アトピーの私が、元氣になれたのには
   理由がある。

『疾病原因の90%は活性酸素』

 

 人の老化とは、細胞の老化を意味し、
 細胞の老化は、細胞が酸化してしまったことをさします。

 細胞の酸化とは、
 そう、鉄がさびるのと同様に、
 細胞もさびるのです。

 人が酸素を使って、食物を燃やして、
 エネルギーを産生する過程で、細胞も酸素にふれ、
 酸化してしまうのです。

 酸素の中でも、活性酸素が細胞を酸化させ、
 害を与えます。
 
 癌などの生活習慣病やその他の病気の原因は、
 活性酸素といわれ、
 病気の90%は活性酸素が原因とされています。

 ちなみに、癌細胞とは、細胞の核が酸化してしまった細胞のことです。
 
 
また、アトピー性皮膚炎の原因も、活性酸素による、
 皮膚細胞への攻撃が原因なのです。

  
活性酸素の酸化力  


 しかし、活性酸素がすべて悪いのではありません。
 続きを読んでください。
 


 

 『活性酸素について』
 
 活性酸素
についてはご存知でしょうか?
 最近、マスコミでよく話題となるので、
 知っておられると思います。 
 
 呼吸によって取り入れた酸素の1〜3%は、
 体内で「活性酸素」という有害物質になります。
 

 私たちは食物を体内で酸素を使って燃焼
し、
 エネルギーに変えます。
 
 いきなり燃やすと火傷しますので、
 徐々に段階的に燃やしていくのです。
 その段階ごとに、活性酸素は発生します。
 
 エネルギーが生まれるのは、
 食べ物から電子が流れてとき(奪われたとき)にです(下図)。

    

 


『アトピー性皮膚炎の原因、活性酸素』

  
      
 では、活性酸素がどう皮膚に害悪を与えるのでしょうか。
 つまり、上の図の過程が、皮膚に起きたとき、
 皮膚炎になるのです。
 
 活性酸素が皮膚表面の角質細胞で過剰に発生すると、
 皮膚細胞のリン脂質が「過酸化脂質」となります

 
 「過酸化脂質」は角質の保湿機能を低下させ、
 皮膚のバリア機能も低下させます。

 
 つまり、活性酸素により皮膚表面の細胞は傷つき、
 これが
アトピー性皮膚炎、発症の原因となります。

 
 また細菌・ダニ・ホコリなど、外部からの刺激に過敏になり、
 アトピー性皮膚炎が発症しやすくなるのです。

 

 活性酸素の一種スーパーオキシドアニオンラジカル。
 言いにくく、舌を噛んでしまう害もありそうな(笑)物質ですが、
 
 大人で1年間に2キログラム以上も、体内で発生するのです。

 
でも、安心して下さい。
 活性酸素は体内ですぐに消滅してしまいます。
 
 ですが、上図の「過酸化脂質」(活性酸素の一種)は、
 体内で、無限に、連鎖的に発生します。
 
 
消えないんです。体内に害が残ったままです。

 このやっかいものである、
過酸化脂質は、食品から発生します。

 そうです。
 過酸化脂質を抑えるためには、食事内容に留意すべきなのです。

 
 つまり、活性酸素が全ての原因ではないのです。
 
 

 いくら病院に通い薬を塗っても、ダニ対策をしても、
 食事内容に留意しなければ、意味がありません。

 食生活に気を配り、
 治療を受け入れる体作りがなされていなければ、
 その治療は役に立たないのです。

 
 
 
では過酸化脂質のもとになる食品とは何でしょうか?
アトピー改善の鍵をにぎる、食品知識を紹介します。


 
「食べ物からアトピーの原因が生まれる」はこちら
 

 トップページへ戻る
       
watanabe isao 2004 All rights reserved
            無断転載複写ヲ禁ズ