本文へスキップ

アトピーはステロイドを塗り続けることで悪化する

安易に素人判断でステロイドを塗ってはいけない

ステロイドの副作用をどこまで知っていますか?

アトピー性皮膚炎改善講座-TOPステロイドとアトピーの関係 >ステロイドは皮膚が薄くなり痒みが悪化する

ステロイドには副作用として「皮膚薄化」「身体への残留・蓄積」「効果の低減」それに続く「痒みの悪化」がありアトピーの悪化をもたらす可能性があります。

「たまに塗るから」って大丈夫? 医師から聞いた「ステロイドが皮膚に残留する」事例とは?

私の相談者の中でも皮膚科でもらったステロイドがまだ残っているからと、顔に炎症や吹き出物がでる度に、腕の関節が荒れる度に、ステロイドを塗る方がいます。

このパターンがステロイドを手放せない元凶でありアトピー治療の負のスパイラルの始まりです。

しかし、

「たまに塗るからいいのでは?」

「弱いステロイドだから大丈夫です」

と、言い返されるかも知れません。

ですが、私がアトピー患者だった頃、通院していたクリニックの医師から聞いた話では「塗る回数が少ないからといって安心」ではないのです。

どんな話を医師から聞いたかといいますと、海外の学会での研究では「1回のステロイド剤の塗布でも、ステロイドは2週間も皮膚の角質層に残留する」ことがわかっているのです。

つまり1回塗ってから2週間たっても「ステロイドによる血管収縮作用がみられた」ことから、ステロイドは肌に蓄積されることがわかったのです。

なのにさらに塗り重ね、何年も塗っていくとどうなるかです。

そして残留したものが体外に排出されるまで、何年もかかるというのです。ステロイドを抜くのは、とても大変なのです。

ですから家に残っているステロイドを独自の判断で塗る「その場しのぎ」の行為は安易に思えても、その影響は何年にも渡って影響が残るのです。

口から入れた食品は肝臓で解毒排毒されます。

しかし皮膚に塗ったステロイドは肝臓を経由せず、すぐに血管に入り体内をめぐります。

口に入れるものには警戒心は高くとも皮膚に塗ることは気安く思っていませんか?

さらに「赤い顔を見られるのが恥ずかしい」「腕がガサガサなのがいや」と人目を気にする気持ちもあるでしょう。

だからといって、薬への依存を高めていくことにリスクを見ないわけにもいきません。

つまり、こういうことです。

不良に金銭をたかられ脅迫を受けている息子が親に「明日までに5千円必要だから貸してほしい」といわれたとしましょう。

また次の日に「1万円貸して」といわれた親は【真相】を知ろうともせず息子にいわれるがまま、お金を渡した。       

こんな親、あなたはどう思いますか?

親にすれば「息子のため」だとやっていることが、かえって息子を不良の罠に、はめさすことになりますよね?

ほんとうは【真相】を知って不良から息子を守ることをすべきなのに。

「良かれと思って」「これくらいならいいか」......これが事態を悪化させる。

これは惰性で無計画で行うステロイド治療に似ていませんか?

そうです。まずは【真相】を知るべきなのです。

ではアトピーの【真相】とは何か?知りたい方はアトピーの原因と克服のメカニズムを学んでアトピーを解消するを読んでください。

なぜステロイドを塗っても痒みがおさまらないのか?

「ステロイドはだんだん効果なくなってくるじゃないですか? でもアトピーがひどく悪化したら塗るしかなく、仕方なしに塗っているんですが......」

「でも治らないんですよね」

「ずっと塗っていたら皮膚が薄くなるんですよね。そんな肌を誰にも見せれず恋愛もできないんです」

私はこんなアトピーの方の訴えを何度も聞いてきました。

ただアトピーを治したいだけなのに、その努力が自分を苦しめるなんて!

されど、ステロイドの皮膚への影響について無視するわけにもいきません。

ですので次の事実を私はあなたにお伝えします。

つまり、

「ステロイドを長く塗ることで、効果は低減し、そして皮膚が薄くなることで皮膚の乾燥がすすみ、さらに痒くなり、結果として皮膚の炎症もひどくなる」

ということです。「たまに塗るから」「少ない量だから」「弱いステロイドだから」って安心できないのです。おまけに皮膚にステロイドは残留し蓄積されていくわけですから。

では、塗り続けると効かなくなるのはなぜか?

