本文へスキップ

山口医院「漢方クリーム」ステロイド混入問題

山口医院漢方クリーム被害者患者様へ。私の意見です。

漢方クリームを塗った患者は被害者なのか?

横浜の山口医院が非ステロイド外用剤と称して「漢方クリーム」にステロイドを混入していたことが国民生活センターの調査で判明。漢方クリームといいながらステロイドでは最強ランクの「プロピオン酸クロベタゾール」を混入しアトピー患者を欺いていたのです。

はたして山口医院だけが悪いのか?安易に薬を塗り続けた患者にも落ち度はないか?

私は山口医院が許せないです。漢方クリームと言いながらステロイドが入っているクリームを処方していたわけですから!

「とくダネ」では山口医院の医師に直撃取材。そこでは「中国の製造メーカーが漢方クリームにステロイドを混入していたのであり我々は悪くない」と主張。だからと言って山口医院に落ち度はなかったとは言えません。

海外製品のクリームを精査しないで患者さんに処方していたことへの責任はするどく追及されるべきです。

「とくダネ」では生まれてすぐにアトピーになり2年間も漢方クリームを塗っているお子さんが出ていました。高価な漢方クリームを塗っていた時はアトピーは出なかったそうで、今はクリームを塗っていないので「ママ!痒いよ!クリーム塗って!」って泣きながらお母さんに懇願するお子さんの映像に私は胸を痛めました。

もうひとつ胸を痛めたのは痒がるお子さんにお母さんが「掻いたらダメ!」と叱っているシーンでした。

お子さんからすれば痒いから掻きたいわけです。でも叱られるのです。お子さんからすれば理解できないことでしょう。しかしお母さんからすれば掻くこと=皮膚の掻破=アトピーの悪化につあがるわけだから、お子さんが掻くことは「けしからん」わけです。

ならばとかつてのように漢方クリームを塗って欲しいとお子さんが頼むのは当然のことです。だって漢方クリームを塗れば痒みがなくなるわけですから。でもお母さんはいつもみたいに漢方クリームを塗ってはくれないのです。

「お母さんは今まで塗ってくれたのになぜ塗ってくれないの?」「お母さんが塗ってくれないから痒くなるのに掻いたら怒られる。じゃあ塗ってくれればいいのに・・・」こんなお子さんの切ない心境が理解できて私はとっても悲しくなりました。

しかしこのお母さんはお子さんが掻こうとする手を払いのけるのです。お子さんからすれば「なんで怒られるのか」意味がわからないでしょうね。大人の事情を押し付けられるお子さんがかわいそうです。

ちなみに私も中学1年生のときから36歳までアトピーでしたのでお子さんのお気持ちはよくわかるのです。

この漢方クリームは「クリームの割にはよく効き過ぎる」とアトピー患者の間で疑念がもたれたことが漢方クリームの真実が暴露されたきっかけです。

よく似た話が5年くらい前にありました。ノンアトクリームです。

ノンアトクリームは今では発売中止になっていますがネットでアトピーが劇的に治ると評判になり売れに売れました。

しかしステロイドは混入されていたことがわかり薬事法違反で発売停止処分になりました。

そして今回の山口医院の漢方クリーム問題です。再び同じような「事件」が起きたわけです。

ではなぜ「アトピーで悩む人を狙った詐欺事件」が繰り返されるのか。もちろんアトピー患者を騙して金儲けをしようとたくらむヤツが悪い。しかし、私はアトピー患者にも落ち度はなかったかと言いたい。

あまりにもアトピー患者は無知なのです。だから簡単に騙されるのです。

無知ゆえに「漢方クリーム」に騙されたわけです。では、何について無知だったと言えるか次にあげてみましょう。

1 漢方薬は安全であると思い込んでいた。

2 皮膚科へ行くだけでアトピーは治ると思っていた。

3 薬を塗り続けること(常用使用)に疑問を持たなかった。

【漢方薬は安全であると思い込んでいた】についてですが「漢方クリーム」にみなさんが飛びついてしまったのは「漢方」という非ステロイドのニュアンスにあります。

漢方に安全・安心・優しいといったイメージを持たれる方は多いですが、それはまったくの思い違いです。

漢方も薬です。薬なので漢方薬も副作用があります。

さらに言えば漢方薬はアトピーを治すとは限りません。私は15年以上、漢方薬の煎じたものを毎日飲み続けましたが治りませんでした。薬頼みは良くありませんよね。

「とくダネ」で登場されたお母さんはアトピーのお子さんに漢方クリームを2年間、塗り続けていたそうです。

漢方クリームの「漢方」に「自然で安全安心」とお母さんはイメージしていたのでしょうが漢方は薬です。だから2年間も塗り続けるのは危険なのです。 ステロイドは危険で漢方薬なら安全とは言えません。漢方薬も副作用はあり長期使用は避けるべきです。

