アトピーの私が、元氣になれたのには
   理由がある。
 
 
『食物からアトピーの原因が生まれる』
 

 アトピー性皮膚炎の方で、食事に気を配りたい方は、
 脂肪分の多く含んだ食べ物は、控えるべきです。
 
 なぜ脂肪を食卓から減らすべきなのか?
 
 それは脂肪(脂質)と活性酸素が結びつくと怖いからです。
 そうです。過酸化脂質が発生するからです。
 これは皮膚炎の原因物質でした。
 活性酸素はとくに
脂質(脂肪)と結びつきやすいのです。
 
 食品添加物よりも、食品に含まれる脂肪の方が、たちが悪いです。

 
 添加物は法の規制もあり、口に入れても微量です。
 (肯定はしていませんよ)

 だが、脂肪から発生する、過酸化脂質はいつまでも体内にとどまり、
 皮膚細胞を傷つけ、破壊してしまいます。
    
 知っておきたいこと、
 脂肪をよく摂る食生活は、
 アトピーを悪化させるということです。

 

 
つまりは、食物からアトピーの原因が生まれるのです。

 ここで朗報です!!
 連鎖発生する過酸化脂質をストップさせる栄養素があります。
 知りたい方はこちらへ

 


 
『摂りたい脂肪・控えたい脂肪』
 
 脂肪は様々な分類がなされます。
 どの脂肪も長所と短所があり、
 どの脂肪も摂りすぎは良くありませんし、
 
 また、ひとつの種類の脂肪に偏って摂取することも、
 良くありません。

 脂肪は、動物植物から摂取できます。
 摂取割合は、
 動物性脂肪:植物性脂肪(魚貝類も含む)=1:1.5といわれます。
 肉・牛乳を控え、脂肪は植物、魚からの摂取を心がけましょう。
 
 しかし、コレステロールを低下させる効果があるので、
 リノール酸豊富な植物性脂肪の紅花油や、
 マーガリンがもてはやされていますが、
 リノール酸は摂りすぎるとアレルギー症状を促進し、
 ガンの発生が懸念されることがわかっており、
 注意して下さい。

 リノール酸をひかえ、エゴマ油に含まれるαーリノレン酸、
 いわし、さんまなどの魚に含まれるEPAを多く摂れば、
 高血圧やガン、アレルギー症状の改善が見られるようです。


 頭に良いといわれるDHAは魚貝類の脂質に多く含まれ、
 いわし、さんま、まぐろ、ぶり、さばなど背の青い魚の油に多いです。
 これらの魚はカルシウムや良質のたんぱく質もあわせて摂れるので、
 毎日の食卓には取り入れたいものです。



 


 皮膚炎の原因に遺伝的なものがあげられましょう
 
 そうかもしれません。

 そうだとしても、発症のひきがねを引いたのは、
 食事内容や地球環境の急激な変化ではないのでしょうか。

 原因に過剰なストレスもありましょう。
 (※ストレスは活性酸素発生の要因のひとつ)
 
 原因はひとつでないように思われます。

 これが、「アトピーはやっかい、直すのが困難」
 というイメージにつながってしまう。

 薬剤師の方からおもしろい話を聞いたことがあります。

 皮膚炎発症の過程に関与するIgE抗体。
 血液検査のときに数値を測られたことがあると思います。

 ちなみに私は、IgE抗体数値がひどい時で7000もありました。
 でも、東南アジアに住む人の数値を測ったら、
 なんと1万の方がざらにいるそうです。
 しかも皮膚炎の方は、ほとんど見られず、肌がすべすべ。

 東南アジアは日本と比べ、
 衛生の状態が悪い。
 異物(抗原)が多い環境なでしょう、これに対応するため、
 もともと、IgE抗体値が高いのでしょう。
 
 しかし、日本なみに衛生状態が良くなり、
 つまり、お腹に回虫などがいなくなり、
 (戦後しばらくの間、日本人のお腹にも回虫はいました)
 食事が脂肪をたっぷり含んだ欧米食に変化したら、
 (日本はかつて、肉・乳製品を摂らない食事でした)
 皮膚炎が急増するかもしれません。

 何が言いたいか。
 皮膚炎改善をあきらめないで頂きたい。
 
 遺伝だから、生まれつきだから仕方が無い・・・と、
 あきらめないでほしいのです

  
 
アトピー性皮膚炎は、戦後の環境・食生活の急激な変化に
 体がついていけなくなった結果なのです

 
 肉・乳製品を多く食べられるようになったのは、
 ごく最近のことです。
 
 日本は、魚介類、野菜、穀物、発酵食品を、
 長い歴史の中で、食べてきたのです。
 
 よって、肉類に対応する酵素を、われわれは、
 体内に持ち合わせていません。
 
 「だったら、みんながアトピーになるはずやないか!」

 生活習慣のひづみが、皮膚に出る人もおれば、
 別の箇所に現れる方もおられます。

 アトピーは「奇妙な」というギリシャ語が語源らしい。
 ひどいじゃないですか。
 
 
けっして、そうではないと思います。
 生活習慣のひずみ、無理を見直せば良くなります。

 
 アトピー性皮膚炎は生活習慣病であることは、医療界においても、
 あたりまえの認識になりつつあります。


 アトピーは生活習慣病(成人病)なの?知りたい方はこちら
 
 連鎖発生する過酸化脂質をストップさせる栄養素とは何か?

 トップページへ戻る
      (c)watanabe isao 2004 All rights reserved
              無断転載複写ヲ禁ズ