸菌を摂取することで善玉菌を増やす対策です。

しかし市販のヨーグルトやサプリメントで乳酸菌を漫然と摂取しても効果は期待ほどでもないのです。

では、腸を整えてアトピー体質を改善していくにはどうすれば良いのでしょうか?

まずは善玉菌を減らさないこと

腸内には100兆個の腸内菌がいます。その種類は1000種類を超えています。

大別すると善玉菌・悪玉菌・日和見菌そして死菌があります。

まず食べ物が腸内で腐敗すると悪玉菌の数が増えていきます。

そして悪玉菌は善玉菌が減ることでも増加します。日和見菌が悪玉菌へ転じるからです。

ですから善玉菌を減らさないことが大事なのです。

腸の酸性かアルカリ性かで善玉菌の数も変動します。

酸性のときは悪玉菌は増えません。善玉菌が酸性を維持する役目を果たしているからです。やはり善玉菌を減らすことは良くないわけです。

善玉菌が減る要素はまだあります。

まず薬品などの抗生物質は善玉菌を殺します。

さらになお、シャンプーやリンス、ボディソープ、スキンケア用品や化粧品に含まれる化学合成の防腐剤は皮膚に浸透して善玉菌を殺します。

良くご覧ください。

肌にふれる日用品の容器の裏に細かい字で成分表示が記載されています。

そこには「パラベン」「フェノキシエタノール」「安息香酸」と書かれていますか?

これら防腐剤は肌のみならず腸内環境にも悪影響があります。

ちなみに、栄養ドリンクやサプリメントにも防腐剤は含有されています(成分表をご確認ください)。

口に入れると善玉菌の減少をまねきます。

アトピー改善のためにやっていることが腸内環境を悪化させかねないのです。

さて、加齢により一部の善玉菌(ビフィブス菌など)が減衰することも分かっています。

ヨーグルトはアトピー改善に役立つのか?

ヨーグルトなど乳製品に含まれる乳酸菌は胃酸に弱く胃で焼かれてしまいます。腸までにとどかないのです。

カゼイ菌は胃酸に強くて腸までとどくと評判です。しかし腸で定着しないのです。

つまりカゼイ菌が含まれるヨーグルトを食べても期待ほどでもないでしょう。

胃酸に耐える菌で言うならば乳酸菌よりも有芽胞(胞子)乳酸菌がおすすめです。

つまり乳酸菌ばかり取るのではなく多種類の菌を摂取するのが良いのです。

酸素に弱い菌もあれば強い菌もあるからです。たとえば死菌があります。

死菌は死んだ菌のことです。だから無益かと言えばそうではなく他の菌に餌となって役立つのです。

死菌は乳酸菌を支援する菌です。死菌のような善玉菌を支援する菌が腸内で少なければ善玉菌の寿命は短くなります。

つまり死菌も合わせて摂らないと乳酸菌だけ飲んだり食べたりしても効果ありません。

市販のヨーグルトは摂れる菌はわずかの種類しかありません。ましてや死菌にまで配慮していません。

ですから、市販のヨーグルトでアトピーを治そうとするのは難しいでしょう。

乳製品は健康な方が健康を維持するためのものであり、嗜好品でなのです。

たとえそれがトクホ商品であっても病気を治癒する効果はありません。健康増進の機能もありません。

また乳酸菌を摂るためのサプリメントもありますが、上記の理由からアトピー改善に期待しない方が無難です。

そもそも乳酸菌だけで腸内環境を整えるのは難しい。

なぜならば、ビタミンやミネラルが不足していては乳酸菌のサプリメントをいくら飲んでも善玉菌は増えないからです。

そもそも日本人は乳製品は合わない!

私が小学生だった昭和50年代、給食で牛乳が飲めなくて飲めるまで残されるクラスメートがいました。

当時、多くの日本人は牛乳などの乳製品が苦手だったのです。
それもそのはず日本人は離乳期を境に乳製品の成分である乳頭を分解する酵素を失うのです。

乳児の間は乳頭を分解する酵素はありますが成人になるに従いなくなります。よって乳製品に合わない身体になるのです。

確かに牛乳やヨーグルトは栄養価が高いでしょう。しかしその栄養を身体に役立たせることが日本人には無理なのです。

日本人は古来より農耕民族であり乳製品をとってません。だから乳製品を分解できる機能が身体に備わっていない。

一方で酪農が古来より盛んで古くからミルクやチーズ、バター、ヨーグルトを食べていた民族の身体には乳頭を分解する酵素が成人になっても保持されます。

そんな理由もありヨーグルトをはじめとした乳製品でアトピー改善効果はありません。

そもそも食品でアトピーを改善するのは間違っています。

食事だけでは「アトピーはすっきり完治しない」のです。
私は2005年からアトピーで悩む方やそのご家族をカウンセリングで援助しています。

またマクロビオティック食養生指導士として食事指導もしています。

ほとんどの方が食事改善を一生懸命しても徒労に終わっています。
それには理由があるのですが、肌を洗ったり塗ったりする日用品に含まれる化学物質も皮膚の乾燥をすすめます。

これら化学物質は腸内の善玉菌を減らします。

乳酸菌の入ったサプリメントや健康商品で使われる防腐剤・光沢剤・増粘剤などの化学物質は腸内の善玉菌を減らします。

ヨーグルトに含まれる砂糖は腸内を腐敗させ悪玉菌を増やします。
いくらあなたが腸内の善玉菌を増やしたいとアレコレやっても、お菓子を食べて砂糖をとったり、化学物質が含まれる日用品やサプリメント、健康食品を使えば元の木阿弥なのです。

ですから「乳酸菌でアトピーをなんとかする!」そんな考えは効果ないと思いませんか?

ヨーグルトがアトピーに効果があることをアナタはどこで知りましたか?ネットを含めたマスコミが垂れ流す広告ですよね。
食品会社や製薬メーカーは利益のために広告を出しています。そんな情報にまどわされてはいけませんよ。

ヨーグルトだけでアトピーを改善するのは、かなり偏った考え方です。

まずは私の過去の記事アトピー完治経験者から学ぶアトピー完治のメカニズムを読んでください。

ちなみに私は幼い頃から湿疹や蕁麻疹でした。
中学1年生の思春期の頃にアトピーが激悪化。36歳までアトピーは完治せず写真のような状況でした。

アトピーのおでこ

しかし今ではアトピーの方を援助するまでに元気になっています。もちろん乳酸菌なんか食べていません。ステロイドも漢方薬も食事制限も一切しないで、すっきり完治出来ました。

アトピーが治った後の顔

 

アトピーで一番やってはいけないのは「・・・だけで治す」こと。広く知識を得た上でアトピー改善を目指す・・・これがアトピー完治経験者の教訓です。

私がどうやって治したのか?

次のリンクのページをお読みください。

アトピー完治経験者から学ぶアトピー完治のメカニズム