ブランディングイメージ

アトピーの息子たち娘たちを持つ親御さんへのアドバイス

自然の森の中でのサイクリング

息子さん娘さんがアトピーの親御さんへのアドバイスです。

やってはいけないこと、いってはいけないこと、たくさんあるのです。

これから書く文章は私が14年間、アトピーの息子さん娘さんとの面談を繰り返す中で、お聴きした話を再構成したものです。

言い知れぬアトピーを抱えることの想い

「どうしたのだろう? 最近、ふさぎこんで......」

「なにもいわないから、どうすればいいかわからない」

アトピーで悩む息子さん、娘さんを見てこのように思うお父さん、お母さんは多いと思います。

自分はアトピーになったことがないから、余計に心を閉ざして何かにじっと耐えている子どもの気持ちがわからないし、どういった言葉をかけていいかわからないケースも多いでしょう。

アトピーは病院に行けば治る病気であればいいのですが、難治化することが珍しくありません。

ゆえに、アトピー患者というのは、じんわりと不安を抱えてしまいがちなのです。

でも、皮膚科に行くしかない。しかしながら、皮膚科へ行けばただステロイドを渡されるだけ。ステロイドを塗って治らないことを知っているだけにうんざりしてしまう。

ならばと漢方薬を試しても治らない。皮膚科や漢方クリニックに通院することに意味を見いだせなくなる。

もう誰も信じられない。

「アトピーはアトピーになったことがない者に辛さはわからない」とばかりに、もう誰にも関わってほしくないとさえ思う、これが患者たちの本音なのです。

なにも拗ねているわけでもないのです。ただもう「どうすることもできない」のです。

ただ苦しい時間を耐えるしかないのです。

アトピーで苦しむ方は黙りこくってじっと動かないでいるように見えるかも知れません。

それでも、心の中ではいろんな言葉で充溢しているものなのです。

「この辛さは誰にも理解されないだろう」

「このままの状態では、これからの生活は大変だろう」

「もう、何もしたくない。投げ出したいよ」

アトピーではない人からすれば、愚痴を弱音を吐いていると思われるかも知れない。言い訳ばかり言っているように聞こえるかも知れない。

時には「こんな身体に生んで!」と親からすれば聞くに堪えない言葉を時々いうかも知れない。

でもこんな「暴言」生まれて初めていったんだ。言葉すらも抑えられてしまったら最後、俺は私はどこに「切なさ」を「やるせなさ」をぶつければいいんだ......と、本人はひとり部屋に閉じこもって鬱積を抱えているかも知れない。

しかしお母さんはこういうんだ。

「肉を避けているけど、肉を食べないと元気でないよ」

「嫌がるんじゃなくて少しは食べたらどうだい」

「油ものを食べないとよけいに肌が乾燥するわよ」

「野菜ばかりじゃ栄養つかないわよ」

お父さんの方を見る。いつも、お父さんは黙っていて、お母さんに任せっきりだ。

たまにお父さんが口を開けば「せっかくお母さんがつくったんだから。意地をはらないで食べたらどうだい」

「そうよ、この子、最近、意地ばっかりはってるんだから。あはは」

食事はアトピーで苦しむ人生の中で数少ない楽しみのひとつだ。

だけど、その食卓が苦痛でたまらない、そんな嘆きを私に口にする彼ら彼女たちに私は会ってきた。

「もう頑張れないよ。え、また治せ治せっていうんだ」

「わかったよ。だったら自分でひとりでやるよ」

「ただアトピーのことだけは指摘しないでくれ。俺、私は勝手に生きるから」

もう自分の想いや願望は抑えないといけないんだろうか。

親ですら俺や私の気持ちを聞いてくれないんだ。と思う人もいるし、「親に迷惑をかけてしまっている」と自分を過酷に責めるアトピーの彼、彼女もいる。

だからこそ、投げてはいけない言葉がある

辛い想いを抱えているアトピーの息子さん娘さんたちについて書いてきました。

そんな、お子さんに親が言ってはいけない言葉がある。

それが、「薬、塗っときな」

辛くて苦しい気持ち、感情は薬で埋め合わすことはできないから。

薬では心を癒すことができないから。

心を薬で解決はできないから。

親御さんのあなたへ。どうかアトピーが治らないことを焦らないでくださいね。

アトピー解放心理セラピスト

NPO法人日本成人病予防協会会員 渡辺勲

Related Entry

秋の紅葉の葉っぱ

秋にアトピーがひどくなって春に爆発するパターンを防ごう!

肌の状態を気にする女性

ステロイドを塗るたびに罪悪感を覚えるアトピー患者の切ない想い

トンネル

アトピーで人生が終わったと死にたくなったら

ハートの形をした花びら

ステロイド依存を深めてしまうコア・シェイムについて

大阪御堂筋

【震災の最中、アトピーを治した人がいた】地震見舞いメールを頂...