本文へスキップ

アトピーは和食にしても完治しない

食事だけでアトピーは治らない

マクロビオティックだけでは治らない

アトピー性皮膚炎改善講座-TOPアトピー体質を変える食事法>アトピーは和食にしても完治しない

から揚げや肉をやめて和食にしてもアトピーが治らないと嘆く人が多いです。それはなぜでしょうか?

和食はアトピーに効果ない。その明確な理由

食事内容を変えてもアトピーが治らないのは当然です。いくらマクロビオティックを実践しても意味がありませんよ。

食事内容を変えるとは「から揚げを食べない」「焼き肉を避ける」「野菜を食べる」「ケーキやチョコレートを我慢する」「旬の食べ物を食べる」といった食の欧米化を見直し和食にするということです。

しかし、厳格、あるいは時々実践するにしろ効果は期待しない方がいいでしょう。

それは究極の一言で言えば、時代遅れなのです。

食事療法の源は江戸時代に成立した食養生の理論です。その理論が確立した時代は今の社会と事情が違います。

アトピーもなければストレスもありません。綺麗な水と空気をふんだんに手に入れることができました。

野菜は無農薬が当然ですし食べ物は自分が住む土地で育ったものだったし輸入産品によるポストハーベストや食品添加物は皆無でした。

また自身の親も祖先も自然豊かな環境で育ち生き、遺伝子を子に伝えています。

この前提があってはじめて食養生理論は効果あるのであって、現代社会には適応できないのです。結果、いくら食事内容を変えて和食を心掛けてもアトピーが完治しないのは当然です。

また昔と違って野菜に含まれる栄養素は「かなり低い」のです。

信じられないかも知れませんが野菜の栄養素は戦後まもない頃の方がビタミンやミネラルの含有量は多いのです。

現代のハウス栽培、促成栽培、疲弊した農地、土壌では旬の野菜を食べてアトピーを治すパワーがないのです。

もし、食事を変えるだけでアトピーが治るなら、ここまで悩んでいないはず。

社会問題化しません。

私に相談される方の多くは和食にされています。しかしみなさん治っていません。

和食にしても完治しない明確な理由がありますが、その前に注意するべきことがあります。

それは薬物療法を併用していませんか? ということ。

なぜならばステロイドは長期間塗ると効果は低減するばかりか、副作用のひとつ「皮膚が薄くなる」ことで乾燥肌が促進し痒みが悪化するのです。

詳しくは次のページアトピーは皮膚が薄くなることで痒みが悪化するをお読みください。

はっきりいいます。ステロイドやプロトピックを手放さないで和食を実践しても意味はありません。

では最後に和食だけではアトピーを完治しない理由を述べましょう。

あなたが食物を原因とするアレルギーでない限り、いくら油脂や動物性タンパク質の摂取を減らし、旬の野菜やお味噌汁や納豆を食べても症状は緩和しません。

アトピーは特定の原因物質すなわち(アレルゲン)を食べなくても治るとは限りません。

だから我慢して食事改善に頑張っても「なかなか完治のきざしが見えない」のはそれが理由です。

お菓子とか肉を我慢してストレスがたまって、その反動で暴飲暴食に走るのなら、もう除去食はやめた方がいいでしょう。

ではどうすればいいのか?

知りたい方は、次のページアトピーの原因と克服のメカニズムで学習してください。いかに真面目に辛さを耐え忍ぶだけでは状況から抜け出すことはできないことがわかると思います。

くれぐれもアトピーを治すだけの一生で終わらないように。

アトピーのお世話をするために生まれてきたのでしょうか?

ちがいますよね?

食事改善に家族で一丸になって全力を尽くすなかれ。まずはアトピーはどう治っていくか、そのプロセスとメカニズムについて知らなければ和食は「単なる対処療法で終わってしまいます」

アトピーの原因と克服のメカニズムで学んでください。

アトピー性皮膚炎改善講座アトピー解放心理セラピスト/ワタナベ勲のサイト

「何をやってもアトピーが治らなかったけどワタナベさんに出会って本当に良かったです」といつも言ってもらえています。

こちらは何をやってもうまくいかないあなたのためのサイトです。