ステロイド軟膏の薬効が発揮するのは、その薬の効果を受け止める「受容体」が皮膚にあるからです。

しかし、ステロイドを長く塗り続けるとこの「受容体」が消えていくことがわかっています。

よってステロイドをいくら塗っても前のように効果がない......ことになる。よって、よりストロングなステロイドをどんどん処方されることになる。

でも、さらに強いステロイドを塗って治ればいいのですが、あなたの場合、治っていますか?

さらに、問題があります。

ステロイドを塗り続けると皮膚が薄くなる問題です。

皮膚が薄くなれば皮膚表面にそなわっている機能「細菌感染・繁殖の防止」「水分蒸発の防止」が正常に働かなくなるのです。

そして皮膚が薄くなることで水分蒸発が激しくなるので乾燥肌になる。

この状態では痒みを感知する神経線維が皮膚表面に露出しやすくなる。

よって、外部環境からの刺激に敏感になる。痒みを感知する神経線維が皮膚表面まで到達しているわけですから。ますます痒みを激しく感じるようになる。

だから掻くことが止められなくなる。

搔き破ると皮膚の炎症に至りアトピーはさらに悪化します。(だからといって掻くのを我慢すればいいわけではない)

ここでステロイドを塗ると、皮膚が薄くなる→乾燥肌になる→痒みを感じやすくなる→皮膚炎の悪化、といった悪循環になってしまうわけです。

緊急避難的にステロイドを塗るしかない場合もあります。

しかしそれと「これからもステロイドを塗り続ける」は別問題と思いませんか?

ここまで読まれたあなたは「再びステロイドを塗ることが根本的解決になるかどうか?」一度、考え直すべきでしょう。

冒頭にお話しした相談者のように、

「ステロイドを塗っても治らないんです」

と嘆く前に。

かつて、26歳の時にアトピーで入院。退院してからステロイドを10年も顔に塗り続けている男性のご相談に乗りました。

炎症がでるたびにステロイドを塗る。これを10年も繰り返してきた。

ステロイドを塗りたくないけど、塗っても炎症が出る肌を見てはステロイドを塗る。

ステロイドが手放せなくなって、ついには顔が赤黒くなってしまった。

確かに赤いだけでなく肌が黒くなりますよね。アトピー肌って。私もそうでしたが。

今まで述べてきました通り、ステロイドは長期間塗ると様々な副作用が生じるのです。

よって、「連用使用の禁止」つまり連続してステロイドを塗ることを禁止する規定がステロイドにはあるのです。

ですから何十年もステロイドを塗っているのなら、今、やっていることを見直すべきです。

ちなみに私は薬を一切使わないで、最後はアトピーを完治できました。

食事改善もしていません。完治してから6~9年経過していますが再発していません。

下の写真はアトピーで苦しんでいたころの私です。

アトピーだったころの写真

私は中学1年生からアトピーが悪化。以来、約25年以上はずっとアトピーに苦しみました。途中で3回の激悪化を経験。

元気になった私の写真

しかし今ではこんなにきれいになりました。

ステロイドを塗っても私の場合、治りませんでしたね。

ではどうやって治ったか?まずは次のページアトピーの原因と克服のメカニズムを学んでアトピーを解消するを読んでください。

今まで通り、ステロイドを塗るだけでは「同じ結果」でませんよ。

ステロイドとアトピーの関係性を知るページ集

アトピーの原因と克服のメカニズム

ステロイドをいつ止めますか?

ステロイドの長期使用は慎重に!

ステロイドをその場しのぎで使ってはいけない

ステロイドとワセリンの副作用

ステロイドを塗りながらすべき大人のアトピー性皮膚炎の体質改善

首のアトピーの対処法

アトピーの大人たちへ

湿疹の原因を解明する

湿疹とは?

湿疹の写真

アトピーの悪化をどう考えるか?

ステロイドで注意するべきアトピーさんの眉毛がなくなること

アトピー性皮膚炎改善講座アトピー解放カウンセラー/ワタナベ勲のサイト

「何をやってもアトピーが治らなかったけどワタナベさんに出会って本当に良かったです」といつも言ってもらえています。

こちらは何をやってもうまくいかないあなたのためのサイトです。