ですので山口医院は医師にあるまじき行為をしていると言えます。

今回の件だけでなくステロイドを何十年も塗り続けている方は大勢います。ステロイドを塗らないと落ち着かないようで、それならばステロイドではなく別の手段でスキンケアや保湿をするべきです。

薬を塗れば落ち着くからといって薬をスキンケアや保湿のかわりに使ってはいけません。

【皮膚科へ行くだけでアトピーは治ると思っていた】について。そもそもアトピーは薬「だけ」では治りにくいです。医師ばかりに頼らないで、自分自身でやらないといけないことがあるのです。

アトピーをはじめとしたアレルギー疾患は薬で治すものでないことは西洋医学の限界を知る私の懇意の医師の発言です。

アトピーは医師任せでは絶対に治りません。患者本人とその家族がしないといけないことがあるのですが、患者たちは自分たちでやるべきことがあることを知らないので山口医院に通院して薬をもらい続けたわけです。

ちなみ1980年代以前、皮膚科の看板をあげて開業しているところは非常に珍しかったのです。皮膚疾患には内科が担っていました。しかしステロイドが登場してから皮膚科があちらこちらに出来始めたのです。なぜか?ステロイドは儲かることがわかったからです。

ステロイドはその副作用や脱ステロイドに伴うリバウンドはありますが「炎症に即効性があります」

よってアトピー患者の「早く安く簡単にアトピーを消したい」という欲求にステロイドは売れに売れたわけですね。ですからアトピー患者に意識改革が起きないと儲けるために新たな「手口」が開発され再び今回と同様のトラブルは起きることでしょう。

【薬を塗り続けること(常用使用)に疑問を持たなかった】について。私はステロイドを否定も肯定もしない立場です。ステロイドは「いつになれば塗るのをやめるか」といった計画を立てて使えば有効な薬なのです。

ステロイドは「ダラダラ」無計画に使用するからいけない。ステロイドが混入された「漢方クリーム」を何年も常用使用をさせた山口医院は二重の意味で悪徳だ。

アトピーは薬「だけで」治すものではありません。薬だけでなく患者本人がやらなければいけないことがあります。ですので薬は惰性に塗り続けるものではなく、いつかは手放さなければいけないものです。

「とくダネ」に出演されていたお母さんは2年間もお子さんに「漢方クリーム」を塗り続けたそうです。ではこのお母さんは、いつまで漢方クリームを塗り続けるおつもりだったのでしょうか?このまま塗り続けていいのかといった疑問がなかったのでしょうか。

しかしなぜお母さんは2年間も漢方クリームをアトピーの子に塗り続けたのか?メリットがあるから塗り続けたわけだが、そのメリットとは「子どもが静かにしていてくれる。痒がる姿を見ないですむから。アトピーの子を恥ずかしく思わなくてすむ」と言える。

漢方クリームをお子さんに塗り続けた2年間、お子さんは「静かだった」。だからお母さんは塗り続けた。お母さんからすればお子さんが静かにしてくれる状態をアトピーが解決したと認識してしまったのだろう。

漢方クリームを塗っていればお子さんは黙ってくれるからね。

だから漢方クリームを手放す発想を持つ必要もないわけだ。

つまり母親の都合が優先されていたのだ。これは多くのアトピーの子を持つ母親に見られる傾向として指摘しておきたい。真にアトピーの息子や娘の立場になって考える母親なら薬をどうすれば手放せるかを考えるはずだ。

そして漢方クリームにステロイドが入っていることがわかり使用を停止。使用停止後、お子さんは「ママ!痒いよ!クリーム塗って!」と言い出した。

以前の静かな状態が破られた。

「とくダネ」番組内では母親が痒がって掻こうとするお子さんの手をはらいのけながら「掻いたらダメ!」と注意する様子が取り上げられた。

「掻いたらダメ!」と掻こうとするお子さんの手を払いのける母親。

「いや!掻きたい」「掻いたらダメ!」

「とくダネ」で流れるこのシーンを見ながらこんな母親がいる限り第二、第三の漢方クリーム事件は発生するだろうって私は思った。

「いや!掻きたい」「掻いたらダメ!」・・・こんな言い返ししかできない短絡的な思考の持ち主の母親に憤りを感じる!そんなに我が子の「痒いよ!」という訴えは母にすればうるさく聞こえるのか?

