ブランディングイメージ

アトピーに有効な保湿のやり方とは?

充分な保湿をしなければバリア機能が低下し乾燥が促進してしまい痒みが増大します。

さらに間違った手順で保湿をしたり、成分表示を見ないで「なんとなくいいかも」という安易な気持ちで商品を使い続けることで、悪化してしまうリスクがあります。

正しい保湿ケアの手順と保湿成分について解説します。

アトピー肌と健康な肌の比較

皮膚表面の角層は水分の保持や外部からの刺激を防ぐ役割があります。角質を構成する細胞の間には主にセラミドといった細胞間脂質が満ちており皮膚は常に潤いを保っています。

また角質の上にはさらに皮脂膜があり、そのため皮膚は弱酸性に保たれることで細菌などの繁殖が防がれています。

しかしアトピー肌の場合、皮脂膜は奪われ角層に含まれるセラミド含有量が30%も少なくなっているのです。

これはスキンケア用品や肌を洗う洗浄商品に含まれる化学物質が皮膚を荒らすのが原因とも言われます。また生まれながらの乾燥肌体質、肌本来の機能を低下させる環境(幼い頃からエアコンに親しむなど)が原因であるとも言われています。

痒みの原因でもある乾燥肌

西洋医学の立場で痒みの原因を説明してみましょう。痒みの原因とは皮膚の乾燥、バリア機能不全による皮膚の保湿力の低下があります。いずれにせよ乾燥は痒みの元でありアトピーにとって大敵です。

なぜそもそもなぜ皮膚が乾燥しているのでしょうか?

熱がこもった皮膚は乾燥します。乾燥した肌は痒みを起こします。
痒みを感じると掻きたくなります。

なぜ掻くかというと「掻くことで皮膚にこもった熱を緩和させている」からです。

ですからまずは痒みを起こす乾燥肌にスキンケアで保湿する必要があります。

入浴の後に痒くなるのは皮膚から水分が蒸発するから痒くなるのです。ですからお風呂上りも保湿が大事です。

まずは痒みを起こさせている乾燥肌をスキンケア用品でこまめに保湿しましょう。

脱保湿は厳禁です。保湿をしても皮膚は怠けません!

保湿をしてはいけないといった脱保湿をすすめる皮膚科医師の意見があります。つまり保湿をすると皮膚が怠けて自然に潤うことをしなくなるからといった主張なのですが、スキンケアをして皮膚が機能低下する事はありません。

低下するならば全世界の女性は日々のスキンケアのためのお化粧を止めないといけませんよね。

脱保湿を患者に指導する皮膚科医師の奥さんや娘さんは保湿していないのでしょうか?そんなわけありません。寝る前にナイトクリームを塗っているはずです。

ましてやアトピーで乾燥肌のあなたはスキンケアでたっぷりと保湿するべきです。

保湿をし過ぎると皮膚が怠けて皮膚本来が持つ保湿機能を損なうという言説には心配無用です。

心配しなくても加齢にともない皮膚から潤いはなくなります。加齢のためお肌が潤わなくなったら、あなたはエステに行ったりしてスキンケアに一生懸命になるはずです。

まさか皮膚が怠けるからと化粧水を一切やめますか?むしろ積極的に目じりのシワを気にして保湿クリームを塗り込むはずです。

ましてや辛い乾燥肌と痒みに悩んでいるアトピー肌には積極的な保湿が必要です。

しかし保湿をするためのスキンケア用品の選び方を間違えると逆効果!乾燥肌になるのです。以下に述べましょう。

あなたのスキンケア用品が乾燥を促進する!

アトピー肌には積極的に保湿をするべきことはわかりましたが、どんなスキンケア用品で保湿をするかで命運が分かれます。スキンケア用品選びは大切なのです。

まずヒアルロン酸など美容に有効な成分が入った化粧水を選ぶべきかと思われがちですが、それは間違いです。まずは有害成分を排除するべきなのです。

そのためには「界面活性剤不使用」「防腐剤不使用」「香料着色料無添加」「自然派」「天然」と商品に書いていたとしても安心してはいけません。

化学物質不使用とは【製造過程で使っていないだけであって原材料には含まれている】のです!

化学物質不使用であるが「化学物質は含まれている」のです。
そんなトリックがあるわけです。

化学物質はあなたの皮膚の皮脂膜を奪い去ります。よって水分を保持することが出来なくなるので乾燥肌になるのです。

そんな様を見て「保湿すると皮膚が怠けて潤わない」と脱保湿をすすめる皮膚科医は考えたのでしょうか。しかしそれは見当違いだったのです。

そうではなくスキンケア用品に含まれる化学物質や皮膚科医が患者に渡す保湿剤が乾燥肌を促進しているのです。

ワセリンはやめましょうね。あれは痒みをもたらします。熱がこもった皮膚の上に石油で出来たワセリンを塗ってふたをかぶせるわけですから、さらに熱がこもり痒くなるからです。

保湿剤の基材はワセリンです。ですから保湿剤を塗っても痒くなりませんか?それは肌に熱がこもるからです。

ですからワセリンをはじめとしたクリームを塗る前に肌に化粧水で水分を与えるべきなのです。

クリームやローションを塗る前に化粧水を塗ることです。これがスキンケアの手順です。

いかがでしょうか?スキンケアひとつでも知らなければいけないこと多いですよね。

もちろん保湿だけではアトピーの炎症や痒みは治りません。

保湿はその場しのぎの対策であって根本的解決にはなりません。

ですから、まずはアトピーの本質を学ぶことです。

そのためにまずは次のページ、

アトピーの原因と完治のメカニズムを読んでください。

保湿以外の様々なアトピー対策について科学的に学ぶことがアトピー完治の早道ですよ。

私は13歳から36歳まで写真のようなアトピー肌でした。極度の乾燥肌でした。

アトピーのおでこ

約25年ほどのアトピー症状期間中。3回の激悪化を経験。失業することもありました。お風呂上りも乾燥が辛く、汗をかくと猛烈に痒くなり地獄でした。

きちんとしたスキンケア用品の選び方・やり方を知ることで、今ではこんなに綺麗になりました。

アトピーが治った後の写真

アトピー解放カウンセラーとして元気にアトピーの方を援助する立場になっています。

では、どうするか? なにをやるべきか?

まずは冷静になって、以下のページで正しい確実な知識を学んでください。

アトピーの原因と完治のメカニズム