アトピーと電磁波の関係はこれだ!

家庭内にある電化製品による電磁波の弊害が言われ始めてずいぶんになります。

しかしながらアトピー発症の因果関係まで語られるのはあまりありません。このページではアトピーと電磁波の関係についてお話しします。

電磁波はアトピーの原因なの?

アトピーに電磁波が関与しているのではないかと思われる方がおられることでしょう。

なぜ電磁波がアトピー性皮膚炎の原因と言えるのでしょうか。
わかりやすいのがパソコンです。

パソコンのキーボードを通じて電磁波の影響を受けるわけですが、その影響によって身体に静電気が帯びるのです。

静電気が身体に帯びることで空気中の「ほこり」が顔などの表面に付着しやすくなるのです。

ほこりが顔などに付着することで顔が痒くなるわけです。

この状態が恒常的になると皮膚炎に至る、あるいは皮膚炎が悪化していきやすくなると考えられます。

しかしながらパソコンをしているすべての人がアトピーにはならないのはどうしてでしょうか?

それは「ほこり」がアトピーの原因になる場合と、ならない場合があるからです。

このことが理解できればアトピー治癒において電磁波に神経質になる必要はなくなります。

むしろ私が懸念しているのは携帯電話です。携帯電話内臓のリチウム電池があなたの大切な脳に悪影響を及ぼすからです。

ですからイヤホンをして通話されることを強くおすすめします。電磁波はその発生機器から距離を置けば置くほど、その弊害は減少するからです。

ですのでうまく電気機器と付き合えばいいのです。

では「ほこり」とアトピーの関係について話を戻しましょう。

まずはアレルギーが起きるメカニズムについて理解してください。

人間はタンパク質で出来ています。そして人間は自分以外のタンパク質を敵とみなして攻撃します。

人間が持つ免疫機能が働くからなのですが、その攻撃が過剰になると、自分自身を攻撃してしまうのです。

攻撃の結果、皮膚においてはアトピー性皮膚炎になるのです。

ほこり本来はタンパク質で出来ていませんが、ほこりにはダニとかダニの糞がついており、ダニとかダニの糞がタンパク質で出来ているのです。

だから「ほこり」が顔につくと掻くなったり、アトピーにいたったりするわけです。

もちろん電磁波は「万病の元」である活性酸素を生成する原因ですから、電磁波はアトピーの原因になりえます。

では電磁波を避ければいいのかと言えば、それはあまりにも短絡的な思考と言えるでしょう。

私たちは電磁波だけでなく食品添加物や日用品に含まれる化学物質を大量に浴びています。

グリコのポッキーやラクトアイスと表示されたアイスクリームに火をつけると燃えます。

普通に考えれば燃えるはずありません。これらの食品は石油製品だからです。

肌を洗ったりする際に使うシャンプーやソープ、洗濯をするときの洗剤、食器洗い洗剤も化学物質で出来ています。

界面活性剤不使用や防腐剤不使用の製品を使っているので安心と思うのは大間違いです。

なぜならば製造過程で使用していなければ「不使用」と表記できるのです。

原材料に界面活性剤や防腐剤が含まれていても「不使用」と表記できるのです。

だから不使用と書かれていても界面活性剤や防腐剤は「含まれている」のです。

石けんもアルカリ性なので皮脂膜を奪い去り皮膚の乾燥を促進するので、アトピーを悪化させます。石けんは使ってはいけません。

ですから、電磁波という『悪者』を見つけたとて、安心なんかできません。

電磁波を含めた化学物質をできるだけ避けて生きるべきですが、さらに考えたいのは、そういう人体に影響のある電磁波や化学物質に触れても、症状がでない身体づくりをするべきなのです。

電磁波だけが原因なの?

アトピーに悩む人は、なにかと犯人探しをします。
症状がでたら、昨日食べたものに原因があるのか?電磁波か?シャンプーかと犯人探しをします。

しかし疑わしい犯人は、減ることはなく増えるばかりです。

ですので、電磁波に触れたとて、どうもない身体になればいいのです。

よって、アトピー電磁波の関係に過度に悩む必要はないでしょう。

「アトピーの原因は電磁波である!」とを喧伝し、家の改修やグッズを販売するアトピービジネスもありますのでお気をつけください。

本当にアトピーの苦しみを知っている者は、アトピーの人に電磁波のグッズを渡して人体実験まがいのアンケートを取ったり、アトピーの人をことさらターゲットにしたビジネスはしません。

そもそも本当にあなたのためを想っているのなら電磁波対策グッズ「しか」提案しないのはおかしいです。

電磁波だけがアトピーの原因ではないのに電磁波対策グッズしか提案しないのは間違っています。

単に自社商品であるグッズを売りたいだけであり、あなたのことは何も思い遣ってません。

そんな会社は健康のためといいながら、お金のためなのです。
お金の切れ目が縁の切れ目。儲からないとわかれば人間関係を切るアトピー患者をカモにするアトピービジネスは唾棄すべき輩です。

それはさておきでは、電磁波に触れても、どうもない身体になるには

どうすればいいでしょうか?

アトピーに良くない日用品を選ぶにはどうすればいいでしょうか?
食事についてはどう考えればいいのでしょうか?
人間関係のストレスはアトピーにどう影響しているだうか?

私は中学1年生から36歳までアトピーでした。しかし電磁波対策はおろか食事制限もステロイドも塗らないで「すっきり完治」できました。

あなたは知っていますか?アトピー治療において患者本人がやらなければいけないコトを。知らないから完治しないのです。だから学ぶ必要がある。

「アトピーの原因探し」だけやってませんか?それって治療の蟻地獄スパイラルにはまってしまいますよ!

中学1年生から36歳までこんな状況でした。

アトピーのおでこ

今ではこんなに元気になっています。

アトピーが治った後の姿

2005年からアトピーで悩まれる方、そのご家族の方を援助してきました。私は電磁波対策はおろかテロイドも漢方薬も食事制限も一切しないで、すっきり完治出来ました。

アトピーの原因探しをしてる間はあなたは幸せになれません。電磁波だけではないですからね。ではどうするか?この続きは下のリンクから読みすすめてくださいね。

アトピーの原因と完治のメカニズム

電磁波対策だけではなくアトピー無知を認めて学ぶ姿勢のある方はこちらを読み進めてください