アトピー遺IgE抗体

HOME>アトピー遺伝とIgE抗体 アトピーのコラム2メールマガジンのバックナンバー

 春の木の芽時は、どうしても炎症がでます。なぜでしょうか?それは・・・

 地上へ芽が吹き出すように、体内でも水分が上へあがってきます(気逆)。

 これが鼻水の悩み、花粉症になるわけです。

 ですから【花粉症の方は水分摂取を減らしましょう】健康のためと

 思ってたえず飲んでいる人がいますが、良くはありません。

 この時期、肌も炎症がひどくはなります。

 自然のサイクルのなかで、わたしたちは、

 生きているわけですから、落ち込まないで下さいね。
 

 しかし、遺伝ならもうなおらないと思ってしまうと、

 落ち込んでしましますよね。


アトピーと遺伝について




 
 わたしの両親はアレルギーではありません。

 しかし、あなたはそうではないのかもしれません。

 よって、アトピーは遺伝なのか、と思われているかもしれません。


 わたしはIgE抗体がひどい時で6000ありました。

 しかし東南アジアで住む人で、10000を超えるのは

 めずらしくないそうです。

 東南アジアでは衛生状況が日本に比べ悪いですから、

 それだけの抗体を持っておかないといけないのでしょうね。

 しかし、アトピーの人はいないそうで、みんな肌がスベスべ。

 もし東南アジアの抗体が10000の人が、衛生の良い、西欧並みに

 タンパク質を多く摂取するようになれば、ひどくなるかもしれません。


 仮に遺伝であっても、環境、生活習慣が遺伝要因を引き出すのかも

 しれません。


 しかし、わたしの周りでも治った人は、多いのですよ。

 とかく、自分は特別と思ってしまいましょうが、

 アトピーは良くなるものです。

 なぜならばアトピーになる原因があるわけですから。

 人によって治るための期間は違いますが、

 あきらめる理由はどこにもありません。


 でも、「人は病気になる権利」はあります。

 おかしな表現ですが、病気にならずに、元気のまま

 病気を理由で会社を休むこともできず、

 働き続け、ついには、死んでしまいます。

 つまり、わたしたちは、体の変調、しんどさを感じるように

 なりたいものです。  


アトピーのトップページへ戻る
------------------------------------------------------------------