ブランディングイメージ

湿疹の年齢別の特徴と薬の効果

湿疹の特徴を年齢別に解説

湿疹の特徴について年齢別に解説します。

まず乳児の湿疹は頭部から、顔へと広がり体、手足に炎症が拡大していきます。

学童期の湿疹の発症でよくみられるのは、関節の内側であり、耳たぶが切れてしまう事も珍しくありせん。

思春期から成人にかけてでは、顔だけでなく身体全体で皮膚の乾燥がみられ、乾燥による皮膚が赤くなる炎症もひどくなります。

頭皮から大量のフケがでます。またその症状が慢性的になりやすくなります。

手先に湿疹ができるのも、この時期の特徴です。

乾燥した皮膚が白く粉が吹き、強い痒みもともないます。

掻破によって皮膚から浸出液が出る事があります。

これらの事が長期に渡り続くと、皮膚が固くゴワゴワした様になり、固いイボがぽつぽつと出来てしまい、皮膚は赤く黒く色素が沈着してしまいます。

アトピーとの関連ですが、湿疹が慢性的になる、つまり湿疹から派生したものが、アトピーと呼ばれる皮膚炎に帰結する。

アトピーは、子どもにおいては、じゅじゅくした症状が多く、思春期以降は乾燥肌が特徴的だ。

じゅくじゅくした皮膚炎(湿潤型)の場合、首やひざ裏の関節にできやすい。ともに可動が激しい部位であるため、非常につらい思いをする。

乾燥肌の特徴は胸から上で言えば、まず頭皮や顔の額、胸や肩、症状が下降するなら手や足の関節、手首から上の腕に発症する事もあります。

これらの症状をわたしはすべて経験いたしました。

では、どうやって湿疹を治していくのか?薬は効果あるの?

過去のわたしの写真です。小学校のときから湿疹がみられ、アトピーは中学1年生から発症し36歳まで写真のような姿でした。

アトピーの時の写真 アトピーのおでこ

ステロイドも漢方薬治療もしましたが、まったく治りませんでした。

今ではここまで完治しました。

アトピーが治った後の顔

完治してから10年近くになろうかとしていますが再発がありません。

スキンケアもしていません。もちろん薬物で抑えてませんし食事制限もしていません。湿疹をこじらせアトピーになりましたが皮膚疾患を私は克服しました。

そもそも湿疹や喘息、アトピー性皮膚炎といったアレルギー症状に薬物治療は効果ありません。

皮膚に何かを塗りたい気持ちは当然あるでしょう。

お子さんをお持ちのお母様であればなおさらでしょう。

しかし、

だからといって、皮膚科が処方するステロイドやプロトピック、ワセリン、保湿剤、抗菌剤は私も使用してましたが根本的に完治させないし、皮膚の保湿にも役立ちません。

私が非ステロイドだからといって安心して使っていたアンダームクリームは皮膚を黒く色素沈着させることを後になって知らされました。現在は発売が禁止されています。それをずっと私は10年以上も塗っていたのです。

漢方のクリームもありますが、クリームを塗る前に保水をすべきです。

そうでなければ、クリームが皮膚にフタをかけるわけですから、息苦しくなり、よってかゆみが起きます。

要するに湿疹にはスキンケアすなわち「水分を肌に与えること」が不可欠であり、それには塗り薬やクリーム。保湿剤では不適当なのです。

なぜならばそれらは水分を含んでいないからです。

スキンケアについては、こちらのリンクのページ、アトピーに有効な保湿成分と保湿手順とは?に詳しく書きましたので、湿疹についての正しいスキンケアの知識を身に着けてください。

そして、なぜ皮膚炎が起きるのか? そのメカニズムを食事から、メンタル面から知り、対策をしていきましょう。

あらゆる皮膚の疾患は改善されなければいけません。難しくしているのは私たちの考え方なのですから。

下記のリンクのページをクリックされて読み進めてください。

アトピーの原因と完治のメカニズム

湿疹を治すために必要な事をわかりやすく解説しています