ブランディングイメージ

アトピー完治のメッセージ

アトピー完治を願い続けていた

アトピーは薬を塗れば治ると思っていた。大人になれば肌は綺麗になると思っていた。

しかし、身体の中から湧き上がるような痒みから解放されなかった。

さらに、13歳から発症したアトピーは3度目の悪化に直面してしまった。

症状は痒みだけでなく、胸の動悸が常に激しくなるようになった。ずっと身体が気だるくてだるい。

真っ赤に腫れた顔をさらして仕事をした。周りからの目線が恥ずかしかった。

しかし、深夜まで痒みで寝れず疲れ果てて、ほどなくして会社を退社、失業してしまった。

失意で悔しい思いをしながらこれまでの闘病を家の中で思い出していた。

「ステロイドを塗れば?」「皮膚科行ってるのか?」と周りから軽くいわれる。

しかし、何をやっても地獄のような痒みの苦しさは解消しなかった。

これ以上、なにを頑張ればいいのだろうか? いくら熱心に取り組んでも努力は報われなかった。

ついに仕事まで奪われ、家に引きこもりストレスはなくなった。だけど、痒くて痒くて夜眠れない。乾き切った肌を布団の中で抱えながら人生を悔やんだ。

アトピーという病気は不思議だ。努力を重ねても報われるとは限らない

治そうと思えば思うほど、もがけばもがくほど治らなかった。

カーペットからハウスダストを、アレルゲンを食事から除去しても再発を繰り返した。

何かをやめても、何かをやってみてもアトピーは悪化した。

おまけに他人からの目線が厳しい。「甘えてないか?」「もっと苦しんでるやつがいるぞ」と慰めすらない。

そして、「うつさないでね」こんな女子からいわれた言葉が耳の奥で響く。

この病気は隠さなければいけないのか? だったら、もう気にしないで欲しいと思う。しかし、今度は孤独が口を開けて待っていた。

誰にも理解されない寂しい心を抱えながら生きる。そんな20年間だった。

しかし、いま私はこの苦しさから無縁だ。重症だった姿とは思えない肌の白さだ。

アトピー完治後の写真

人の目を気にしたり、肌の状態をコントロールすることもなく、今では再発もない。

だが、

「アトピーといわれた時、目の前が真っ暗になりました」
「自分の子がアトピーだけにはなって欲しくなかった」
「克服するには時間がかかる難病だ」

このような患者の声をときどき聞く。心が重たくなる。

アトピーになれば「もう終わりだ」という認識があるかのようだ。

だから、自分のアトピーに引け目を感じて、「どうせわかってもらえないよ」と、ますます心を閉ざしてしまう。

そして、ぐっと気持ちを抑圧する。だが、我慢もすぐに限界がくる。

「治したいけど治らなかった」
「治るために頑張っているけど理解されなかった」

私はこのような切なさまじりの葛藤とずっと闘ってきた。

しかし、アトピーは闘病しなければ治らないものではない。

死ぬまで抱えなければいけない病気ではない。

ずっと肌を気にして生きなければいけないものではない、と私は切に思う。

このことだけはあなたに大きな声でいいたいのだ。

非営利活動法人 日本成人病予防協会会員 健康管理士
ワタナベ勲