ブランディングイメージ

アトピーの熱がこもる原因とは?

私がアトピーだった頃の写真

写真は私がアトピー患者だった頃の姿です。食事の後や温かい室内などで急に体に熱がこもる、火照った状態になっていました。

アトピー症状において熱が身体にこもる体験はめずらしくありません。

ではなぜ、身体はほてり、熱がこもってしまうのでしょうか?

それはアトピー性皮膚炎の状態において肝臓、肺に熱がこもりやすいからです。

では、この課題への対策について解説していきます。

アトピーの熱を緩和させるために掻く

「なぜ掻くのか」これには複雑な理由があります。

ひとつは「掻くことで別の刺激(痛みなど)に変換する」ことで痒みを麻痺させること。

もうひとつは、「皮膚に熱がこもっていることで皮膚が乾燥している。その熱を緩和させるために掻いてしまう」という理由があります。

あなたは皮膚にワセリンを塗った後、痒くなったりしませんか?

その理由のひとつに、まるで皮膚は熱いフライパンのように熱くなっていて、その上から何かを塗るとフタをすることになります。

すると余計に熱がこもることになります。ゆえに、その熱を緩和したくて掻きたくなるからです。

それだけ皮膚には熱がこもっているのですが、では、なぜ”熱がこもる”のでしょうか?

アトピーに熱がこもる原因とは?

アトピーの赤い肌を東洋医学では「熱」と表現しています。

東洋医学ではアトピー性皮膚炎を「炎のように燃えている」と診ます。

皮膚の炎症を自然環境に仮託して説明するわけですが、では、なぜアトピーの体は熱くなっているのでしょうか?

アトピー患者は肝臓、肺に熱がこもりやすいからです。

東洋医学ではそれぞれの臓器に対応する感情があるとしています。すなわち「肺は悲しみ」「肝臓は怒り」の臓器なのです。

「肺は悲を生じ、悲は肺を傷つける」

「肝は怒を生じ、怒りは肝を傷つける」

と、いわれています。これらの意味を解説しますと、

肺が弱ると物事に悲観的になり、また逆に悲しみは肺を弱らせるのです。

怒りやイライラを解消するために飲酒をすると肝臓は弱ります。

肝臓が弱るとイライラしたり腹を立てやすくなります。

そしてまた、怒りは肝臓を弱らせます。

またさらに東洋医学によれば、身体に熱がこもっているのは「働きすぎによる過労やストレス」が長引いて気が停滞しているからなのです。

最近、お仕事で落胆や焦燥感、あるいは失望を感じていませんか? 腹を立てることが多くありませんか?

職場などでの対人関係で怒りを感じたりしていませんか?

自分の理想や願望が理解されない、認められないことへの苛立ちや怒りを感じていませんか?

もし、そうでありましたら、あなたとあなたの仕事の関係を見直すことをお薦めします。

熱をこもらせる高カロリー食にも注意しましょう

砂糖や肉、揚げ物といったカロリーの高い食品は肌を乾燥させます。

熱量の高い食品の食べ過ぎは良くありません。

しかしながら、食事に気をつけても多くのアトピーの方は治せていません。

私は和食にしても食後、身体の火照りがなくなることはありませんでした。

では、私はどうしてアトピーを治したのでしょうか?

アトピーで呻吟していた頃の私です。

アトピーのおでこ

下の写真のように36歳までこんなにひどい状況でした。

アトピーの首
中学1年生から36歳までアトピーでした。3回の激悪化を経験。失業することもありました。

しかし下の写真のように今では元気になれました。

アトピーが治る前と治った後の写真

痒みは痛みより辛いです。身体の火照りは苦しいです。私も悩まされました。

だからこそあなたに伝えたいことがあります。

アトピーの原因と完治のメカニズムのページを読んで完治した者から真の痒み対策を深く学んでください。

文責/ NPO法人日本成人病予防協会会員 渡辺勲