アトピーの名医をお探しの方へ|アトピー性皮膚炎改善講座

アトピー治療で有名な皮膚科に通院していた相談者様からお聞きした話をご紹介します。

医師に依存するのではなく自分が自分の医師になるべきだということがわかります。

患者に対してすべての責任を医師は負えません。身代わりになって生きることができないからです。

アトピーの名医に通院していた相談者様から聞きました

以下の文章は私の元に訪れられる相談者からの聞き取り調査です。

それはアトピーの名医で有名な2つの病院です。

そのうちのひとつの病院では複数の看護婦さんが医師を支えているのですが、この看護婦さんが、ものすごく偉そうな態度で患者に接する

そうです。

結局、看護婦さんが、薬を何にするか決定するそうです。

病院の待合室はとても混在しています。患者であふれているそうで、

「みなさん無口で、暗い表情で、じっと診察を待ってられる」「飛行機に乗ってわざわざ遠方から来られる方もいた」・・・しかし、結果、多くの方から「治らない」との報告を頂きました。

あとひとつの病院ですが、確かに塗り薬は塗ればスグに治るのです。

しかし、塗るのを止めると、またアトピーが復活するのです。塗り続けないとダメのようです。

結果、この名医に通っても治らない方が多数でした。ある相談者の女性(東京都在住40歳代主婦Wさん)も、わたしの元へ「アトピーが治らない!」と相談に来られました。

そして「もう皮膚科とか薬は、こりごりです」と言われるのです。
では、全国にあるアトピーで有名な名医に通院した患者様から聴き取り調査を以下にまとめます。

薬を塗り続けないと、またアトピーがでる。(新潟県30歳代主婦)
通院後、アトピー以外のアレルギー(喘息)が発症した。(東京都50歳代主婦)

待合室も、どんよりした雰囲気で、しんどくなった。(愛知県50歳代女性)

薬を塗ったときは治るが、止めると、すぐにアトピーがでるので薬が手離せなくなった(大阪府50歳代主婦)

とても遠方で、お金もかかるので継続せきなかった。(関東地方Yさん)

看護婦さんがものすごく横柄で、驚いた。(東京都50歳主婦)
悩みを聴いてくれると期待したが、お年寄りなので聴いてくれない。(山形県Tさん)

あなたは治療活動で、こんな間違いをしていませんか?

上記の文章で色々報告しましたが、だからと言って、アトピーの名医たちは「医師不適格」ではありません。医師としての役目をきちんと果たされています。

なぜならば「医師が出来る事は限られているのです」医師はあなたの身代わりになって生きることはできません。ですからすべてをカバーすることなんかできません。投薬の診断以上のことは医師はできないといっていいでしょう。

そこを誤解して、「このクリニックがダメなら次を探そう!」「西洋医学がダメなら、漢方薬だ!」と次から次へと、探し求める・・・こんなあなたの行動パターンが、アトピーを難治化させているのです。

医師と患者は二人三脚。半分の事しかできないのだから。

医師に任せれば病気は治るものではありません。あなたにも、やるべきことがあるのです。何をやるべきか? 知っていますか? 知りませんよね。だから、完全完治しないのです。

私は名医に23年間、診てもらってました。しかし......。

私はアトピーの方へのサポートを始めたのは2005年。今年で12年になります。そんな私も、かつてはアトピーでした。

わたしも東洋医学学会の権威のベテラン医師に、漢方の煎じ薬をもらい飲んでいました。5年は飲んでました。

その前は、西洋医学の名医に、ステロイド、アンダームクリーム(副作用あるので現在販売停止)抗菌剤、そしてツムラのパウダー状の漢方薬を使用。18年使用してました。

しかし、まったく治りませんでした。

漢方薬のせいで、皮膚が色素沈着でどんどん黒ずんでいく。掻いた傷口に汗が流れると、しみるように痛く汗をぬぐうために顔を洗うと今度は猛烈な乾燥が襲う。

お風呂からあがれば乾燥がつらくアンダームクリームや抗菌剤、ステロイドやワセリン、保湿剤を塗りたくる。いつも皮膚は薬でベタベタして気持ち悪い。

好きなモノも食べられない。友人と同じ行動が出来ないので一緒に楽しむことも出来ない。

ずっと皮膚に違和感があるのでずっと意識を皮膚に向けないといけないので勉強や仕事に集中できない。

アトピーで顔が真っ赤になる。恥ずかしいからマスクをして歩く。友達も減った・・・っていうか、友達なんかいない。

アトピーの辛さ苦しさ・・・一生、誰も自分の気持ちを理解してくれないだろう。

ますます孤独になる。みんなが羨ましい。こんな自分は生きる価値があるのか。いつも自分を責めてしまう。責めた事への罪悪感・・・。

わたしもアトピーを理由にいじめられ自殺しかけたこともありました。悪化して2回仕事を辞めてしまった事もあります。

だからあなたの辛さはわかります。(今は写真の通り、完全に完治。皮膚科や薬で完治したのではありません。)
がんばっても治らない。それがアトピーでした。

皮膚科に行っても治らない。皮膚科を変えても好転しない。それがアトピーでした。

そう、「アトピーは治そうと思えば思うほど治らない」のです。
多くの相談者は過去においてがんばって治そうと思えば思うほど難治化させてしまっています。

だからこそ、「次こそは!」と名医を求める気持ちが強まるわけです。しかし、医師ができることには限界があります。薬にも副作用という限界があります。

完治したければあなたが「名医」になろう!

私は職業柄、医師や治療家とのお付き合いが深くなるのですが複数の医師や治療家たちが言うには「そもそもアトピーは病院や薬では完治しない」と明言されています。

医師が出来るコトってわずかなのです。

アトピーは病院「だけ」で治すものだと思っている間は、あなたは「病院ジプシー」から抜け出れません。難治化します。
じゃあ、アトピーの名医とは? もうお気づきですねよね? 「あなた」です。

だからといって「よし! 食事改善を勉強して自分でアトピーを治すぞ!」と思われたあなた! それは違いますよ!

皮膚科に幻滅した人はたいがい食事改善にがんばろうとします。これがいけない。

食事改善(除去食)を一生懸命に取り組み疲れ果て、しかも、まったく治らない! そんな苦渋に満ちた相談ケースは珍しくないのですよ。

なぜ食生活の改善でも治らないかはアトピーは食事制限では治らないを必ず読んでください。

私は食事を和食にしたからアトピーを完治させたわけではありません。薬も使っていないしサプリメントも飲んでません。

次のリンクのページで「アトピーを治して幸せを実現した相談者様からのお手紙」を読んでください。勇気づけられること間違いありません。

アトピーの原因と完治のメカニズム←このページを読むことで「あなたがやらなければいけないこと」をつかむきっかけになるでしょう。