ブランディングイメージ

アトピー化粧品の成分表示の確認方法

化粧品はアトピー悪化原因でもあります。化粧品選びにおいて「有害な成分を避ける方法」を知って肌を守りましょう。

このページでは「注意したい化粧品の成分」と確認の仕方を解説します。

化粧品はアトピー悪化原因のひとつ

アトピー悪化要因は様々あります。あくまで化粧品はアトピー悪化要因のひとつです。

しかしながら、皮膚に直接塗るので、その影響力は大きいでしょう。

口に入れるものは肝臓で解毒排毒されます。ですが、化粧品は肌に触れるものですから、注意したいです。

化粧品選びはキャッチコピーで決めない

化粧品を「キャッチコピー」で選んではいけません。良いことしかアピールしていないからです。

よくあるコピーが「敏感肌用」「天然100%」「自然派」「無添加」「無香料・防腐剤不使用」「パラベン不使用」「界面活性剤不使用」があります。

ですが、これらの言葉に安心してはいけません。それはなぜでしょうか?

なぜならば、製造過程で化学物質を使わなければ「化学物質不使用」とアピールできるからです。

実は、原材料に化学物質が使用されていても「天然100%」「無添加」「〇〇不使用」と書けるのです

「自然だから安全」と思って買っていたことでしょう。でも、それが間違いだったのです。

美容有効成分が入っていても注意しましょう

「ヒアルロン酸Na」「セラミド」「アスタキサンチン」「コエンザイムQ10」など美容有効成分が化粧品に含まれていても、有害なものが入っていると皮膚炎の悪化につながる恐れがあります。

今から私の実体験を元にしてお話しします。

私はアトピー歴20年でした。現在、すっきり完治しております。

私は通院先のクリニックにて、「天然由来のスキンケア用品ですよ」と紹介された化粧水やクリームを使用していました。

その化粧品を塗ると、顔がどんどん赤くなって、ピリピリしたのです。なぜだと思いますか?

紹介されたスキンケア用品は天然由来ではなかったのです。苦い思い出です。

では、なぜ私はアトピー悪化をもたらす成分が入っていることに気づけたのでしょうか?

それはスキンケア用品に記載の成分表示を確認したからです

化粧品の成分表示

化粧品の容器に記載されている「成分表示」

あなたも皮膚科医師の推奨商品を信じる前に、必ず成分表示を確認することです。

また、医学部外品の化粧品であっても、必ず見てください。

では、どのように確認したらいいのでしょうか? その見方を次の項で解説します。

化粧品は成分表示を見て選ぼう

アトピーで肌が敏感でしたら、化粧品は、容器(あるいは箱に)に書かれている成分表示を見て「(旧)指定成分」が入っているかどうかチェックしてから選びましょう

「(旧)指定成分」とは何でしょうか?

皮膚トラブルやアレルギーの原因になるとして表示を義務付けられている成分のことです。

(注)2001年に「指定成分」は全成分表示に以降にともない廃止。よって「(旧)」を付記しています。

「(旧)指定成分」は以下の理由によって、「(旧)薬事法」に基づいて表示が義務づけされていました。

「人体に直接使用される医薬部外品及び化粧品については、消費者が医師からの情報をもとにアレルギー等の皮膚障害を起こすおそれのある製品の使用を自ら避けることを目的として、表示対象成分を選定した

昭和55年10月9日 薬事法一部改正(厚生省薬務局通知)より引用

アレルギー等の皮膚障害を起こすおそれがある製品の使用を消費者が避けることができるように102種類の成分がピックアップされたのです。これをまとめて指定成分と呼んでいました。

硫酸系界面活性剤や合成防腐剤等、皮膚障害などさまざまな有害性がある成分を指定成分として選定されたのですが、これは、肌を守るために活用するべきでしょう。

では、具体的にその「(旧)指定成分」には何があるかを解説します。

アトピー悪化懸念のある化粧品成分を見つける方法

アトピー肌のために避けるべき化粧品でよく使用される「(旧)指定成分」を以下にまとめました。

現在、全成分表示になっていますので、「有効成分」と「有害な成分」が、区別なく羅列されています。じっくり見て確認してください。

次にあげる言葉が表示にあるかチェックしましょう。

皮脂を奪い乾燥肌を促進したり、炎症をもたらす恐れのある成分です。

【防腐剤】

安息香酸  安息香酸Na

シメン-5-オール

ベンザルコニウムクロリド

フェニルフェノール

メチルクロロイソチアゾリノンもしくはメチルイドチアゾリノン

ソルビン酸もしくはソルビン酸K

デヒドロ酢酸もしくはデヒドロ酢酸Na

トリクロカルバン

トリクロサン

メチルパラベン/エチルパラベン/ブロピルパラベン/イソプロピルパラベン/ブチルパラベン

ヘキサクロロフェン

【酸化防止剤】

酢酸トコフェロール(合成ビタミンE)

トコフェロール

BHT(ジブチルホドロキシトルエン)

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)

【基材】

PG(プロビレングリコール)

PG(ポロエチレングリコール)

【紫外線吸収剤】

オキシベンゾン-3

PABA(パラアミノ安息香酸)もしくはエチルPABA

【乳化剤】

ステアリルアルコール

セタノールもしくはセチルアルコール

TEA(トリエタノールアミン)

【洗浄剤】

ラウリル硫酸Na ラウリル硫酸TEA(トリエタノールアミン)

ラウレス硫酸Na ラウレス硫酸TEA

【リンス剤】

ベヘントリモニウムクロリド

ジステアリルジモニウムクロリド

セトリモニウムクロリド

「化粧品ジプシー」にならないで!

最初にお伝えしましたが、アトピーの悪化原因はさまざまあります。

私は13年間、アトピーの方をサポートしてきたので分かるのですが、化粧品を変えただけでアトピーは治りません。

自分に合う化粧品やスキンケア用品を探し回るジプシーの方にアトピーが治ったためしはありません。

もちろん、原因を見つけて除去することは大事です。しかし、「アトピーの犯人を探して排除する」といった対処的対策だけでは難しいのです。

100%完全に天然でできたコスメ、スキンケア用品を使っても、「肌に合わない」「アトピーが治らない」ケースも珍しくないのですから。

すなわち、アトピーはモノでは治らないのです。

化粧品は単なるアトピー悪化のひきがねであって、アトピーの本当の原因はもっと根源的なところに潜んでいるのです。

ですから、表面的なことではなくて「アトピーの本質」を知って完治のプロセスを学ぶべきなのです。

私もそれに気づけず約25年以上もアトピー症状でした。3回も激悪化。退職し失業するまでひどくなりました。

今では下の写真のようにこんなに綺麗になりました。

決め手はスキンケアではありませんでした。

アトピーが治った後の顔

アトピーは「無知」では治りません。完治経験者からアトピーの根源的な原因と完治の方法を学び実践することです。

そのために次のリンクのページに進んでください。

アトピーの原因と完治のメカニズム

化粧品ジプシーを越えて! アトピーの根源的原因を知って完治を目指しましょう。

文責/ NPO法人 日本成人病予防協会会員 健康管理士 渡辺勲