ブランディングイメージ

アトピー全身の原因をイラストで解説します

アトピー全身の原因を解説します。

アトピーの全身の症例において、顔・おでこ・眉の下・ほっぺた・首・胸・首の下・背中・腰・おしり・足の裏・ひざ裏それぞれの原因を解説します。

そして、ステロイドで果たして治るのかどうか? 私の体験もお話します。

症状と食品の因果関係とは?

このページでは部位別の症状がどんな食品の影響を受けているかについて解説しています。

これは食品が症状をつくっているという東洋医学の考え方に依拠しています。

食品は食べ過ぎることで、身体内で十分に解毒排毒されないと食毒とよばれる毒素になるとされます。

この毒素が身体に貯まるわけです。これが色々悪さをするということです。

では順に部位別の症状と食品の関係について解説します。

そして最後に根本的な解決方法の考え方を教えます。

顔・おでこ・眉の下・ほっぺた・首・胸の原因

写真を見てください。

まず下記の男性-実はわたしなのですが、湿疹が悪化、恒常的になり、アトピー性皮膚炎になった時期の写真です。皮膚が赤く、固く、ゴワゴワしています。

皮膚は血液が亢進した状態である紅斑の過程を経て、炎症が激しく、厚く盛り上がる苔鱗化しています。

皮膚は乾燥し表皮を定着させる事が出来ず、常に落屑していました。

アトピーの時の写真

下の写真を見てください。胸から上部のアトピーは、長年の油脂や脂肪を含む食生活が原因で、ゆえに治りにくいのです。

特には治りにくく、最後に完治するのです。写真で首に深くシワが刻まれているのが理解できると思います。

上のイラストで、おでこのアトピーは、植物性脂肪や砂糖(中性脂肪)の過剰摂取が原因である事がわかります。

まゆげの下は肉の食べ過ぎであり、ステロイドを塗ることで、眉毛が薄くなったのはわたしも経験しています。

なおステロイドを眼球に入れるとアトピー白内障になりますので、気をつけてください。

顔のほっぺたの症状は卵の食べ過ぎが原因です。あごは魚が原因です。治りにくい首は、ジュースなどの甘い飲み物や、果物の過剰摂取が原因です。

胸の痒みは、酸化した動物性脂肪の毒素がたまっている事を教えてくれます。さらに甘いお菓子や、スパイスの食べ過ぎも原因です。

また、首は豆の食べ過ぎも原因であるとの見方もあります。

背中・腰・おしり・足の裏、ひざ裏の原因

イラストでは、全身の裏側である、背中、臀部、足の裏、太ももの症状と食品の因果関係について解説しています。

首の後ろから肩甲骨の間あたりの症状は、肉の食べ過ぎが原因。

背中から腰にかけて、上から鶏肉、卵の毒素がたまる場所であり、おしりは魚の食べ過ぎによる毒素がアトピーとして現れるのです。

薬を塗っても、保湿剤を塗っても治りませんでした。皮膚科でステロイドも漢方薬治療もしましたが、治りません。

全身に薬を塗っても、保湿剤を塗っても治りませんでした。皮膚科でステロイドも漢方薬治療もしましたが、治りません。

おしりから下の症状では、上から、肉、鶏肉、卵、魚の順でそれらの毒素がたまります。特に右足はタンパク系、左足は脂肪系の影響を受けやすくなります。

しかし、食事改善だけではアトピーは治らない

アトピーが治った後の顔

どちらも私です。左がかつての私です。右は今の私です。

左の写真では、皮膚が黒く黒づむ色素沈着がみられます。

私がやっていたことは食事改善・ステロイド・漢方の煎じ薬・防腐剤が入ってないスキンケア用品・サプリメントです。

しかし、まったく効果がありませんでした。

これらのことをやめてから私の完治は始まったのです。

食事内容と湿疹の症状の因果関係を述べましたが、大人のしつこい長く患っている皮膚炎には食事改善だけでは太刀打ちできませんでした。

あなたに強く伝えたいのは、確かに湿疹の原因は食事にありますが、食事改善だけでは、しつこい痒みや炎症は治りません。

減らすだけの食事改善も必要ですが、食べる必要のある栄養成分もあるのです。

あれを食べない、これを食べないでいるとストレスも増えますし、栄養が不足し、入院してしまった幼児もいるくらいです。

たとえば石鹸。

アルカリ性である石鹸は、皮膚の皮脂膜を破壊し、保湿機能を奪います。よって乾燥肌をすすめます。

わたしは食事制限をせずに治しました。今は肉も魚も卵も食べますが、アトピーが再発する事はありません。半年で完治し、5年以上経っても、湿疹はおろかアトピーもでません。

あなたは、一生、好きな食べ物を我慢して、食事をしないといけないと思っていますか?大丈夫です。無理な食事は継続できませんから、しないでください。

やはり食事改善はやった方がいいが、対処療法であることは否めません。

では、根本的な完治の方法については次のページへ進んでください。そしてしっかりと学んでください。

アトピーの原因と完治のメカニズム