ブランディングイメージ

アトピー悪化原因である化粧品成分とは何か?

アトピー悪化原因でもある化粧品の成分。毎日使用するものだけに選び方に気をつけるべきです。

成分が良いとか有名ブランドであるからといった理由で購入してはいけません。

化粧品はアトピー悪化原因のひとつ

アトピー悪化要因は様々です。ですので何かひとつを除去したり、対策を行うことでアトピーが治ることはありません。

あくまで化粧品はアトピー悪化の一例であって、化粧品を変えるだけで皮膚が改善することはなかなか難しいです。

しかしメイクを毎日された方にとって自分に合ったファンデーションや化粧下地クリームを欲しいと思うのは当然ですよね。

どうかアトピーの本質を学んですっきり完治することを目指してください。

単なる「その場しのぎ」の対処療法ばかりやっていては悪化していくばかりだからです。

まずは肌に合う化粧品を見つける一方で別ページにある「本当のアトピーの治し方」を学んでくださいね。(ページの下のリンクからたどってください)

化粧品はキャッチコピーで選んではいけません

キャッチコピーでよくあるのが「天然100%」「自然派」「無添加」「無香料・防腐剤不使用」「パラベン不使用」「界面活性剤不使用」ですよね。ですがこの言葉に安心してはいけません。

なぜでしょうか?つまり製造過程で化学物質を使わなければ「天然100%」「自然派」「無添加」「無香料・防腐剤不使用」「パラベン不使用」「界面活性剤不使用」と広告宣伝ができるのです。

すなわち原材料に化学物質が使用されていても「天然100%」「自然派」「無添加」「無香料・防腐剤不使用」「パラベン不使用」「界面活性剤不使用」と書けるのです。

ですので、これらの表示があっても化学物質は含まれているのです。「自然なんだ!安全なんだ!」と思って買っていたでしょ?それが間違いだったのです。

また美容に有効な成分が入っているからといって理由で選んでもいけません。

ヒアルロン酸Na、セラミド、アスタキサンチン、コエンザイムQ10など肌に良さそうな成分が入っていても有害な成分が入っていると皮膚炎の悪化につながるからです。

安心して買ったけど化粧水を塗ったらピリピリしたりヒリヒリしたり、赤く痒くなったりするわけです。化学物質をアトピーの顔に塗るわけですから、ピリピリして当然です。

私も通院先の漢方クリニックの鍼灸師から「天然由来のスキンケア用品ですよ」と言われて6年間も使用していたことがあります。

当時、ものすごい乾燥肌でした。その化粧品を塗っても顔がどんどん赤くなった事を覚えています。皮膚のピリピリしました。ときどき治り、ふたたび悪化。そんな繰り返しでした。

ある日、紹介されたスキンケアは天然由来ではないことがわかったのです。ものすごく悔しかったです。

ではなぜ私は天然由来ではなくアトピー悪化の成分が入っていることに気づいたのでしょうか?

それはスキンケア用品に記載の成分表示を確認したからです。あなたも通院先の皮膚科医師がすすめたからといってその商品を信じてはいけません。必ず成分表示を確認することです。

また医学部外品であっても薬用であれば大丈夫かといえばそうではありません。必ず成分表示を見ることです。

ではどのように確認するのか?次の項で解説します。このまま読み進めてください。

アトピーを悪化させるおそれのある化粧品成分

化粧品のどこを見て買えばいいのでしょうか?それは成分表示です。

成分表示は薬事法に基づいて表示されています。

アレルギー等の皮膚障害を起こすおそれのある成分で医師からの情報をもとに消費者がその成分を使った化粧品や医学部外品を自ら避けられるように表示が義務づけられているのです。

薬事法では化粧品に使われているすべての成分は成分表示に記載しないといけないことになっており全ての情報が書かれています。活用しない手はありません。

まず、化粧水やクリーム、ファンデーションの容器の裏にある成分表示を確認してください。容器に書いてなければ箱にあるでしょう。

おまけに成分表示ではアトピーに有効な成分だけでなく有害な成分も区別なくごちゃまぜに書いていますから、じっくり見てください。

ここでは代表的な有害成分(防腐剤・酸化防止剤・基材・紫外線吸収剤・乳化剤)をあげておきます。

乾燥肌をひどくさせたり炎症をもたらすおそれのある成分です。

安息香酸・安息香酸Na
シメン-5-オール
ベンザルコニウムクロリド
フェニルフェノール
メチルクロロイソチアゾリノンもしくはメチルイドチアゾリノン
ソルビン酸もしくはソルビン酸K
デヒドロ酢酸もしくはデヒドロ酢酸Na
トリクロカルバン
トリクロサン
メチルパラベンなど最後にパラベンがつく成分
ヘキサクロロフェン
酢酸トコフェロール(合成ビタミンE)
トコフェロール
BHT(ジブチルホドロキシトルエン)
BHA(ブチルヒドロキシアニソール)
PG(プロビレングリコール)
PG(ポロエチレングリコール)
オキシベンゾン-3
PABA(パラアミノ安息香酸)もしくはエチルPABA
ステアリルアルコール
セタノールもしくはセチルアルコール
TEA(トリエタノールアミン)

ここで大切なアドバイスをします!

私は約300人のアトピーの方をサポートしてきましたが化粧品を変えただけでアトピーは治りません。

自分に合う化粧品やスキンケア用品、保湿用品を探し回るジプシーの方にアトピーが治ったためしありません。

アトピーがさらに悪化して本当にどんな化粧品も合わなくなる前に

「アトピーの本質」を知って完治のプロセスを学ぶべきです。

100%完全に天然成分でできたコスメでも肌に合わないしアトピーが治らない人もいるのですから。

アトピーはモノでは治らないのです。

化粧品は単なるアトピー悪化のひきがねであって、アトピーの本当の原因はもっと根源的なところに潜んでいるのです。

私もそのことがわからず約25年以上もアトピー症状でした。3回も激悪化。退職し失業するまでひどくなりました。

今ではこんなに綺麗になりました。決め手はスキンケアではありませんでした。

アトピーが治った後の顔

アトピーは「無知」では治りません。完治経験者からアトピーの根源的な原因と完治の方法を学び実践することです。

そのために次のリンクのページに進んでください。

アトピーの原因と完治のメカニズム

化粧品ジプシーを越えて!アトピーの根源的原因を知って完治を目指しましょう