ブランディングイメージ

アトピーの眉毛が痒く抜けていく明確な原因

眉毛が痒くありませんか? どんどん抜けていってませんか?

掻きすぎて眉毛が抜けて薄くなるのではないのです。

自然の摂理で眉毛が抜けるのです。とかくアトピーの方は眉毛が薄くなりがちです。

ではなぜ眉毛が痒くなり抜けてしまうのでしょうか?

これは悪化のサインでもあるのです。

眉毛がどんどん抜けて薄くなるのはなぜ?

まず眉毛が痒くなるのは眉毛の辺りから排毒が起きているからです。だから痒くなるのです。

また眉毛が抜けるのは掻くことで抜ける場合もありますが、眉毛を抜くことで眉毛の毛穴から熱を放出させる身体の仕組みがあるからです。

アトピーの皮膚の炎症や痒みは皮膚への排泄排毒の結果です。皮膚が赤く炎症してるのは身体内に熱がこもっているからです。

その熱が皮膚を乾燥させているのです。肌が乾燥すると熱を緩和させるために掻くのです。

眉毛が痒くなり掻いてしまうのは熱がそこからでようとしているからです。熱を緩和するために生理として眉毛を掻いてしまうのです

また、通常、身体内にこもった熱は毛穴や経穴(ツボのこと)から排泄しようとします。それでも間に合わない場合、摂理として眉毛を抜いてまで熱を排出させようとするのです。これが眉毛が抜ける原因です。

朝起きたら目ヤニがついていますよね。あの目ヤニも老廃物を目から出そうとしているのです。眉毛など目の周りが痒くなるのは、目の辺りは毒素を排泄する部位だからなのです。

だから目の周りは痒くなりがちです。また目の周りは肌が薄く弱いところでもあるので乾燥しやすいため痒くなりがちです

おでこも痒く赤く炎症してませんか? 考え過ぎたりしたら、おでこも痒くなり、やはり眉毛の辺りが重くうっとおしくなります。もちろん痒くなり眉毛が抜け落ち薄くなってしまうのです。

眉毛が抜けるサインに気づき根本的解決をしましょう

まとめますと、眉毛が抜けていくというのは、それだけ顔に熱がこもり毒素が停滞しているからです。

よって、眉毛が抜けているのは悪化の兆しでもあります。

ここは以下に述べる考え方で事態を根本的に解決していきましょう。

この写真は私がアトピーだったころの写真です。見事に眉毛が抜けて薄くなるどころか不毛です。

アトピーのおでこ

アトピー期間は25年以上ありました。ずっと目の周りが痒く、目が腫れて人相も変わりました。眉毛がないのでさらに怖い顔つきだったようでよく周りから「怖い」と言われたものです。悲しいですね。

アトピーって。容貌も変えて人に与える印象まで変えるわけですから。

次の写真がアトピーをすっきり完治させた私です。完治させてから6年近くなりますが再発しません。

アトピーが治った後の写真

眉毛が生えています。アトピーが治れば眉毛は濃くなります。

以上、眉毛が抜ける原因をお話ししましたが要はアトピーを私のように治せばいいのです。

なぜ熱がこもるのかと疑問に思われたと思います。これはステロイドなど外用剤で治るものではありません。

ステロイドは炎症を抑えるだけであって身体内の原因にアプローチせず治ることはありません。

もちろん高カロリー食が熱の源です。しかし油脂や砂糖を食べるのを控えてもアトピー性皮膚炎は治らないのです。

アトピーは何か具体的な事をすれば治るわけではないのです。

そこで私のようなアトピーを完治させた経験者から「完治の過程」を学ぶことをおすすめします。自己流ではアトピーは完治出来ません。

まずは私が過去に書いた投稿ページのアトピー完治経験者から学ぶアトピーの原因と完治のメカニズムを読んでしっかりと学んでください。

眉毛がなくなりつつあるのはアトピー悪化のサインです。

アトピーの実相を知って根本的に完治させるのが秘訣です。