漢方クリームを塗り続けることで黙ってくれるお子さんに安心してしまう母親。そして今度は、漢方クリームを塗らないことで再び痒いと言い出した我が子を叱ることしかしない母親。

まったく子どもの立場に立ってモノを考えていないではないか。すべて母親の都合ではないか。

資本主義経済である以上、漢方クリームを売るのは医師の金儲けのためだ。母親が子に漢方クリームを塗るのは痒がる子を「見たくない」からだ。

すべて「大人の都合」だ。アトピーの子どもからすれば医師も母親も加害者だ、山口医院だけが悪いのではない。

私は成人になってもアトピーが治らない人たちをカウンセリングしてきましたが、多くの方が幼い頃、掻いていたら母親に叱責された体験を持っています。

その体験は大人になっても良くない影響として引きずっておられます。

「そんなことない!アトピーの子のために私はがんばってきたのです!」と今回の事件に関わる多くのお母さんは言われるかも知れない。

じゃあ【なぜ痒くなるのか】【掻くことの意味ってなんだろう】といったアトピーの本質を知ろうとしないのでしょうか?

知ろうとしないばかりか「痒がらない」からといって2年間も漢方クリーム・・・薬を長期常用使用したわけです。

「そんなの知りませんよ!私もステロイドが入っていたなんて知りませんでしたから!」

みなさんステロイドが入っていたことが判明する前から「漢方クリーム」は薬とわかって使っていたわけです。

つまり問題は「漢方クリーム」にステロイドが混入されていただけではない。そもそも薬を長期間常用使用してしまったことに問題がある。子どもを2年間薬漬けにしたのですよ?そこを無視して被害者になろうとするのは、今回の事件を教訓にして再発を防ぐ姿勢とは言い難い。

即効性だけを求め学ぼうとしない患者がいる限り、今回のような事件は繰り返されるだろう。

患者の無知ゆえに第二、第三の「漢方クリーム」は名前を変えて、売り手を変えて、売る場所を変えて、値段を変えて「あなた」の前に登場する。

無知であることすら自覚できない「あなた」が何を使っても結果は同じだ。

いつまでも被害者でいたければ無知のままでいなさい。無知だからただただ「効果がある」というだけで飛びついてしまったんですよ!

山口医院を恨んでもはじまらないよ。

このような辛辣な言葉に触れると決まってみなさん「じゃあどうすればいいのですか」と治す方法を求められる。

お気持ちはわかるが治す方法を求める間は「漢方クリーム」に似た商品に手を伸ばし買わされ騙されることになる。なぜなら多くの騙され続ける患者の深層心理は「早く安く治したい」だからだ。

「早くなんとかこの状況を変えたい」からと安易に手軽に薬に「頼り続けた」その代償は大きい。

悔しかったら学べ。それしかない。アトピーを治したければ学べ。医師に薬に依存していては絶対に治らない。患者本人がやらなければいけないことがあるからだ。

あなたは知っていますか?アトピー治療において患者本人がやらなければいけないコトを。知らないから完治しないのです。だから学ぶ必要がある。

学びたい方だけ下記のリンクから続きを読まれたし。

自身の無知を認めて学ぶ姿勢のある方はこちらを読み進めてください

そんな偉そうに言っている私もずいぶん騙されたものです。北京旅行で買った漢方薬を飲んで顔が真っ白になるほど劇的改善。しかしヘルペスの副作用で苦しみました。

そんな私は中学1年生から36歳までこんな状況でした。

アトピーがひどかったときの写真

今ではこんなに元気になっています。もちろんステロイドも漢方薬も食事制限も一切しないで、すっきり完治出来ました。

アトピーが治った現在の写真

騙された悔しさは人一倍よくわかる。人を恨むより、まずは自分のいたらなさを自覚して学ぶことだ。

自身の無知を認めて学ぶ姿勢のある方はこちらを読み進めてください

アトピーはアトピーの実相を学ばなければ絶対に完治しないことを完治経験者の私は断言しておきます。

アトピー性皮膚炎改善講座アトピー解放カウンセラー/ワタナベ勲のサイト

「何をやってもアトピーが治らなかったけどワタナベさんに出会って本当に良かったです」といつも言ってもらえています。

こちらは何をやってもうまくいかないあなたのためのサイトです。

米国催眠士協会(NGH)認定ヒプノセラピスト・NPO法人日本成人病予防協会健康管理士